国際学院高校陸上競技部

練習日誌や最新情報など更新します

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全201ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

県大会3日目

県大会3日目です。
女子200mは、小笠原が予選、準決勝を突破し、決勝進出。
決勝では自己ベスト25秒49をマークしますが、7位。
後1歩で関東出場を逃してしまいました。
新井は100mに続き準決勝敗退。
本来の走りを見せることができず、今大会を終えました。
悔しい結果に終わりましたが、
まだ練習を再開して間もない状態なので、これからの練習で
ベストが出せる身体を作っていきたいと思います。

800m準決勝に臨んだ青田百華は、
積極的なレース展開を見せ、先頭集団にくらいつきますが、
600m過ぎてからのペースアップについていけず5着で決勝進出を逃しました。
南部地区から足の状態がよくなく、練習が積めなかった部分が
後半の弱さに出てしまった感じです。
しかし、スピードは大分ついてきたのでマイルリレーでのリベンジを期待します。

7種競技初日は、3年の高谷千秋が100mHで自己ベストを更新するなど、
3位につけています。
2日目は苦手なやり投をどこまで伸ばせるかが優勝のカギとなるでしょう。
同じく3年の加藤舞も自己ベストペースです。

大会最終日は、マイルリレーや100mH、7種競技2日目、砲丸投等が行われます。
有終の美を飾り、関東大会に夢をつなげたいと思います。





県大会2日目

女子400mH 小川詩織 3位入賞
女子4×100mR 三国沙希・新井美鈴・小笠原遥・村松裕梨 3位入賞
関東出場権獲得(2日目を終えて4種目)

埼玉県大会2日目です。

女子100mは新井美鈴、村松裕梨が準決勝敗退に終わります。
ケガから復帰した新井はスタートから出遅れてしまい、
ベストな走りができませんでした。

女子400mHは2年の小川詩織が63秒69の自己ベストで3位入賞。
決勝は少し慌てたレースになってしまいましたが、良く踏ん張りました。
一方、小林梨花は準決勝で10台目まで2番でしたが、フィニッシュ直前でかわされ
準決勝敗退となってしまいました。
小林、新井はインターハイで勝負できる選手だけに
この結果は悔しく思います。
しかし、ケガの長期離脱から良く努力し調子をあげてきました。
ここからより上げていくことができると思います。気持ちを切らさず
準備をしていきたいと思います。

そして、女子4×100mRは、三国沙希・新井美鈴・小笠原遥・村松裕梨のオーダーで
47秒85で3位でした。
100mの結果が厳しかったので、不安がある中でのレースでしたが、
よく切り替えて踏ん張ってくれたと思います。
バトンパス以上に個々の走りに課題が多く、
思い描いたレースはできませんでしたが、
関東大会に向けてステップアップしてほしいと思います。

2日目を終えて4種目で関東出場権を獲得しました。
厳しい結果も多くありますが、
それでも前を向いて、一つ一つていねいに戦っていきます。

県大会1日目

埼玉県大会1日目
400m 小笠原 遥 4位入賞
走高跳 高谷 千秋 5位入賞
10年連続関東大会出場達成
4×100mリレーは組トップで決勝進出


学校総合体育大会埼玉県大会、4日間の熱い戦いが始まりました。
厳しい戦いが予想される今大会ですが、
選手たちは奮闘しています。
大会1日目、
女子走高跳で高谷千秋が1m61で5位入賞、関東大会出場を決めました。
調子が上がっており、1m61も一発でクリア。
自己ベストは跳ばなければならない状態でしたが、
まだ助走が安定せずメンタル面での課題もでました。
それでも本校として関東第一号を決めたことは、重圧をはねのけての結果でした。
さらに、関東大会出場は、本校として10年連続での出場達成となりました。

女子400mは2年の大谷と小川が自分のレースができず予選敗退という厳しい結果でした。
そのような中、3年の小笠原遥が予選、準決勝を突破し、決勝進出。
1日3本という過酷な400mですが、決勝でも粘りをみせ4位入賞、関東大会を決めます。
小笠原も調子を上げていたので、記録としては57秒台を期待していましたが、
まだまだ力不足でした。
しかし、勝負弱い印象のあった小笠原が混戦の中4位に入ったことはやはり3年生としての意地でしょう。

女子4×100mRは三国沙希・新井美鈴・大久保清楓・村松裕梨のオーダーで、
予選を48秒3、準決勝を48秒1、組トップで決勝進出を果たします。
南部地区大会から確実に調子を上げているので、記録はもう少し出してほしいところでしたが、
不安だったバトンパスも少しずつ安定してきました。
400m出場のため、小笠原を外していますが、
2日目の決勝ではベストオーダーで47秒前半を期待します。

1日目は2種目で関東大会を決めて良いスタートがきれました。
決してベストパフォーマンスではない中でも本校としてのプライドを貫き、
流れを引き寄せている気がします。
2日目以降もより選手たちの良さを引き出し、
本来の強さを見せてほしいと思います。




県大会前日

明日から学校総合体育大会埼玉県大会が熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で開催されます。
今日は前日刺激として各選手軽めのトレーニングを行いました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

2017年山形インターハイ終了後、「三重インターハイで頂点に立つためには?」
常に頭の中に入れて選手を指導してきました。
「主体性」、「自立心」を軸に、
選手が自発的に考える、行動することに力を入れてきました。
うまくいかないことも多々ありました。
しかし、目標を下げずに努力し乗り越えたからこそ今があります。
近道をせず、苦労すべきことにしっかりと向き合ってきました。
特に頭を悩ませたのがケガです。
エースの新井美鈴は疲労骨折のため、昨年の関東大会以降、ほぼ1シーズンを棒に振ってしまいましたが、
計画的に日々できることを考えて練習してきました。
新人大会400mHで優勝した小林梨花もケガによる長期離脱となりましたが、ようやくスタートラインに立つことができました。
リレーメンバーが全員ケガで長期離脱という最も厳しい状態で冬季練習に入りました。

しかし、その分、今まで以上に計画を練ってトレーニングを行ってきました。
南部地区大会では間に合わないことも分かっていたので、
無理せずじっくりとトレーニングの強度を調節してきました。
それでも県大会は厳しい戦いになると思います。
100%の状態を作るまでにはまだ時間がかかる選手が多くいます。
そのような中でも、関東大会の出場権を全力で勝ち取らなければなりません。
選手たちは簡単に負けない力を持っています。



初日は、400mや走高跳、やり投、4×100mリレーは予選・準決勝が行われます。
注目は400mの小笠原遥です。
調子は良く、南部地区では58秒台でしたが、今回は57秒前半は出せるはずです。
大谷、小川の2年生も59秒台を出してマイルリレーにつなげたいところです。

走高跳は高谷千秋が調子を上げてきました。
潜在能力的には1m70を超える資質があるのですが、
明日の試合では自己ベストを期待します。

4×100mリレーはバトンパスにまだまだ不安がありますが、
南部地区より確実に個々の走力はあがっているので、各区間タイムを上げて、
47秒前半までは出せる感覚はあります。

初日の入りは重要です。
本校らしい攻めるレースを期待します。

県大会3日前

ゴールデンウィークも終わり、いよいよ県大会3日前となりました。
小雨が降る中ですが、調整となる練習を行いました。
リレーメンバーはバトンパスの確認を行いました。
先日の練習ではミスが多くあったので、
今日はコンセプトを確認し、スムーズなバトンパスができるよう意識して行いました。
今日の練習ではミスが少なく改善できた部分が多くあったと思います。

スタートダッシュについても、
ドリルから技術面を確認してから行いました。
全体に話をしたのは、加速時のポジションです。
上半身が前に突っ込みすぎて腰が遅れる選手が多くいたので、
腰が乗るように上半身を少し起こして力が入るポジションに修正しました。
改善してみると力まずスムーズに加速できるようになった選手が多くいました。

今日は、技術面を丁寧に確認し、動きの修正ができたので成果がありました。

しかし、県大会を戦う上ではまだ不安材料は多くあります。
本校は凡事徹底の精神の中で、技術・体力・メンタル、
全てをバランスよく強化してきました。
その成果が問われるのが今度の県大会です。
県大会まで後3日、調整は最終段階に入ります。
イメージ 1

全201ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事