迷走日記…さまよえる鉄道青年

京急2000形が案外早く引退しそうな雰囲気

Top Page

すべて表示

トップページ 17/4/1

さまよえる鉄道青年のブログへようこそ

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4





このブログについて

都内の某大学院に通う管理人が撮影した、鉄道の写真を載せる場です。
でも写真は平凡なものばかりなので、記事本文に力を入れております。ある意味では国語力が試されます。
ただ、これは勝手に誤解して変なことを書いてくれるなという意味にすぎません。
高飛車なことを書いてしまいましたが、これも一種の自衛策でございます。ご容赦くださいませ。

開設時は「迷走日記…さまよえる鉄道少年」というブログ名でしたが、2013年1月1日に変更しました。
2018年夏までは更新する予定ですが、年内にFC2ブログへ引っ越す計画です。


掲載写真について

このブログに掲載する写真は、特記されているものを除き全て管理人である私が撮影したものです。
無断転載はご遠慮ください。万一のことも考え、大半の写真には管理人のロゴマークを入れてあります。

ブログ名変更前に掲載した写真には旧名が使われています。

これらの写真は法令、条例やその他の規則、それに基づく駅員や警備員の指示に則って撮影したものです。

大幅なトリミング等は基本的にしていませんが、ごく稀に実施します。その際は本文中に明記します。

容量の都合上、写真は基本的に900×675ピクセルに縮小して掲載しています。
2012年7月以前に掲載した写真は640×480ピクセルに縮小していたため、画質がさらに劣化しています。
なお相次ぐ掲載写真の無断使用を防止するため、同年4月以前に掲載したロゴ未挿入の写真を用いた記事は、
全て公開範囲を制限しています。またロゴマークは時々デザインが変わります。

RAW現像をしなおして、掲載写真を差し替えることがあります。その際に一部の記事から写真が消えることがあるようです。十分注意しているつもりではありますが、もし見つけたらお手数ですがコメントでお知らせください。

スマートフォンからは、縦構図など一部の写真が正常に表示されないことがあります。パソコンからご覧ください。



参考資料について

当ブログでは京急の車両の簡単な車歴を、主に以下の文献を参考にしつつ載せることがあります。
・佐藤良介『京急の車両』(JTBパブリッシング、2004)
・佐藤良介『京急電車の運転と車両探見』(JTBパブリッシング、2014)
・鉄道ファン並びに鉄道ダイヤ情報に掲載される「車両の動き」特集など
なお、最終検査日は出場試運転実施日を基準としており、主に目撃情報で賄っているに過ぎません。
JRや他社のものについても、鉄道ファンや鉄道ダイヤ情報を参照しています。詳しくは各記事に記載します。
ただし、自己研究が含まれているということに十分注意してください。



お願い

ブログに掲載した写真は、いかなる理由であっても無断で使用しないでください。
当然ながら無断転載は文章部分でもおやめください。事後承諾を求める引用も無断転載と見なします。

コメントは大歓迎ですが、本文と明らかに関係の無いものや、礼儀を欠くもの、公序良俗に反するもの、
根拠のない噂のコメント等は当ブログの信頼に影響するため承認しませんのであしからず。

友だち登録はお会いしたことのある方のみといたします。
ファン登録はお会いしたことの無い方でも大歓迎です。拙作ばかりで恐縮ですが、気に入られたらどうぞ。

私はきっちりと文献等を調べて記事を書いているつもりではありますが、もし記事中に誤りがあった場合は、
コメントでお知らせください。最近誤植が増えているようなので、遠慮せずにご指摘いただければ幸いです。

このブログは、あくまで私が撮った写真を自己満足で掲載するものです。ケチを付けたって何もならんですよ。

営利目的での勧誘依頼等はお断りいたします。

その他の最新記事

すべて表示

四国旅行記(下) 最後はことでん

2017/5/23(火) 午後 10:59

三日間の四国旅行の最終日は、ことでん琴平線の朝ラッシュを撮影しました。なお、昨日も書いたように、二日目の昼間にはちょっとだけ長尾線に足を伸ばしたので、その時の写真も上げてみます。 【2日目…5月18日(木)】 ...すべて表示すべて表示

では、 昨日 の続きです。2日目は牟岐線の朝ラッシュを撮影後に高松へ戻り、予讃線とことでん長尾線を少し撮影しました。なお、長尾線の分については3日目の琴平線撮影分と合わせて別に記事にしますので、今日は牟岐線と予讃線の撮影について書いていきた ...すべて表示すべて表示

17日から19日にかけて、高松と徳島で色々と写真を撮ってきました。 先日 も少し触れましたが、目的は最近この地区で注目度が高まりつつある車両や、遠からず引退を迎えそうな車両たちです。四国に行くのは2年半ぶり2回目のことで、 前回 と違い今回 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事