希望の家

「希望の家」現地&国内スタッフによる日々の活動報告

全体表示

[ リスト ]

8月中旬にジャへ―(8)が腹痛をおこし、病院に連れて行きました。虫垂炎との診断で国立病院を紹介され手術を受けました。
その後の状況について勝山桃子さんからの便りです。
虫垂炎手術の翌日ジャへ―は腹痛を訴え、嘔吐を繰り返し、便もおならも出ず、次第におなかがパンパンに膨れてきました。医師の診察によると、何らかのウイルスに感染したことによる腸不全で、再手術が必要とのこと。すぐに腸の手術を受けました。
その後数日は飲食ができず栄養補給は点滴だけでしたが、水を少しずつ飲めるようになり、ベッドもナースステーション前から離れた場所へ移動しました。そして、しきりにおなかが減ったと言っていましたので回復の証拠だと思います。体重を量ると21.5キロで、見た目にもかなり痩せたようです。
入院してかれこれ2週間になりますが、その間24時間体制で年長の子どもやスタッフが交代で看病をしています。平日の昼間など、どうしても付き添えないときは人を雇って付き添ってもらっています。ジャヘーもつらいと思いますが、(タッサニーさんに希望の家に帰りたいと泣いて訴えるそうです)看病する側も相当大変です。チェンライからミーも手伝いに来てくれました。ソムサックやユーピンさん、ファーサイ、オラタイ、ガサロンのセ−ンスックたちが交代で泊まり込んでいます。チュアイおじさんも、往復1時間以上もかかる看病人の送迎を毎日何往復もしています。
病室は大部屋で廊下部分にまでベッドを並べるくらい患者であふれていて、おそらく30人以上はいるかと思います。ベッドと物置の棚だけのスペースで1人当たり2メートル×1.5メートルくらいでしょうか。看病人は日中椅子に腰掛けてずっとジャヘーの側につき、夜はベッドサイドで座ったまま眠るか待合のソファの上で仮眠している状況で、みんなで協力して本当によく頑張っています。ジャヘーが良くなって早く退院できるといいですね。」

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

コメントしても良いですか?(*^_^*)
古い記事からいくつか読ませていただきました♪
これから自分のブログ更新の時の参考にします♪
私も更新頑張りますのでお互いに相互で仲良くなれれば嬉しいです(*^_^*) 削除

2015/4/23(木) 午後 10:02 [ ゆうこ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事