ワインバイヤーからのメッセージ

ワインの現場から、今をお伝えします。

全体表示

[ リスト ]

フランスでは既に白ワインより多く消費されているロゼ。日本でも最近、やっと長らくの低迷を抜け出しそうな気配を感じますが、まだまだワイン消費の主力となっていないようです。
2030年前に薄甘いロゼワインが大々的に販売されてその後遺症としてロゼワインは甘い、初心者向けワインのイメージが付いて本格的にワインが売れ出して以降は販売側、消費者両方から見向きのされなくなった、赤でも白でもない中途半端な位置付けのワインとの認識で一致してきたように思います。シャンパーニュを除いてロゼの需要はほとんどない様な状況が続いています。
そんな中、ロゼワインを桜のシーズンに合わせてプロモーションをしようと多くのインポーターが仕掛けてきました。しかしながら殆どが期待した結果を出せずに終わっていました。
多分、かなりの方からお叱りを受けると思いますが敢えて言わせていただければ、桜のシーズンにロゼワイン、イメージ先行でプロモーションしたことが間違っていたように思います。
フランスでの飲まれ方がそのまま日本に全て当てはまるとは思いませんが、現地ではロゼワインは夏のワインと言っても過言ではない飲み方がされています。暑い時期によく冷やしたロゼワインを夏の食卓で飲む風景が最近の主流のドライなロゼワインにピッタリ来ます。温かくなったとは言え花冷えの3月下旬から4月初旬にロゼワインは冷たすぎる様に思います。白や泡より冷たさを感じさせると私は思います。
お料理との相性は真に全方位的、冷やして心地よく、僅かなタンニンが余分な油分を洗い流してくれます。これからの季節にまことにピッタリのロゼワイン、暑い日本でこそガンガン消費されるべきワインです。
 
そんな季節に向けて、ポルトガル・ダン地方の友人、ルイス・ローレンソさんからロゼワインの新商品2点がリリースされました。キンタ・ド・コーレイヨのロゼとキンタ・ダス・マイアスのロゼ(オーガニック)の2品目です。最高のコスパのコーレイヨと爽やかなマイアスのロゼ、いずれも日本の暑い夏に飲むワインとして楽しみな2本です。67月には販売を開始の予定、皆様、お楽しみに!
 
イメージ 1

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事