ここから本文です
Kicks82のプロ野球トレカルーム
日本のプロ野球トレカが大好きな韓国人のkicks82です。主に韓国人選手を集めています。宜しくお願いします。

書庫マイコレ

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

イメージ 1

こんばんは。kicks82です。

今週を振り返ってみて一番記憶に残る選手は
やはり「岡本和真」選手ですね。

チームとは関係なくプロ野球ファンにとってこんなにドラマチックなシーンを生で見られたのは幸せなことだと思います。

22歳の歴代最年少 3割30本100打点。

これはすごい。
ドラマチックな展開だったのでより印象に残る。
そして読売の4番という見えないプレッシャーを乗り越えて結果を出すという
その意識や精神力は素晴らしいと思いました。

将来に韓国代表チームとの試合でたくさん会えたらいいですね!
クライマックスシリーズでの活躍にも期待してみたいと思います!


イメージ 1
こんにちは。kicks82です。
今月に入ってからの2回目の大阪出張が終わり東京に戻りました。

今日は、最近手に入れた
2000年代にコナミ社からサービスされた野球ゲーム「プライムナイン(PRIME NINE)」からの李承(イ・スンヨプ)選手の限定シリアルカード3種をご紹介します。

「フィールドオブナイン」に続いてサービスされたと聴きましたが、
わりと人気はフィールドオブナインの方が高かったみたいですね^^;
でもカードコレクターにおいてはデザイン含めて色々と魅力あるゲームカードではないかなと思います。
当時のゲームカードには珍しく直筆サインや限定シリアルカード、そして景品としてパッチやバットなどのプレートが渡されたとのことからみるとまさに当時のゲームカードの枠を超えたことじゃないでしょうか!(笑)

もしかして、あの時期に活動してたイスンヨプ選手やクデソン選手のカードの違うレアカードも発見出来るかもしれないですね。

チェックリストの情報がないのが残念ですが、
こんな「魅力」あるカードもこれから注目してみたいと思います!


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


イメージ 1

こんにちは。kicks82です。
お盆休みの連休は如何ですか。
せっかくの休みですので、久々にカードを整理してみようと思って開けたボックスから見つけた読売ジャイアンツ 2012年 球団配布カードの坂本勇人選手の直筆サインカードです。

2012年の宮崎キャンプでのイベントで当選させた方にプレゼントされたカードだそうですが、今までの疑問に思ってるところが1つありまして…
恥ずかしく思いながらも自分のブログを通じて質問させて頂きます(笑)

以下の写真をよくみると何かの刻印が押されているのが分かりますが、
最初はどんな文字なのか自分も知らなかったですが、後日この刻印が「Giants Special Ediion」ということが分かりました。
通常のカードとは別で何かの企画で作られたと思いますが

しかし、ネットや色んなところで探してみても、通常の金箔文字Verは見つけたのですが、色が塗っていないただの刻印Verはどこでも見かけたことがなくて…
(私の薄い知識と検索力の足りなさかもしれませんが…)

もし、このカードに関して情報を持っていらっしゃる方はコメントをお願いいたします。

「マイコレ」に更新したのに、質問コーナーになってしまいましたね。
失礼しました…(笑)

イメージ 2

イメージ 3
参考画像


イメージ 1
こんにちは。kicks82です。
今日は待ちに待ったものが韓国から送られてきましたので
皆さんにご紹介いたします。

以前、このブログでも少し紹介したことがありましたが、
韓国のフィギュア専門制作会社の
GRAYPOINT社が150個限定で制作した大谷翔平選手のフィギュアが
予約期間を経てついに配送作業を開始!今日、受け取ることが出来ました。

予約する際に海外配送の申し込みが出来なかったので
実家の弟に頼んで代理で購入してもらい、
それを日本に送ってもらう方法で受け取りましたので、
実際には1週間ぐらい遅れて実物をみることになりましたね。

普段、日本人選手が韓国でフィギュアで制作されることは珍しいと思うかもしれませんが、
大谷選手はアメリカはもちろん韓国でも大きな人気と注目を浴びてい選手ですので
このような企画が出来たかなと思います。
特に、このGRAYPOINTという会社は主にプロ野球選手のフィギュアを専門で作っているので、野球ファンにおいてはありがたい限りです。

それでは事前説明はこのぐらいにして…
さっそく、写真でご紹介します。


イメージ 2
ボックスです。
【MLB PLAYER SERIES LIMITED EDITION SHOHEI OHTANI】
今まで、リュウヒョンジン(LA)、オスンファン(STL)
チュシンス(TAX)、クレイトンカーショー(LA)選手が制作されました。


イメージ 3
イメージ 4
MLB公式ライセンス認定書もちゃんとあります。
シリアルナンバーは 24/150ですね。 
因みに、大谷翔平選手のサインは印刷です。


イメージ 5
3重のスポンジがフィギュア全体を囲まれているので
安全で丈夫な感じがしました。
フィギュアはレジン素材で大きさは35cm×30cm位ですね。


イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12


最後に、よく使うアプリ「SNOW」で
大谷選手の可愛い顔で〆たいと思います。
イメージ 13

イメージ 1

昨日、KIAタイガーズの林昌勇選手が
11年ぶりに先発として勝利を挙げました。
2007年以来、ずっとクローザーとして活躍してきた彼だったので、
今回の登板は韓国で大きな話題になりましたね。

チームの投手陣が崩れており、キムギテ監督が最後のカードとして取り出したのがこのカードでした。
考え方によっては無理な注文という周りの意見もありましたが、
本人はそれとは関係なくやる気満々だったそうですね。

22年間のプロ選手としてのキャリアの中で
ヤクルト時代の彼を覚えている方も多いと思いますが
野球に対するその熱い気持ちと逃げない勝負精神は昔と相変わらずですね。

野球以外のことでトラブルもあり、
批判も受けた時期もありましたが、
プロの後輩に恥ずかしくないベテランの姿をこれからもずっと見せてもらいたいですね。


全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事