希望の家

「希望の家」現地&国内スタッフによる日々の活動報告

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ヤシの木

イメージ 1かれこれ17年ほど子供たちと共に成長してきたヤシの木。みんなに甘い果汁や果肉を提供してきました。10年ほど前までは簡単に実が採れたのに今では高くなりすぎました。
この春に大学を卒業したパプは、このヤシの実採取りの名人でしたが、現在、登って実を取ることのできる子供はチャワリットだけです。
固くて重いヤシの実は落下すると大変危険で、物干し場のトタン屋根が時々被害にあっています。若いヤシの木が育ってきたので、近くにあった一本を伐採しました。そして、次はこの木の番のようです。

この記事に

開く コメント(0)

ニシキヘビ


イメージ 1 雨期に入る前の水田には大きなひび割れができていました。みんなで稲刈りを始めたところ、稲株の間で長さ3メートルほどの巨大なニシキヘビが見つかり子供たちは大騒ぎ。
 手伝いに来ていた体力のあるパプが尻尾をつかんで駆除しようとしましたが大蛇の力はものすごく、ついにはヤブの中に逃げ込まれてしまいました。
 「こーんなに大きかったんだよ!」とワタンユ。そ、それはちょっと大きすぎでは? 今年の田植えはこれからです。

この記事に

開く コメント(0)

子供たちのアルバイト





希望の家に関わってくださっているシンガポール人女性ジェンさんからのお便りです。
【子供たちは3月中旬から5月までの長い夏休みに入りました。ある子は故郷の村や家に帰り、帰ることのできない子は希望の家で有意義に過ごすようにしています。中・高生10人ほどが知人のところで掃除や庭の手入れなどのアルバイトをしています。そこでは日常的に英語でコミュニケーションをとらなければならないので英会話の能力を高めてくれるでしょうし、お金はしっかり働かなければ手に入らないということも学ぶでしょう。それは貴重な経験の場になっていると思います。子供たちに神様のご加護がありますように。】

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

子供たちが学校から帰ってきました。小型のトラックですが20人ほど乗ることができます。スタッフのチュアイ、ソムサック、クッケンさんの3人が手分けしてドライバーを務めています。みんなとても優しく、もちろん安全運転第一なので、子供たちも安心して通学しています。
最初に下りてきたのは小学校3年生のエカチャイ(中央)です。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)



この記事に

開く コメント(0)

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事