つるの織り部屋

ブログを引っ越ししました。http://khaju.cocolog-nifty.com/turuori/よろしく!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

夏のワークショップ

カジュ・アート・スペース恒例、夏のワークショップシリーズです。
今年も楽しいワークショップを開催します。
お電話、FAX、Eメールにてお問い合わせ下さい。



<お問合せ・ご予約先>  
カジュ・アート・スペース

鎌倉市二階堂57-1
t/f 0467-23-3663
khaju@pastel.ocn.ne.jp


★8/6(日) 草木染め たなか牧子 10:00〜15:30
 
一般 ¥4500+材料費  
友の会会員 \4000+材料費  
小・中・高校生 \1500 +材料費
自然から美しい色をもらいましょう。身近な草木を煮出してシルクスカーフ、
Tシャツなどを染めます。
草木染めの基礎・家庭で安全に染められる方法が学べます。


★8/4(金) 竹みずでっぽう  鈴木 孝幸 10:00〜12:00   
 
一律 \1000 (材料費込み) 10名まで。
親子参加の場合は参加費応相談。
昔懐かしい竹の水鉄砲をつくります。
小刀やナタなどの刃物の使い方も勉強できます。



★8/4(金) 竹の照明 鈴木 孝幸 14:00〜16:00   
 
一律 \3000 (材料費込み) 10名まで。親子参加の場合は参加費応相談。
ロウソクの光が美しい竹の照明機具を作ります。
お部屋のインテリアがグレードアップ!



★8/5(土) 和服の着付け 森 道子 10:00〜12:00
  
一般 ¥1500  友の会会員 \1000  小・中・高校生  無料
着物をもっと身近に生活に取り入れてみませんか。
今年の花火にはご自分で浴衣を着て出かけましょう! 
楽で崩れない基本的な着物の着方、帯の結び方など。



★8/30(水) 舟を作ろう! 古市 涼子 10:00〜14:00

一律 \3000 (材料費込み)   4才から15才まで。
水に弱いはずの紙類を使って、水に浮くかわいい舟を作ります。
夏休みの宿題はこれで決まり!



★8/20〜31建築相談 波多 周 

¥2000 学生の進路相談は無料
土地探しから新築、増改築、耐震補強からオリジナル家具の製作など。
デザイン、機能、費用、最も適した提案をいたします。受験相談も。
 10:00〜16:00でお選び下さい。ご予約は3日前まで。
       

開く コメント(0)

年増の花道

日曜日のサロンでは、自作の浴衣を自作の帯で着てみました。
前日の土曜日は和裁教室があったので、講師の森先生に半幅帯の結びを
いろいろ教わりました。

ほんと、きものの世界は奥深い。

森先生、もう70を過ぎた方ですが、なんとも言えないかわいい(失礼!)
ほんのりした色香のある方でして、これはいったいどこから来るものなのかと常々いぶかっていたのですが、この日自分が四苦八苦してきものをきてみて突然分かった。あれはきものの着こなしで身についた色気だったんですねぇ。
私など、体や所作がきもので鍛えられていないので、逆立ちしてもあのヲトナの色気がでません・・・。

ふと、あることに気づきました。
きものが日常着であった時代は、ヲトナが粋に見えた時代だったと。

たとえば、男の人の場合、きものの着こなしがかっこいいのはちょっと太鼓腹になったおじさんなんですよね。そのお腹の下にきりっと角帯を締めた姿はかなりイケてます。
女も、ちょっと中年太りになったあたりが、着こなしのキマルお年ごろ。

逆に痩せた、ちょっと「枯れた肉体」の味もぐっと引き出してくれる気がいたします。

ちょんまげを結っていた頃は、男の人は月代(さかやき)をそっていました。
これは究極のハゲ救済策。成人したらみんな剃るんですから、誰も禿げることをくよくよ悩まなくていいわけです。

日本にはヲトナが美しく見える文化がしっかりあったんですよね。

英語、フランス語の「マダム」ってちょっと好きな言葉なんですけど、
これにあたる日本語がないなぁと思っていました。
「おばさん」は子どもに言われるのは全然いいんだけど、やっぱり男の人に言われて気分のいい言葉ではありません。

江戸時代にはあったんですよ、「年増」というカテゴリーが。
なんて素敵な響きでしょう。いいぢゃありませんか。

というわけで、帯づくりにも、きものの着こなしにも精進、精進。

おつる、年増を極めます。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 1

一昨日の日曜日は第二回花樹サロン。
なんと37人のお客さま。びつくり。

今回のお料理。
つるお手製、トマト・カレー、グリーン・カレー、大根とホタテのサラダ、カレーチキン。
えみ子おねーたま作、にんじんサラダ、赤紫蘇のゼリー、マンゴープディング。そしてマヤお手製のダ−ル。

あと、お客さまの比奈子さんがお母さまお手製の「梅味噌」を差し入れ。
(たいそう美味でありました。レシピ知りたーい!)
ともみさん、クッキーありがとう。

前回のアトラクションは映画でしたが、今回はミニ・ライブ。
今回のゲスト「楽団だるま」の演奏がまたたのしかった!
透明感のあるアコースティックギターの音色が、カジュを涼しくしてくれました。

この企画はネットワークづくりが目的なのですが、
話も大いに盛り上がり、いろいろなつながりができました。

さぁーて、次の第三回は晩秋かな。どんな会にしよう。
なんか、アイディアありませんかー。

開く コメント(0)

夏の花

イメージ 1

イメージ 1

私の中では、いろんなものに色がついていまして、
例えば、曜日。
月曜日・赤
火曜日・クリーム色
水曜日・薄い水色
木曜日・濃い紫
金曜日・ピカピカの赤紫
土曜日・焦茶色
日曜日・白

友だちには数字に色がついてる、なんて人もいます。
だから、電話番号なんかが、カラーベクトルで記憶されていると。
(これ、ちょっと楽しいですよね。)

色には、その色独特の波動があって、それがいろんな影響を与えていると思います。
サッカーの日本代表のユニフォーム、あれ、青で随分損しているように思います。気持ちもカラダも冷めちゃう。
ぇ、イタリアも青だって? いいんですよ、彼らはラテンだから、冷やすぐらいでちょうどいいんです。

写真の花はノウゼンカズラ。夏の花ですね。
オレンジ色は、私にとって元気をもらうのに大切な色なんですけど、
この花だけは例外・・・。
なんでしょう、ものすごく悲しいオーラが漂っていて、彼岸の入り口が
この花のまわりに開いているカンジがするんです。

妙本寺の境内にあるノウゼンカズラがそろそろきれいでしょうね。

開く コメント(0)

第2回 花樹サロン

イメージ 1

イメージ 1

花樹サロン」は、
カジュに集うクリエーターたちや、その活動を支えて下さっている方、教室の生徒の皆さん、そして、「カジュ・アート・スペースってどんなとこ?」と思っていらっしゃるニューカマーさんもいっしよに楽しい時間を過ごしていただく企画です。

第2回は、地元のミュージシャンをゲストに迎えて、
アコースティック・サウンドをお楽しみいただきます。
カジュ・スタッフの手料理は夏にふさわしく「カレー・オン・パレード」!
もちろん、ゆっくりお話していただく時間もございます。
どうぞ、お誘い合わせてお出かけ下さいませ。


日 時 :  7月16日(日) 16:00 -

会 場 :  カジュ・アート・スペース 鎌倉市二階堂57-1

参加費 :  
友の会会員 \1500  
ビジター \2500 (その場で友の会にご入会頂くと、\1000バック)
飲み物をご持参下さい。

お問合せ : 
t/f  0467-23-3663   khaju@pastel.ocn.ne.jp (カジュ・アート・スペース)
人数に限りがございます。事前にご予約ください。 (先着30名さままで)



【ゲスト・プロフィール】 楽団だるま



・和田正剛(ギター)
・ひだのたつや(パーカッション)

 (ゲスト・メンバー)
・佐藤ヒロタカ(ギター)

2005年12月3日(土)。
和田が妊婦の友人に贈った
「胎教セッション・ゆるくてやさしいライブ」に、
ひだのが飛び入り参加。この限定ライブで得た、
予想外の好反響をきっかけに、「楽団だるま」として始動。

現在、和田自作の楽曲を中心に、沖縄民謡、ポップスを織り交ぜた「心が求める、ゆるくてやさしい時間」を提供中。

なお、今回はスーパーギタリスト・佐藤ヒロタカをゲストに迎えてのステージとなります。

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事