星と太陽の会のブログ

発足から20年以上の歴史を持つ星と太陽の会、岡山県内の磐座を巡る会の写真記録です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「矢田・八幡神社」(矢田)  ご祭神は応神天皇・仲哀天皇・神功皇后。だからか、垂直千木(男神)が二つ、水平千木(女神)が一つ。  棟持ち柱がある。   裏山は「八波田山」と云う。
緯度(数値) : 35゚ 319.9 [DMS] 経度(数値) : 134゚ 1115.3 [DMS]
イメージ 1

「小渕の甌穴」(真加部)  三穂太郎が杖をついたら岩に穴が開いた。 水が岩底から湧き出る。その水でイボを洗えば治る。(イボ池様と伝える)
緯度(数値) : 35゚ 456.5 [DMS] 経度(数値) : 134゚ 1136.2 [DMS]
イメージ 2

やぶかんぞう かんぞうにはヤブカンゾウとノカンゾウがあり、ノカンゾウは一重咲き。どちらも春の新芽は食べることが出来、韮と同じ食感だが臭みがなく甘みがあり美味。
イメージ 13

足王神社
緯度(数値) : 35゚ 526.1 [DMS] 経度(数値) : 134゚ 1252.2 [DMS]
イメージ 14

「梶並神社」(梶並)   推古天皇15年(613)に創建。 香美(カミ)宮と呼ばれご祭神は高靇神(タカオカミ)。 聖武天皇天平7年(735)行基が来て薬師堂・神宮寺を建てた。 天慶3年(940)山頂から麓に遷宮し、男山八幡宮から勧請す。 大鳥居の扁額は「武男山」(永観2年(984)に即位された65代花山天皇の書)。 花山天皇は17歳で即位。19歳で退位。
緯度(数値) : 35゚ 654.9 [DMS]  経度(数値) : 134゚ 1447.6 [DMS]
イメージ 15

イメージ 16

「神宮寺」(梶並)    檀上山清浄院神宮寺。上記の梶並神社境内に創建されたものを、享保元年(1716)に山伏寺の地(現在地)に移る。 安永4年(1775)の四国回国供養塔あり。
緯度(数値) : 35゚ 711.2 [DMS]  経度(数値) : 134゚ 1445.4 [DMS]
イメージ 17

四国・西国・秩父・板東とあり六十六部日本廻国供養塔である可能性もあるが、一般的な「奉納大乗妙典六十六部」や「天下泰平・国家安全・風雨調順・五穀豊穣」の文字が見あたらない?
緯度(数値) : 35゚ 711.6 [DMS]  経度(数値) : 134゚ 1446.4 [DMS]
イメージ 18

「三社大明神」(右手)  梶並神社の摂社。 右手(ウテ)部落の氏神。ご祭神は「猿田彦命」「天照大神」「菅原道真」。  三穂太郎の右手を祀っているから部落名が右手とか。  【宇手(ウテ)と書いた文もある】
緯度(数値) : 35゚ 937.2 [DMS]  経度(数値) : 134゚ 1417.1 [DMS]
イメージ 19

「ムスビ岩」(太田美之坂)  三穂太郎が、袴ヶ仙(標高931㍍)の巨岩・玄岩の上で食べていた弁当の中に小石があったので、箸に挟んで捨てたらここに落ちた。
緯度(数値) : 35゚ 949.8 [DMS]  経度(数値) : 134゚ 1411.8 [DMS]
イメージ 20

袴ヶ仙(標高931㍍)
イメージ 3
三穂太郎
菅原道真の末裔が土着し、三穂太郎の伝承を作った。三歩で都まで行ける大男と云うイメージで三歩太郎と云う。 三穂太郎満佐から、有元家を中心に菅家七流が出来たと云う。  勝田町付近では「皆木」「小坂」「梶並「富阪」「右手」「戸国」の菅家六名がいた。
①    死後の、頭(コウベ)を祀った所が奈義町関本の「三穂大明神」
②    右手を祀ったのが「右手大明神」
③    「イボ池」 美作・都を往来していた時の杖の跡。
④    袴ヶ仙の巨石(高さ10㍍) 三穂太郎が牛に乗って麓から担ぎあげた石。
⑤    その石の上で弁当を食べ、ご飯の中の小石を掘り投げたのが「オムスビ石」


腹切り石
誰かが切腹したというものではなく、五輪塔がそのような様だったとも、石の形とも。ただし、両側に大きな石があり磐座の可能性も。津谷の七不思議の一つ(へそ石、屏風岩、蛇石、枡石など)
緯度(数値) : 35゚ 1104.3 [DMS]  経度(数値) : 134゚ 1410.8 [DMS]
イメージ 4

立木の磐座
緯度(数値) : 35゚ 1054.6 [DMS]  経度(数値) : 134゚ 1414.3 [DMS]
イメージ 5

「牛神様」(土之河地)    ウマ(宇摩)郡はあるが、ウシだけの地名はない。 共 に【ウの発音は生産する】の意味だとすれば、【マの発音は銅・金属。シの発音は「シトリ」「シオ(当地に塩木・塩谷の地名)」のシで銅・属の意味】  牛神様は最初(昔)は金属冶金の神様だったか。
緯度(数値) : 35゚ 1206.8 [DMS]  経度(数値) : 134゚ 1540.1 [DMS]
イメージ 6

「石積み遺跡」(塩谷)   方形階段式石積みだが、ヒンドゥー教的石積み。ハタ氏か。
イメージ 7

見つけました、日本廻国供養塔、石積遺跡のすぐ前に埋もれる形で
緯度(数値) : 35゚ 836.4 [DMS]  経度(数値) : 134゚ 1517.2 [DMS]
イメージ 8

「カゴノキ」(逸谷)    とくに(戸国)神社境内に。 樹齢650年。 樹高24㍍。幹廻り地際7㍍。 鹿子の木。 モチの木とも云うか。(全国一を誇る愛知県のクロガネモチの目通5,4㍍を上回る珍木。  日本一!)
緯度(数値) : 35゚ 857.5 [DMS]  経度(数値) : 134゚ 1649.4 [DMS]
イメージ 9

「蔵宝寺」(東谷上)    瑞応山宝珠院蔵宝寺  高野山真言宗  本尊・虚空蔵菩  薩。 文禄4年(1595)創建。    コウヤマキ 樹齢400年。 樹高25㍍。 目通3,5㍍。
緯度(数値) : 35゚ 743.6 [DMS]  経度(数値) : 134゚ 1704.9 [DMS]
イメージ 10

高野槙は既に枯れてありませんでしたが珍しいものの写真撮影をさせて戴きました
イメージ 11

イメージ 12








































この記事に

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事