全体表示

[ リスト ]

 長崎市内の山 021 八郎岳山系の縦走(試走)
【コース】長崎バス栄上バス停→寺岳→佐敷岳→乙女峠→小八郎岳→八郎岳→悪所岳→熊ヶ峰
    →戸町岳→烏帽子岩→市民の森→小ヶ倉水源地→上戸町

3月29日(日)に予定している「八郎岳山系の縦走」を通しで試走してみる事にする。
同行者はお散歩好きさん。試走に参加、本番にも参加するらしい(爆笑)。

07:00に自宅を出てみさき道さんわ近くの長崎バス栄上バス停に07:50に到着。
コンビニで食料を補給し08:00スタート。さあ、果たしてゴールまで何時間かかるのであろうか(笑)?
三和町公民館から寺岳登山口まで、どのルートが手軽に行けるのかを探してみる。

イメージ 1

【08:05】野母サイクリング道路をふるさと公園から登るルートが一番近いようだ。
しかしこのルートだと公園内だけで階段が400段もあるゾ(笑)。とりあえず今日はここを登る(疲)。

イメージ 2

【08:25】前回は寺岳からこの登山口へ下ってへたばった…。今回は逆ルートを登る。
すでにテープ目印が付いている所を登って行く。道迷いを心配したが全然大丈夫であった。

この登りが意外と急斜面。もう既に疲れてしまった…。
雑木林を抜けると利作岩と呼ばれる長崎半島南側の展望が良く見える岩場がある。

イメージ 3

【09:10】しかし、最近世界中で問題となっている日本人のラクガキ。この岩場もひどい状態…。
よく見るとここの岩の名前「利作岩」もラクガキされている。

ふたたび山中にはいるが、ここまで来れば寺岳山頂はもうすぐそこだ。

イメージ 4

【09:20】寺岳 標高 452m。山頂からの景色は皆無である。
ここから乙女峠までほぼ水平移動、極端なアップダウンは無いので体力回復・充電ポイントだ。
省くついでに水の補給も八郎岳あたりまで我慢しとこう。

佐敷岳までの間には景色の良い岩場が何個かある。そのうちのひとつでお散歩好きさんが…。

イメージ 5

【09:35】岩の先は空中。そこに足をかけて、まさに写真用のサービスポーズである(爆笑)。
お互い、遊ぶのはいいけど落ちないようにね…。

この岩場から約20分程度歩くと佐敷岳の山頂へと到着。ここまではまだまだ楽勝である。

イメージ 6

【09:55】佐敷岳 標高 504m。真下に晴海台・平山台ニュータウンが見える。
松尾岳から登った時はずいぶん急斜面で息をきらした覚えがあるんだけど今日は元気(笑)。

佐敷岳から乙女峠への道は初歩きだ。しかし乙女峠はすぐそこに見えてるな(笑)。
そのまま尾根を歩いて行けば少し下っただけで乙女峠へと到着。

イメージ 7

【10:20】乙女峠、別名千々峠。写真右へ下れば平山のサイクリング道路へ続く急な坂道である。
本番時にはここで何人かと待ち合わせ予定。三和町公民館から約2時間20分かかった。
当日の待ち合わせ時間は10時15分にすればよいであろう。

カヤトの急坂から振り返り乙女峠と佐敷岳を見る。尾根筋と為石方面の海がきれいに見える!

イメージ 8

【10:40】低潅木の中にちょっとした岩場があったりして、歩きにくくはあるが道としては面白い。
カヤトの急坂を我慢すれば小八郎岳へ。しかし山頂からの景色は八郎岳が見える程度である。

イメージ 9

【10:45】小八郎岳 標高 564m。八郎岳の隣に座る山。遠くから見ると親子のように見える(笑)。

低潅木の岩場を反対斜面に下る。木が邪魔、足場も悪く歩きにくい。そこをすぎると防火帯。
八郎岳の登山口発見、山頂はここからそう遠くなかったはず。

イメージ 10

【11:05】八郎岳 標高 590m。長崎市内の最高峰。鎮西八郎(源為朝)の名に由来するらしい。
ここ八郎岳が長崎市内の山の最高峰であり、当然このコースのピークである。

山頂展望は長崎市内南部の景色が素晴らしい!まさに「見下ろす」風景が楽しめる(笑)。

イメージ 11

霞んではいるが長崎港の南側、三菱重工業香焼造船所の巨大クレーンが異彩を放っている。

熊ヶ峰方向へ下り広い防火帯の道を進む。この辺りは坂も緩やかで歩きやすい(ホッ!)。
防火帯を歩いているとヤブ椿に小さな「兜岳→」の道標発見。しかし時間を考え今回はパス!
そのうち近くの山と組み合わせて登って見る事にしよう。

途中で昼過ぎとなり休憩&ランチ&山菜採りタイムとする(笑)。
しかし誰かが採ったあとらしく、グルグルが無いゼンマイの茎しか残っていない…。
本番時はもっと良く探しながら歩かないと家族が食べる量の確保は難しいかもね(残念)。

細かいアップダウンの防火帯が続く。ここで分岐点を発見。たぶんルートの中間地点あたりか?

イメージ 12

【12:40】熊ヶ峰・悪所岳の分岐へ到着。「さて、悪所岳はどうしましょ?」

当然行くのである(笑)。出来るだけルートの通りに歩く予定の今回の試走、妥協無し!
しかしこの悪所岳のピストンが後々に響いてくるのであった…。

イメージ 13

【13:05】悪所岳 標高 506m。以前来た時のイメージ「分岐からずっと下りで鳥居から少し登り」。
そのイメージは全然違っていた。結構な急斜面があり、突然ここで疲労度最大になってしまった…。

イメージ 14

景色は素晴らしい。千々集落の真上にあたる。
岩山なので足元から切り立っている。狭い山頂なのに、なんと恐ろしい(高所恐怖症)…。

分岐までのピストン、登りがきつくてつらいゾー(泣)。お散歩好きさんは今日も元気一杯だ…。
熊ヶ峰の標識に沿って歩くと出た〜〜、熊ヶ峰名物「急斜面の防火帯」だぁ〜(大泣)。

イメージ 15

【13:40】熊ヶ峰 標高 569m。どこから登ってもきつい(泣)。今日のルートが一番ラクだと思う。
しかし今日は疲れてしまっている。熊ヶ峰からは超急下降の防火帯が続く。その後には戸町岳!

ALWAYSさん・golfさん・回り道さん・参加される皆さん、本番時に私はパスしてもいい(爆笑)?

イメージ 16

【14:35】戸町岳 標高 427m。最近1ヶ月半でここに来たのは3回目だゾ(笑)。
ルートも中盤から後半にさしかかり、ここは良い景色を見ながらの休憩ポイントにしよう。

藩境石がある三叉路の分岐まで戻り林道の手前から細い山道へと入る。しばらく行くと烏帽子岩。

イメージ 17

【15:20】烏帽子岩 標高 372m。宮摺海水浴場周辺が見渡せる。遠くには島原半島も見える。
足元は崖になっているので危険(笑)。ムツゴローさん、落とすのはこの崖でどうでしょう(爆笑)?

そのまま先に進むと市民の森キャンプ場。もうこの辺りでヘトヘトになってきた…。

イメージ 18

【15:50】市民の森キャンプ場 標高 364m。市民の森におけるピーク地点である。
このピーク地点と昆虫の森の東屋までの登りが最後の難路だ。東屋では長休憩にしよう…。

しかーし、もう登りたくない…。というより登れない。大変疲れきってしまった…。
しかも雨まで降り出した。これは「もう帰りなさい」という意味の雨だと勝手に解釈する(笑)。
唐八景まで登らずにそのまま戸町方面へと下山したのであった…。

本番時はどの山を減らすべきかを考えてルート変更しないと完歩出来ないと思う。
今日はゴールまで約6km地点で気力・体力がダウン、下山してしまった。

マジきつかった!参加される方々、本当に覚悟ですよ!
私は自分だけ熊ヶ峰から大山へと下山ルートを設定しようと真剣に思っています(爆笑)。

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

おつかれさまでした。
キツそうですね。当日はたぶん、仕事が入るでしょう・・・(爆)

みんなで平山から登りましょうか? 削除

2009/3/18(水) 午後 8:27 [ golfbaka ] 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした〜。
これまた早いアップで、感服いたします<(_ _)>
僕は、半分寝ながら酒を飲んでるところです(笑)
足には豆が出来てました(涙)
本番は…どうしましょうかね(爆) 削除

2009/3/18(水) 午後 8:59 [ お散歩好き ] 返信する

顔アイコン

マジきつく、疲れきったでしょう。結構なアップダウンがあり、唐八景から行っても八郎岳までが限度で、たいていは平山へ下ります。悪所岳と戸町岳の往復がこたえたと思います。こちらは長崎半島の横断で別に考えたらどうでしょう。それでもやりますか(笑)。17時には着けることが試走で確認できましたね。あとはみなさんの体力と翌日の仕事次第でしょう。

2009/3/19(木) 午前 0:29 みさき/michito 返信する

golfさん
登り始めは三和からでいいと思いますが、途中の山を何個かパスしたいです。
当日は縦走実施じゃなくて縦走討議を喫茶店でしましょうか(笑)?
ちょっと自信喪失気味…。

2009/3/19(木) 午前 3:49 お宮 返信する

お散歩好きさん
大変お疲れ様でした。無事に帰宅出来たみたいで安心しました。
ブログアップしたら寝てしまい、こんな時間に目が覚めちゃいました。
本番時のルート、どうしましょうかね?

2009/3/19(木) 午前 3:51 お宮 返信する

道人さん
悪所岳・熊ヶ峰・戸町岳、いつも疲れる山でやはり疲れちゃいました(涙)。
ピストンしないといけない悪所岳・戸町岳はパスした方がいいのでしょうね…。
でも、みんなで歩けば案外いけるかもしれません(笑)。

2009/3/19(木) 午前 3:56 お宮 返信する

顔アイコン

七高山めぐりでご一緒させていただいた「まれ」と申します。
golfさんのところからやってまいりました^^
今度の八郎岳山系縦走に参加させていただきたいと思ってますが・・・
かなりキツそうですね〜〜^^;
いつも子どもたちと一緒に楽チン山歩きばかりなので、ちょっぴり心配・・・
でも、久しぶりに子どもを預けてガッツリ歩けるので、とってもワクワクしてるんです。
体力を万全にして挑みたいと思います^^

2009/3/19(木) 午前 10:55 [ まれ ] 返信する

まれさん
golfさんブログで時々拝見してました。
相変わらず親子で元気に歩かれていて羨ましく思ってました。
ウチだと、私「山行くよ」→子供達「行ってくれば」ですからね…(涙)。
八郎岳山系の縦走、きついですよ(笑)。それでよければ大歓迎です!
頑張って最後まで歩きましょう!(ワタシハアルケルノカナ…)

2009/3/19(木) 午前 11:45 お宮 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした。
小八郎岳は好きで何度か行ったことがありますが,私はたいていチョンボをして,横断林道に車を止めて行きます。

2009/3/21(土) 午前 8:58 [ 713 ] 返信する

713さん
車で行くとは大チョンボですねー(爆笑)。今度歩いて登ってみて下さい(笑)。
小八郎岳あたりではまだ花も少ないですね。
小八郎岳と八郎岳の間でマムシグサ発見しましたよ。たくさん出てきてました!

2009/3/21(土) 午後 2:50 お宮 返信する

顔アイコン

こんにちは♪

イメージ7の写真の乙女峠は懐かしいですよ〜
先に進めば佐敷岳ですよね
枝が張り出していて、狭かったような記憶があります。

山頂からの景色も懐かしいです。

2009/3/24(火) 午後 6:49 ムツゴロー 返信する

ムツゴローさん
7の乙女峠、今回はここでALWAYSさん達と合流して先へ進む予定です。
佐敷岳下山途中〜小八郎岳を越えるまでが低潅木の枝が張り出した歩き難い道。
ムツゴローさんはどこでも御存知ですね〜!

2009/3/24(火) 午後 7:28 お宮 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事