全体表示

[ リスト ]

坂本龍馬が歩いた道

 長崎さるく 学 007 坂本龍馬が歩いた道〜島原街道を矢上から田結境まで歩く〜
「長崎街道の脇街道の役割を果たした島原街道。
 勝海舟にお供した坂本龍馬は、元治元年(1864年)にこの道を往復しました。
 龍馬たちの足取りを『勝海舟日記』などによって矢上宿からたどります。
 そのほか、戸石周辺の史跡をめぐります。」

《講師》  諫早市郷土館 織田武人氏
      みさき道歩会 橋本幸雄氏
《コース》 矢上神社→侍石→戸石峠→馬頭観音→一里塚跡→戸石地区公民館→瀬戸の観音
      →川内神社大杉→長崎原爆ラジオゾンデ落下地点→戸石・田結境 (約12km)

中央橋バス停に停車していたバスに駆け込むとみさき道歩会のHさんが乗られていた。
「今日は龍馬さるくなので参加者が多いでしょうね」等の話をしていると集合場所に09:00に到着。

AM09:30長崎県営バス矢上バス停前に全員集合、本日は先生・スタッフ含めて40人弱である。
受付終了後に矢上神社へと移動し、コース説明と準備体操の後にスタートする。

イメージ 1

矢上神社境内の右側にある馬頭観音を見学、馬頭観音の前の池にはハスの花がいっぱい!
その後一の鳥居まで下り、次に教宗寺へと向かう。

イメージ 2

立派な造りの本堂拝殿である。庭の木はイチョウ、秋には黄葉が素晴らしく美しい。

教宗寺からは矢上交差点を直進・戸石方向へと向かう。矢上普賢岳入口下の道から入り込む。
地元の人の生活道路らしい自動車の通らない道を登って行くと侍石神社へと到着。

イメージ 3

みさき道歩会のムードメーカー(?)・Oさんが祠の中のお地蔵様(山の神)の顔を見て一言…、
「おねーさんの年齢はいくつかな?よく見ると年寄りよね!32才位かな?」一同大爆笑であった(笑)。

長崎東公園の上から山道へと入る。古い祠が建てられておりこれが馬頭観世音菩薩である。

イメージ 4

馬頭観世音菩薩、祠の横に詳しい説明板ある。
このまま山道を進む。島原街道の面影が強く残っている数少ないポイントらしい。
山中で一里塚(古墳)跡を見学し、長崎東工場の排水門のところから舗装路へと戻る。

まだ新しい団地・ガーデンシティから見る矢上普賢岳と行仙岳。天気も良くきれいな山並み!

イメージ 5

そのうちこの山々も縦走してみる事にしよう(ね、お散歩好きさん!)。

長い階段を下り戸石へと進む、途中でほぼ満開のヤマボウシを発見。きれいであった(嬉)。
ここから左折し山に入ると長崎市指定有形民俗文化財の「戸石の六地蔵塔」がある。

イメージ 6

戸石の六地蔵塔、石で造った旗・標識・織のことで、石灯籠の火袋の所に六地蔵を刻んだ物。
慶長9年(1604年)の銘があり、島原の乱(1637年〜1638年)の後にこの地に建てられたらしい。

山を下り左折したらすぐに長崎市戸石地区公民館。今日はここでランチタイムである。

イメージ 7

ランチタイムはやはりOさんの特大おにぎりで爆笑し、もうお腹いっぱいだ(笑)。

午後の部スタート、飯盛方面へと向かう。
国道251号線から川内町方向へ左折、約700m行くと長崎原爆ラジオゾンデ落下地点がある。

イメージ 8

長崎原爆ラジオゾンデ落下地点、説明板の右奥の白い標柱が建てられている所が落下ポイント。
3個落とされたうちの1つがここで、残り2個もこの周辺に落下している。

道を少し戻り左側に見える鬱蒼とした森の中へと入って行く。大杉がある川内神社である。

イメージ 9

川内神社の大杉、とにかくデカい!参加者の女性が手を回してみると、5人でやっと手が繋がった!
境内には面白い狛犬もあり、また途中の池にはサンショウウオの子供も泳いでいたゾ(笑)。

国道251号線に戻り先に進むと、田結の交差点に諫早八十八ヶ所 第65番札所がある。

イメージ 10

とりあえずみんなお詣り(笑)。Oさんも静かにお詣り(笑)。

道路の下を通り(!)道の反対側へと行く。西明寺から山の中へ、ここは島原街道の面影が残る所。

イメージ 11

草の中に道標石、「←江ノ浦・有喜・島原・諫早 →戸石・矢上・長崎」、「→西明寺ヲ経テ江ノ浦」

民家の前を通る。「こんな道が一般の人がわかるかー」みたいな道(笑)。
このあたりが丁度トンネルの上みたいだ。下り道にさしかかると飯盛方面がやっと見えてきた…。

イメージ 12

飯盛に到着、飯盛東小学校で休憩する。頭から水をかぶると「超気持ちいい!」。
ここからはゴールとなる飯盛支所まではすぐである。
「みなさん、暑い中お疲れ様でした!」疲れたというよりも暑さにやられたといった感じだ…。

《バスを待つ間の笑い話》
ジュースを買いに行った織田先生と道人さん。先生がお金を自販機下に落としたらしい。
それを探す道人さんを見て「なんしよるとやろか」「お金ば探しよるバイ」「怪しかオジサンやね」。
みんな勝手にいろんな事を言って楽しい時間を過ごしたのであった(爆笑)。
ブログ用の写真を撮ったのだが、本当に怪しく見えるので公開はしない事にする(爆笑)。
(なんと!50円玉を3枚見つけたらしい(笑)。みんなで探せばよかったか?)

しかし帰りのバスが遠い…。飯盛支所の前(三本松)から長崎県営バスに乗車。
国道を真っ直ぐ走るものと思っていると、飯盛団地・結の浜・矢上団地と回って長崎へと向かう。
帰りもずっと同じであったHさんと「観光バス以外でこんなに長く乗ったのは初めて」と話(笑)。
結局、中央橋まで約1時間15分でバス賃750円であった。これだけで疲れたりして…。

来週6月7日(日)は「茂木・北浦・早坂の自然史跡めぐり」の予定。本当に暑さにやられそうである…。

<道人さんブログ記事> 長崎学さるく“龍馬が歩いた道ー島原街道を矢上宿から江の浦まで”
 (1) http://blogs.yahoo.co.jp/misakimichi/53414043.html
 (2) http://blogs.yahoo.co.jp/misakimichi/53415263.html#53415263

閉じる コメント(6)

顔アイコン

はい!必ず縦走しましょう(笑)
今日は朝から遠くの山がかなり霞んでましたが、案外回復したみたいですね。
僕も早く歩きたいものです!! 削除

2009/5/31(日) 午後 9:04 [ お散歩好き ] 返信する

お散歩好きさん
矢上普賢岳から井樋ノ尾岳に抜けて喜々津駅まで行く縦走が出来るみたいです。
足が落ち着いたら計画を練ってみましょうか?
でも暑いので実際に歩くのは希望は秋がいいです(爆笑)。

2009/5/31(日) 午後 9:32 お宮 返信する

顔アイコン

だんだん暑い日差しとなりましたが、青空が広がり写真写りは良い。長崎学だけでなく、深い諫早学も勉強できましたね。若い女性や諫早の人も多く、織田先生は元気があり、楽しいさるくでした。溝で拾った金額は61円。バス代が高かったです。

2009/6/1(月) 午前 2:38 みさき/michito 返信する

道人さん
暑かったですが楽しいさるくでした、お世話になりました。
織田先生は歩くのが早く、また声も大きくて大変分かり易く説明いただきますね!
そのパワーには圧倒されてしまいます(笑)。

2009/6/1(月) 午前 7:33 お宮 返信する

顔アイコン

学さるく、まだまだうちの息子には無理かな? 説明なんか聞くはずもないし。(涙)
矢上普賢岳からの縦走、寒くなってから企画してくださいね! 削除

2009/6/1(月) 午後 8:26 [ golfbaka ] 返信する

golfさん
そんな事はないですよ、きっと大丈夫なはずさー(笑)。
寒くなったら行くところが増えすぎてきてますよね(笑)?もう大変だ(笑)。

2009/6/2(火) 午後 0:16 お宮 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事