国際学院高校陸上競技部

練習日誌や最新情報など更新します

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全178ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

強化移行期

現在、チームは冬季練習の導入としての期間、強化移行期に入っています。
本格的な冬季練習を始めるのは12月中旬からです。
この期間の目的は、基礎的な体力を強化していくこと、
基本動作を習得することに重点を置いています。
そのため、体幹トレーニングなど、地味な練習も反復して行っています。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

先日は、柔軟性チェックを行いました。
トレーナーの方にお願いして、専門的な分析を行い、
ケガの原因となるような部分を改善していきたいと思います。

選手に日々話していることですが、
練習だけでは強くなることはできません。
練習の効果を得るために、休養や栄養が必要になります。
練習を継続するために、身体のケアが必要になります。

「身体と対話をする」ことをテーマとし、
日々自分の身体の状態と向き合いながら過ごしていくことを大切にしています。


この記事に

移行期

11/12をもって、今シーズンの試合が終了しました。
今シーズンは何と言ってもケガに悩まされた1年でした。
それでも、8年連続のインターハイ出場を達成し、
県新人では、4×100mリレーや400mHで優勝を果たすなど、
チームとしての意地は見せることができました。
2018シーズンはインターハイ優勝を大きな目標としています。
そのための冬季練習を行うために、
今は移行期としてシーズンの疲れをとることに努めています。

11/14県民の日は、
冬季練習前の準備として、
体組成測定、栄養講習を行いました。
体組成測定は、年に4回実施していますが、
トレーニングと栄養、休養のバランスが正しい方向となっているか、
把握することができます。
全体として、骨格筋量が増加し、体脂肪が減るという理想的な変化をしていました。
入学時から比較すると、その差は明らかであり、トレーニングはもちろん日々の食事等で
意識している部分が成果となっていることがわかりました。

その後は、味の素さんにお願いをして、栄養講習を実施しました。
こちらも毎年実施していますが、トレーニング後の食事の重要性等、
詳しく、わかりやすく教えていただいたので選手にとって、
貴重な経験となりました。
イメージ 1
イメージ 2

今シーズンの大きな課題である選手のケガについて、
トレーニングを見直すことだけではなく、
体組成や栄養講習で得た知識をもとに、
選手が主体的に改善していくことが大切だと思います。


この記事に

冬季練習への準備

シーズン最終戦に向けて、調整をしています。
すでに半分近くの選手はオフシーズンに入っていますが、
出場する選手は良いレースをしてシーズンを締めくくりたいところでしょう。

イメージ 1
イメージ 2
今日は、専門練習を行いました。
いつも以上に細かい部分を見るようにしました。
少しのアドバイスで動きを改善することができた選手もいたので、
成果はありました。

また、冬季練習の進め方についても考えていますが、
この時期はシーズンの反省を具体化しつつ、
来シーズンの目標を明確に立てることが重要です。
そして、この冬季練習で、
何をどのように改善するのか、
冬季練習の中での目標も明確にしていく必要があります。
4月から始まる2018シーズンまで約140日あります。
140日間、1日1日をていねいに徹底した努力を積み重ねていくよう話をしました。
たとえ休養日であっても大切な1日です。
体を休めるという大切なテーマがあります。
そのような考えのもと、陸上競技中心の生活を主体的に送ってほしいと思います。



この記事に

週末の練習

今週末は、天気の良い中で練習ができました。
シーズン終盤の試合に向けて、
基本動作を確認する練習を行いました。
本校では、特に「力感を少なく、スムーズな動き」
を大切にしています。
それには身体の使い方が重要です。
力感を少なくというのは、単に力まないという意味もありますが、
それだけではなく、
「自分の筋力に頼らない」、つまり「外的な力を利用する」という意味合いがあります。
地面反力を利用し、筋や腱が伸ばされたときにもとに戻ろうとする性質を利用することで
効率の良いエネルギーが生み出せます。
この性質は伸びたバネが縮むようなイメージに近いと思います。
まさにバネのような弾力的な動きを目指しています。

補強もしっかり行っています。
必要な筋力・パワーを強化していくことも大切です。
イメージ 1
イメージ 2

このようなイメージを大切にし、
冬期練習に向けて自分の動きが理にかなっているか、見つめなおす作業をしています。

この記事に

10/31上尾練習

10/31は、行事があり午前授業だったため、午後から上尾運動公園陸上競技場で練習を行いました。
最近は台風の影響もあり、良い天気の中で練習ができなかったので、
久しぶりに良い条件で練習ができました。
イメージ 1
専門練習を実施しました。
ケガの影響で、すでにシーズンが終了している選手もいますが、
その他の選手は週末の試合に向けて準備をしました。
イメージ 2
イメージ 3
先週、選手たちとの話の中で、来年のインターハイ、優勝を目指すことを確認しました。
この気持ちがいかに本気であるか、全員で確認しました。
もちろん簡単な挑戦ではありません。
しかし、選手、指導者が課題と向き合い、
本校の活動方針を理解し、本校が持つ環境を最大限生かすことができれば、
チャンスは大いにあると思っています。
この挑戦に対し、選手たちと気持ちの確認ができたことはとても重要なことだと思います。

そういった意味でも冬季練習の計画は重要ですが、まずは残りの試合で有意義なレースを見せてほしいと
思います。

この記事に

全178ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事