国際学院高校陸上競技部

練習日誌や最新情報など更新します

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

決勝まで後一歩

インターハイ2日目です。
本日は、走高跳に高谷千秋が出場しました。
昨年は記録なしに終わっているので、そのリベンジをすべく準備をしてきました。
また、本校としても走高跳はインターハイ4度目の挑戦ですが、
これまでの3回はすべて記録なしに終わっているので、
何とか結果を残したいと考えていました。

高谷は確実に調子を上げており、公式練習でもかなり良いリズムで跳躍ができていました。
最初の高さである1m60を1本目でクリア。
高さが出ており余裕のある跳躍でした。
次の1m63も1本目でクリア。
今までになく順調な跳躍であり、期待感はさらに高まりました。
次の高さである1m66が予選突破標準記録です。
1本目はバーを落とすものの、高さとしては越えており、「跳べる」
と予測できる内容でした。
2本目も同じように高さは十分に超えていましたが、
クリアランスでバランスを崩しているだけでした。
3本目はさらに惜しい跳躍。
越えた瞬間は、「跳んだ」と思いましたが、後からバーが落ちてしまいました。
狙った通りの跳躍ができただけに予選を突破できなかったことは
とても悔しかったと思います。
しかし、明らかに昨年とは違う内容を見せることができたので、
この1年間の成長を強く感じました。
決勝進出、入賞はできなかったのですが、
後1歩という勝負ができたことには誇りを持ってほしいです。

2日を終えましたが、
本校としては選手が力を出し、全国の舞台でも
戦える自信はもっていると思います。
しかし、ラウンドを進めるには、
あと一歩が足りない結果に悔しさを感じています。

明後日の1600mリレーは会心のレースを期待します。
まだまだインターハイの熱き戦いは続きます。
最後の最後まで「凡事徹底」の精神で戦います。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事