これは、小野たかひとさんの記憶術です。

この記憶術を試してみたいと思います。

まずは、ここから







この記事に

論文式試験を択一式試験と同じような感覚で勉強していたのでは、いつまでたっても合格できません。論文式試験には、論文式試験専用の勉強法、記憶術があるのです論文式試験専用記憶術は受験期間を5,6年かかるところ1,2年に短縮して見せます!

6つのポイントをマスターすれば、定義や論証例を暗記できない。予備校や通信教材のカリキュラムについて行けない。合格レベルに到達することが出来ない。といったことはなくなります。

10回中10回合格できるといった、絶対的なトップ合格レベルには到達しなくとも、最低10回受けて5回受かるといった、平均的な合格者レベルには短期間で到達することが出来るようになります。

論文式試験専用記憶術では、どんな苦しい場面が出てきても、そのハードルを越えることの出来る、強固なモチベーションを作る方法をお教えします。この方法を使えば、あなたは様々な誘惑、困難に打ち勝つことが出来るようになります。

「論文式試験専用記憶術」では、100円ショップに売っているあるアイテムを使った、脳科学に基づく画期的な文章専用の記憶術をお教えします。どんなに難解な文章でも数分で記憶することが可能です。

普通に論文試験のアウトプットの練習をすれば、問題演習1時間、見直し30分、最低でも1問1時間半はかかります。これが、論文式試験専用記憶術におけるアウトプット練習法を使えば、1問当たり10〜15分程度でアウトプットの練習が出来るのです。

論文式試験専用記憶術では、この論文式試験特有のアウトプット方法についてお話ししています。この手法をマスターする事で、いつまでたってもアウトプットに進めないライバルを横目に、一気に合格ラインへ到達することが出来ます。

長期に及ぶ論文式試験の受験期間中、外部からの様々な誘惑に打ち勝つのは容易ではありません。そんな外部からの誘惑に「自然と打ち勝ってしまう」合格回避不可能なシステムを作り出す方法をお教えします

論文式試験特有のポイントがあるのですが、なぜ論文式試験の直前答練はアウトプット教材ではなくインプット教材なのか?その理由と直前期における真の勉強法についてお教えします。

勉強をスタートしてすぐに集中力が急上昇する方法についてお教えいたします。1日2時間の勉強で、他のライバルが6時間勉強したのと同じ効果を得ることが可能です。


>> 論文式試験専用記憶術のデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事