ここから本文です
特撮三昧の日々です
皆様ご訪問ありがとうございます。

書庫全体表示

今回はウルトラマンA(エース)に登場し、ウルトラシリーズ初のレギュラー悪役であるヤプールにつて書いていこうと思います。
そもそもヤプールとは異次元世界の住人で、高度な科学力を持っているますが、力でものを制するする思考があるように受けて取れます。
そのためか傲慢で、自分達より劣っている地球人を駆逐し、地球をのっとろうと画策する。侵略者であります。
彼らは自分達の科学力で怪獣より強力な怪獣兵器、超獣を作り上げ、侵略行為を実行したのです。ですがウルトラマンエースや地球防衛チームTAC(タック)の共闘により、次々と超獣を打破されました。
また他の宇宙人などを利用することもありました。ヤプールの使者としてのアンチラ星人や操られ超獣化した天女アプラサなどまた人間を利用したこともありました。
そしてストーリー中盤で最後はゾフィーの助けを借りて、異次元空間に乗り込んだエースによって倒され、惨敗を喫します。
再び最終回で子供達の純粋な気持ちを利用し、エースを追い詰めるといったように、知略家でありました。
このようなウルトラシリーズでは珍しい絶対悪のキャラクターでストーリーの中核を担った役どころでした。
このエースでのポジションが現在放送中のウルトラマンメビウスに採用され、映画版テレビシリーズでも重要な役どころに起用されるに至りました。
私の好きな悪役のひとつですね。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事