サイクロン7の眠れぬ夜に読む日記

私サイクロン7の日記です。とりあえず、日が空き過ぎないように更新予定。

二年生→勧誘→疲労困憊。

春休みの怒涛の部活ラッシュは終わり、私は無事二年生に進級することが出来た。
しかし、そんな私に待っていたのは、新入生の部活勧誘という、すさまじく面倒な活動だった。
医学部に入る人間は、大体は部活に入ってシンドイことをしたいなどと思わないだろう。
事実、私も入学当初はそう考えていた。
だから、私が所属するラグビー部に入ろうなどという酔狂な考えを最初から持つ者など、皆無に等しい。
さらに、ラグビーはタックルしたり、人がぶつかり合ったりする競技なので、ケガしたくない人からは敬遠されている。
このような先入観を打ち破って、新入生を勧誘しなくてはならないのだ。
サッカー部やテニス部のように、黙っていても二、三人は入るような部活とは違うのだ。
私は勧誘期間中の二週間、のどの調子がおかしくなるほどに頑張って新入生と仲良くなり、ラグビー部のすばらしさ(笑)を説いた。
 
しかし、その結果は惨敗に終わった。
今年は今までの年の中で一番ひどい、たった一人が入部して終わってしまった。
ラグビーは十五人で行うスポーツなので、夏に六年生の方が引退すると、部員がわず.か十人となる。
つまり、試合を行うことが出来なくなるのである。
……ともかく、もうやれるだけのことは終わった。
今は、五月半ばに行われる大会の初戦に勝つことだけを考えるしかない。
 

.


みんなの更新記事