がちょん神社

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

津森神社の夜泣き貝

津森神社の夜泣き貝

イメージ 1

熊本空港からほど近い熊本県上益城郡益城町。

津森神社の樹齢500年の大いちょうには、夜泣き貝という貝がいる。

夜泣き貝と言っても貝が泣くのではない。

陸生のカタツムリの仲間、キュウシュウナミコギセルと言う巻貝である。

この貝を子供の枕の下に入れておくと、夜泣きが治まる、という言い伝えがあるそうだ。

樹木に貝が居ること自体、ちょっと驚くが、それを枕の下に入れるとは、

先人たちの知恵であろうか。

ちなみに、夜泣きが治まったら、貝は、いちょうの樹に戻しておくのだそうである。

イメージ 2

画像は熊本県HPから借用しました。
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_7960.html

熊本に行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみて欲しい神社です。

津森神宮オフィシャルサイト
http://homepage2.nifty.com/tsumori-jingu/page.html

<きっちょむ>
イメージ 3
伊勢山皇大神宮と横浜弁天

http://www.geocities.jp/satonaka3920/Flash/2012_01/marlb01.swf
こんばんは。きっちょむです。

ぶらり途中下車の旅、今日はこんなところにやってきました。

伊勢山皇大神宮

イメージ 1

伊勢山皇大神宮(いせやまこうだいじんぐう)は、横浜市西区にある神社である。 天照皇大神を祭神とする。 旧社格は県社。 横浜の総鎮守とされ、「関東のお伊勢さん」として知られている。

伊勢山皇大神宮と言えば、横浜市民は七五三で有名ですね。

京急の日ノ出町駅、またはJR桜木町駅から野毛の山を登って徒歩約10分です。

イメージ 2

こんな可愛いおみくじを引いてきました。

結果は、もちろん!大吉。。。。と言いたいところですが、「吉」でした♪o(*^▽^*)o~♪

銭亀が可愛いですね。

「伊勢山皇大神宮」公式HPはこちら
http://www.iseyama.jp/

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_29935379_9?1315749081

横浜弁天(厳島神社)

イメージ 3

厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、横浜市中区にある神社である。 横浜村の鎮守で、宗像三女神(市杵島姫尊、多紀理姫尊、多岐都姫尊)を祭神とする。また境内には瓢箪池があり、清水が湧き出たため「清水弁天」とも、また所在地から「横浜弁天」とも呼ばれた。

さて、野毛の山から次は関内方面へ。

途中にあるのが、横浜弁天です。

あんまり知られていませんが、境内には泉もあり、お金を洗うことが出来ます。

そう、ここは横浜の「銭洗い弁天」なんですよ。


ご利益があるといいですね♪o(*^▽^*)o~♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_32916627_24?1314276360

おまけ

イメージ 5

ライン制作
素材屋 「窓」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_33420808_10?1329313224

<きっちょむ>
イメージ 6

開く トラックバック(3)

良くわかる神社地鎮祭

良くわかる神社地鎮祭

http://www.geocities.jp/satonaka3920/Flash/2012_01/marlb01.swf
こんばんは。きっちょむです。

神社とは縁遠い。。。と思っている方も多いかと思いますが、

室は日々の生活の中で、意外に神社にお世話になっていたりします。

たとえば結婚式、子供が生まれた時、家を建てる時、七五三、交通安全、などなど。。。

今日はその中で、「地鎮祭」について紹介したいと思います。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_29935379_11?1315749081

イメージ 1

地鎮祭(じちんさい・とこ しずめ の まつり)は、家の新築工事や、土木工事などにとりかかる際、大地主神様(おおとこぬしのかみ)”と、地元の氏神様の大神様をおまつりして、神様の御恵を頂き土地の平安堅固と工事の安全を祈願する祭儀を「地鎮祭(じちんさい)」といいます。地鎮祭は建主が中心となって執り行う祭儀で、大安などの吉日に行われます。かならず工事関係者も参列し、建主とともに工事が無事に進むことをお祈りします。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_18936997_13?1304011881

イメージ 2

神座です。

神様の降りてくる場所ですから、いわば臨時の神社とも言えますね。

1 神座の四隅に斎竹(イミダケ)を立ててしめ縄をめぐらし紙垂を下げます。  
2 神饌(シンセン):米、塩、山の幸・海の幸・畑の幸(それぞれ3種類位づつ)と神酒を飾ります。  
3 四方祓い(シホウハライ):お神酒、米、塩、白紙敷地の中央と四隅にまきます。  
4 鍬入れ:設計者が鎌(カマ)、施主が鍬(クワ)、施工者が鋤(スキ)の順で盛砂を三度作業する仕草を行います。  
5 鎮物(シズメモノ):神主より建物の基礎工事の時に建物のほぼ中央に埋めて下さいと鎮物が渡されます。 

土地の神に敬意を払い、使用の許しを得て、工事の安全と、

生活の平安を祈願するという祭りの意味は、まさに日本人の

生活習慣における伝統や信仰に基づいたものといえます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_32988731_4?1331825885

工事の安全を願いましょうv( ̄∇ ̄)v

参考資料

神社本庁HP
http://www.jinjahoncho.or.jp/iroha/matsuri/index.html
東京都神社庁
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/jichinsai/index.html


記事・ライン制作
素材屋 「窓」

<きっちょむ>
イメージ 3
水天宮とフレンチランチ、ハウマッち?♪o(*^▽^*)o~♪

http://www.geocities.jp/satonaka3920/Flash/2012_01/marlb01.swf
こんばんは。きっちょむです。

ぶらり途中下車の旅、今日は東京の下町、水天宮にやってきました。

水天宮と言えば、安産の祈願で有名ですよね。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_33160336_5?1320498049

イメージ 1

水天宮(すいてんぐう)は、東京都中央区日本橋蛎殻町にある神社である。福岡県・久留米市にある久留米水天宮の分社で、祭神は久留米水天宮と同じ天御中主神・安徳天皇・高倉平中宮(建礼門院、平徳子)・二位の尼(平時子)である。江戸時代より安産・子授けの神として人々から厚い信仰を集める。妊婦や子供を授かりたい夫婦あるいは無事出産できた夫婦などが、安産や子授かりの願掛けやお礼参りなどで人並みが途絶えることがない。

ちょうど戌の日とあって、たくさんの人出ですヾ(≧▽≦)ノ

入口の階段下から並んでました。

イメージ 2

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_25714370_22?1316140135

無事にお参りも済んで、お腹がすいたので近くのレストランへ。

イメージ 3

「バルケッタ」というイタリアンバールに行ってみました。
http://www.enjoytokyo.jp/gourmet/spot/g_a158404/

ん?水天宮にイタリアンは似合わないって?♪o(*^▽^*)o~♪

イメージ 4

仔牛モモ肉の香草パン粉焼き(スープ&サラダ付き)のランチを頂きました。

う〜〜ん。これは美味しいです( ̄¬ ̄) ジュル・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_20307852_13?1233488944

さて、この、「仔牛モモ肉の香草パン粉焼きランチ」、お値段はいくらでしょう?

今日も3拓です。

 錚牽毅亜

◆錚,050

¥1,260

「バルケッタのイタリアンランチ」、ハウマッち?v( ̄∇ ̄)v

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_25714370_19?1316140135

今日の答えはこちらです。

この下を左クリックしたままマウスでなぞってね!

正解は 錚牽毅阿任

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_29935379_9?1315749081

おまけの桜です♪o(*^▽^*)o~♪

イメージ 5

記事・ライン制作
素材屋 「窓」

<きっちょむ>
イメージ 6
よくわかる神社┸声劼箸寺はどう違うの?

こんばんは!きっちょむです!

今日は台風並みの暴風雨で、早めに帰宅しましたヾ(≧▽≦)ノ

みなさんのところは大丈夫でしょうか。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_24196543_1?1233915470

「良くわかる神社」シリーズ、今回が8回目となりました。

ちょっと間が空いてしまったので、今回は「神社」と「お寺」はどう違うのか?

おさらいしてみたいと思います。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_29935379_9?1315749081

都会の真ん中や、町はずれにポツンと、神社の祠(ほこら)だけあるのを見たことはありませんか?

いったいこんなところになぜ神社があるのか?誰がお参りするのか?不思議ですよね。

一方、「お寺」は、基本的に僧侶・住職が居て、ご本尊があります。

ここが、「神社」と「お寺」の違いなんですね。

詳しく解説していきましょう。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_32185229_11?1293612998

良くわかる神社で解説したように、神様は普段は別の場所にいて、

用事があるときに、ご神体に宿ります。その神さまをお祀りする場所が神社の始まりです。

神社では、神様にお願い事をしたり、神様の怒りを鎮めるためのお祭りをします。

その主役は神であり、祭事をとりおこなうのは、一般の村人です。

つまり、神社は「神様」のための場所であり、神主には特別な修行は不要で、

作法さえ守れば、誰でもその神主や祭主を務めることが可能です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_29935379_9?1266153387

お寺はそうではありません。修行を積んだ僧侶・住職が必ずいます。

祭事をとりおこなうのも特別な修行を積んだ僧侶たちです。

すなわち、お寺は修行の場であり、僧侶のための場所なんですね。

また、江戸時代の寺子屋に代表されるように、お寺は戸籍や住民の管理、

教育を行う行政機関でもありました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f6/b7/satonaka3920/folder/894191/img_894191_32185229_7?1293521559

まとめます。

神社は、「神様のための場所」です。祭りを執り行う神主は必ずしもプロでなくても構いません。(注1)

お寺は、プロの僧侶が運営する「修行の場」です。

なんとなくわかっていただけましたでしょうか。

次回もおたのしみにね♪o(*^▽^*)o~♪

参考資料
神社と神道: http://jinja.jp/
東京都神社庁: http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/index.html

※注1)神社庁で管理している神社にいる神主さんは、「神職」の資格を持ったプロです。

※この記事はいろいろな情報をもとにきっちょむが独自に書いています。
内容の真偽については、保証されるものではありません。

<きっちょむ>
イメージ 1

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事