きっちゅ家の人々

脱サラを目指す旦那の作品も見てね!家具やエクステリアを作っています!

お仕事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

保育所の事故

また保育所の痛ましい事故があった。
一人の親として、本当に許しがたい事故であるとともに、保育士としてはまったく信じらない事故でもあった。

事故のあった保育園は認可外の保育所で、朝7時から夜10時までの長時間保育が売り、ビルの2階にある・・・。しかも、たった550メートルの公園に、ワゴン車でピストン輸送。散歩の園児20人に対し保育士が3人。

子どもの年齢にもよるが、圧倒的に保育士の数が少ない。550メートル先の公園に車で行くっていうのも不思議・・・というか手抜き(・・・保育士が足りないから車なんだと思う。)
しかも、お散歩が20人ならば、普通に責任とプライドを持ってやっている保育者ならば、子どもが独りいないことにすぐに気がつくはず。

まさに私が恐れていた、そしてまじめに働いている保育者や保育所を利用している保護者が恐れていた事態なのだ。
公立の保育所がどんどん民営化され、企業の保育参入、保育のプロでない経営者、保育の質よりサービス重視、安い賃金(若い保育士)。今回の事故はまさに今の保育情勢への警笛を鳴らした。

残念なことだが、サービスは二の次にして納得のいく保育をしているところを選ぶしか、子どもたちを守る方法はないと思う。
そしてサービス重視で子供のことをまったく考えていない保育所が次々つぶれるしか手のうち用はないのでは・・・。

保育に熱意のある子どものための保育所は、サービスまで行き届かないのが現状だと思います。今の国や自治体の補助と、保育料では、サービスまでお金がまわらないからです。
今年に入ってからすごく忙しくなり、愚痴や疲労やいらいらや・・・いろいろありお騒がせしていましたが、ようやく先が見えてきました。
4月は春休みに3日間だけ保育園を手伝って、4月入園式からは毎日幼稚園勤務です。
5月になったら、幼稚園に週1回、保育園に週2,3日くらいで軽めに仕事をしようと思っていました。
ところが幼稚園、いざふたを開けてみると子どもたちがすごくて(どうすごいのかはご想像にお任せするとして・・・)主任先生に「毎日ず〜っと来てください!」といわれてしまいました。
幼稚園には息子が通っているので、息子の気持ちはどうなのでしょう???
と考えている間もなく、受けることになりました。

今日は保育園に事情をお話に行ってきました。
よ〜く事情をわかってくださって、一応「やめる」ということではなく、お休み扱いにしてくれました。ピンチの時には電話をもらい、私もほっとしたいときには遊びに行くつもりです。

なんで両方にこだわるのか・・・というと、今日本で進めている幼稚園と保育園を一緒にしようという動き・・・「認定子ども園」
この動きが恐ろしいからです。幼稚園と保育園はそれぞれ文科省と厚労省と管轄も違うし、職員の資格もやっていることも違い、お互いの理解がなく、今まで無縁に近い関係でした。それを「少子化対策」「子育て支援」という名目で一緒にしようとしています。
これで公立の保育園を減らして行き、責任逃れ。企業に保育を丸投げすれば利益重視の質は悪化。
この犠牲はすべて子どもたちが受けるのです。
私の働いている幼稚園も保育園もこの動きに反対しています。幼稚園側から、保育園側から、両方から見る人間がいなくてはいけないと思っています。お互いの事情をお互いに伝えていくささやかな役割を担っていると思っています。そして、ようやく児童福祉に幼稚園側も目を向け始め、保育所長も私の行っている幼稚園の障害児受け入れや自由保育について、すごく理解と関心しめしてくれています。
興味のない人には関係ないですんでしまうのですが・・・。子ども問題は日本全体の問題ですよね。日本はどこに向かっていくのでしょう???

話はそれましたが、しばらく毎日息子と幼稚園に通って、たま〜に保育園に顔を出すってかんじで今年度はやっていくことになりました。
こころ穏やかに働けますように・・・。

仕事

2月ですね。
今日から保育所に子どもが一人増え、私の勤務時間が増えました。
8時45分から4時か4時半までです。フルタイムに近いんじゃないの?これって・・・。
長男はお留守番、次男は1回500円の延長保育を利用します。ただ、2月、3月は旦那の仕事の閑散期・・・というか、労働基準を上回ってしまっているので、それを調整する時期で午前中だけ仕事をしてかえってくる日が多いです。月〜金曜勤務のサラリーマン家庭ほど子どもへの負担はありません。

仕方のないことだけど、仕事以外に何もできないし、あまりに忙しくて、頭の中も忙しいのでうっかり忘れ物や物忘れが増えて困っています。ぶろぐの更新中もあくびとため息を交互にしています(笑)。

とりあえず4月以降の仕事の仕方について話し合いたかったのですが、仕事中は話し合う時間も取れないのです。簡単に希望のみ伝えてきました。
このブログにはきれいごとしか書いていないけど、もちろん書けない色々もあります。どこの職場でも同じだろうけど。
ひとついえる事は、保育士はパートじゃだめなんじゃないの??ヨーロッパのどこかの国みたいに保育士は全員公務員にしたほうがいいんじゃないの?
もうひとついえる事は本当にパートって損!これじゃあ格差社会は良くならないわ。それに保育の現場がこれじゃあ(保育士として働いている人の半分以上はパートですね。今度比率調べておきますが)、少子化だってさらにすすむでしょ。
お先真っ暗。
とりあえず目先の保育は明るくがんばっていますけど。。。

仕事納め

今日は仕事納めでした。
いや〜、よく働いた!

今年始まって早々、始めた仕事。私としては1号クンの妊娠中以来、9年ぶりに社会に出た!!という感じでしたが、こんなに早くバリバリ働くとは思っていませんでした。やりだすととまらないかんじで・・・。
いまや専業主婦は考えられなくなってしまいました。
いまや保育所保育士、幼稚園補助教員、自宅託児、と3つも仕事を掛け持っちゃっています。

特に9月から保育園が急に忙しくなり、勤務時間が増えたと同時に、家に持ち帰る仕事もある。。。
え?パートなの?   
と自分でも不思議な気分でした。
あんまりがんばったので、ボーナスを頂きました!!やりがいアップです。年末年始休暇中も仕事を持ち帰りましたが(涙)・・・。

自宅での託児・・・いまだにちょっと大変すぎてため息が出ますが、3人子どもがいるおかあさんの忙しさも体験でき、うちの子供たちも小さい子とのかかわりが持てたことに感謝して、3月までがんばります。

一番微妙な仕事が幼稚園。息子が通っている幼稚園で働くっていうのも、なかなかない体験(笑)。普通だったらありえないような・・・。
ほかのお母さんたちとも、先生方とも微妙な関係で、若干やりづらさも感じています。同じ保護者なのに、「○○先生」と私のことを呼ぶ人もいれば、同級生のおかあさんでも私に敬語の人もいたり(一般的には同級生の親同士はため口)、先生とも距離のとり方が難しいし、先生のほうも難しそう・・・。
う〜ん、やっぱりやりづらい。
4月からは幼稚園はボランティアにしてもらおうと思っています。
当の息子のほうは、おかあさんが幼稚園で先生やっていてもぜんぜん気にならない様子。
たまに園庭で会うとお尻をたたいてくるくらいで、私のことはまったく気にせずに過ごしています。いいな〜子どもはややこしいこと考えないから・・・・・

新年の仕事始めは5日(金)、自宅託児からスタートです。
これ以上忙しくしないように、来年は気をつけます(笑)。
そうそう、こうして充実した仕事ができたのも、支えてくれ愚痴を聞いてくれる夫。子どもを預かってくれる母、近所の友達、幼稚園の友達、仲間。また健康でお休みしないで通ってくれる子どもたちのおかげです。ありがとう。

サッカー見ながら〜

レッズ戦を横目に更新します・・・何とか。
いや〜、またまた忙しくなりましたぁ。保育園のお仕事。
子どもがドバーっと増えて、ハローワークに求人を出しているのですが、音沙汰なし。ということは、今いるスタッフがとてもハードに働く。。ということ。
明日から生後3ヶ月の子が二人も入るので、どうなるのかなあ・・・。子どもにしわ寄せがいかないように、毎日出勤ですわ! 
新しい保育士が見つかるまで、という期間限定だとしても、音沙汰なしの状態が続く可能性もあり、先の見えない期間限定。
あ〜んど、幼稚園のバザー用の手作り品、三角巾5枚、花形巾着5枚・・・製作中でございます。6月に布を配られて、2学期始まるまでの宿題なわけですが、どういうわけか期限ギリギリにならないとまるでエンジンがかからず、おととい三角巾5枚を縫い上げました。これから残りを取り掛かります。今日中には無理だろうけど・・・。
何歳になってもギリギリにしか取り掛かれないのは治らないようなので、あきらめていますが。
といってあせるわけでもないんです。良いんだか悪いんだか??

毎日ブログをのぞいてくれている方には申し訳ないのですが、こんな感じなのでぼちぼち更新していきます。ので宜しく!
そんな私の1週間の一番の楽しみといえば、久しぶりに見ているドラマ「結婚できない男」。なぜか、はまってしまっています。
なんかドラマが一番の楽しみって寂しいような、気楽なような・・・。

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事