ここから本文です
情けないシングルファザーSEIのブログ
娘の2度目の闘病生活の始まり

少しだけ古いお話です。

 

平成24年8月9日(木)、娘は当時、中学二年生でした。

それほど大きなケガや病気もせずに勉強や部活の日々を頑張りながら、楽しく友達と学生生活を過ごす、どこにでもいる中学生でした。その日もいつものように、部活動の練習を頑張っていました。

 

当時は一部練習は中学校の体育館で行われ、二部練習については場所を変え、別の体育館で行っていました。そして、一部練習を終え、一旦、自宅に戻り、再度、二部練習が行われる体育館へ私が車で送る前に、娘がいつもより怠そうに見えたため、話を聞くと少し前より、「左耳下のリンパに腫れがあることに気付き、疲れが取れにくくなっている」とのことで、本人は新人戦に向けて、練習へ行くと言いましたが、その日の二部練習は行かせませんでした。

以前より疲れがあるときには、左耳下のリンパが腫れていましたが、病院へ行き安静にしていれば、すぐに腫れはなくなっていたので、この時はあまり心配はしていませんでした。

 

翌日8月10日(金)にかかりつけの病院にて受診。

血液検査の結果、白血球の増加が認められ炎症を抑える薬と痛み止めをもらいましたが、いつもと違い先生からは「1日だけ様子を見て、何も変化が無ければ、次の病院への紹介状を書きますね。」と言われ、嫌な胸騒ぎはしました。

この時点で大病を患っているとは全く思いもせず、「少し入院が必要なのかな?」と思う程度でしたが、不安になったことを覚えています。

 

平成24年8月11日(土)、左耳下の腫れが薬を飲んでも全く変化がなく、血液検査での白血球の値も変わらずに高いままであったため、地元の総合病院への紹介状を頂き、その日のうちに行きました。

とりあえずは即入院をさせられて検査開始です。


この時、まさか「がん」であるとは考えもせず、正確に病名が分かるのはもう少し先のことです。ただ、私の中で何かを感じていたのかは分かりませんが、この入院をきっかけにタバコとお酒をやめました。

この記事に

小さな願い

平成29年7月16日(日)

 

昨日の歯科検診、虫歯はありませんでした。

フッ素塗布するので、数回は病院に行かなければなりませんが、まずは一安心です。

 

今日は、久しぶりに娘と二人で映画を見に行きました。

映画を見た後も、ショッピングに付き合いました。・・・「お財布」としてですが( ̄▽ ̄)

 

それでも構いません。彼女が笑ってますから。

心配事なんて、数えたらきりがないほどありますが、「今」この時間を大切に感じ、少しでも多く笑顔で過ごしてくれることが私の願いです(^^)

この記事に

平成29年7月10日(月)
 
私の娘は、前回の放射線治療により、唾液が出ません。
抜歯もできません。放射線治療の影響で抜歯すると骨が壊死する可能性があるからです。
その為、口腔ケアは人一倍、気にしなければなりません。
気にしなければ、すぐに虫歯になってしまいますので、なりにくくするために加工も行います。
 
いままで、半年に一度は私の古くからの友人というより、幼馴染の歯医者が検診しているのですが、去年の7月から大学受験と入院のため、「歯の検診」をすっかり忘れていました(;一_)
 
なので、今日は仕事帰りに病院に寄り、予約を入れてきました。
 
次は皮膚科に眼科にと、この病気は様々なアフターケアを怠ると大変なことになるので気が抜けません。

この記事に

平成29年7月6日(木)
 
こんな不定期更新になってしまったブログを閲覧していただいている方々へ、本当に有難うございますm(__)m
 
平成24年の娘の闘病時はFBをしていて(現在はアカウントも削除しています)、沢山の方々に応援していただき、寛解となったわけですが、このブログの中でも当時の状況を載せようと思っていたのですが、色々と時間がなく今に至っています。とりあえずは、前の闘病生活もどのようなものであったか知りたい方が増えていけば、おいおい書いていこうと思っています。
 
話は変わって、娘は今日、病院へ行き定期検診。
 
まだ、前回の術後の状態と血液検査とレントゲンだけでしたが、問題はありませんでした(^^)
気になる背中はまた後日調べるとのこと。
 
さて、本人は新たな「夢」に向け、スタート準備をしている状態です。
とにかく、今はよく「笑って」生きています。
 
最近、娘は「普通の人より長く生きれるとは思っていないから、あまり無駄には生きれない。」と平気な顔して言っています(^-^;
オイオイ縁起でもないこと言ってるなぁ〜って思いながらも、まぁ、病気に限らず、事故や事件もいつ起こるのかわからないので、娘が思うように生きれればそれでいいのかもしれません。
 
とりあえず、今後も不定期更新で申し訳ないのですが、ブログは続けていこうとは思っています。あくまで娘が病気に負けずに夢を持ち、一歩ずつ生きている姿が見えるブログにしたいです。

この記事に

「復学」と「目標」

平成29年6月28日(水)

 

左手はまだ重い荷物は持てません。

首もまだあまり回せません。

 

左腕は浮腫んでいます。

肩も以前より首を支える筋肉をいくらか切除している為、負担が多くコリが激しいです。

胸元からは傷跡が見え隠れして、鎖骨や第一肋骨に胸骨が無いので部分的に薄くなっています。

 

とまぁ、以前の後遺症も含めると言えばきりがないので、今の自分を受け入れて大学に行っているようです。

 

ただ、今後の進むべき道が彼女の中で変わりつつあるようです。

 

中学の時にも小児がん治療で長い間入院をして、退院後に少し医療系に将来すすみたいと言っていたのですが、高校生活の3年間で進む方向性が変わってきた為、いまの大学に入学しました。

しかし、今回の入院でまたくすぶっていたものに火が付いたみたいです。

 

とりあえずは、PET検査の背中の集積部分が問題なければ、学校を変えることなどを考えることにしています。

 

娘にとって「小さな生きる目標」として夏休みに自動車免許を取りに行く予定でしたが、うまく体を動かすにはもう少しリハビリが必要なため、免許取得は来年に持ち越しです。それとは別に新たに現れた「目標」が後遺症が残っていようが、前向きに彼女を突き動かしている為、今後の検査結果が問題なければ、娘が望む道へ進む準備が始まりそうです(^^)

 

あと、ヤフーニュース見て思ったのですが、「海老蔵さんのブログ更新しすぎ」みたいなことがアップされていました。悲しみを乗り越える手段は人それぞれです。それは人柄、性格、立場、ストレス耐性の強弱などの色々な要素によって異なりますが、彼にとってはブログも様々なものから乗り越えるためのひとつの手段なのでしょう。できれば、彼や子供たちを直接支えてやることなど出来ないからこそ、そっと温かく見守ることでグリーフケアに繋がるのではないでしょうか。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事