希望の家

「希望の家」現地&国内スタッフによる日々の活動報告

全体表示

[ リスト ]

 5時半の起床から始まる規則正しい生活、それはある面単調な生活でもあります。そのことを気遣い、タッサニーお母さんとスタッフは子供たちの暮らしに「変化や楽しみを」と工夫しています。
 そんなわけで、この春休みは子供たちをメーホンソンで行われる合宿キャンプに連れてくことにしました。このニュースに子供たちは大喜び。
 ミャンマーとの国境に近いメーホンソンまで希望の家から約380Km、曲がりくねった道が続く1日がかりの行程も子供たちには楽しい旅です。
 合宿は山岳民族の伝統文化を学び、自然の中での生活を体験するもので、食用になる野草を教わって採集したり、魚釣りや川遊びなどをしたり…。とった魚や野草などは早速料理。竹に食材を詰めて直火で加熱し、その竹を食器代わりに利用する方法も教わりながら悪縁苦闘。
 子供たちは互いに協力し助け合い、34日の充実した時を過ごしたようです。
イメージ 1
            [グループに分かれての学習からスタート]
イメージ 2
               [何かいるみたいだぞ!]
イメージ 3
        [竹筒に食材を詰めて…おいしいご飯ができるかな?]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事