Orange*Drop〜ボードゲーム振興会〜

ボードゲーム会の開催・記録やゲーム紹介など。目標はボドゲカフェ開業!

全体表示

[ リスト ]

2013.11.30 光が丘地区区民館にて開催しました。
今回は初めて4卓立つほどの満員御礼!
初参加していただいた方も8名とこちらも最高記録となりました。
参加を希望してくれた数名をお断りしてしまう、何とも申し訳ない会でした。
 
私たちの運営システムだと、やはり多くて4卓が限界のようです。
ですが、少人数だからこそ出来る会になればと思っています。
 
では、今回プレイしたゲームの紹介と感想です。
主催が参加しなかったゲームはさらっと流させていただきます。
 
 
・君はロボット
前回に続き、ウォーミングアップに軽く。
経験者のほうが若干有利だったかな?
そろそろ高難易度のポーズも決めたいです。(ちゃめこ)
・テレストレーション
ゲームマーケットで買って以来、すっかり定番となりつつあるテレスト。
お絵かきしての伝言ゲームですが、やっぱり絵が下手な人もいた方が
このゲームは盛り上がります。そう、盛り上げたんですよ、自分は。
そういうことにしておこう。(てるてる)
 
・コロレットイメージ 1
カラフルなカメレオンを適度に集めて見せびらかすゲーム。
前日に開封したのは内緒w
自分に有利で、かつ相手に不利な配置にしないと
おいしくいただかれてしまうし、相手ばかり見ていると
自分の手は伸びないし…ジレンマですねぇ。
難易度が二段階あって、個人的には銀(玄人向けのほう)が
好みでした。(ちゃめこ)
 
・ごきぶりサラダ
カードに書いてある野菜(かゴキブリ)を言うだけなのに
混乱してベーコンとかキャベツとかいっちゃうゲーム。
友人Yが頑張ってインストしてた。がんばれ。超がんばれ。
 
・二十世紀イメージ 2
Orange drop一押しのゲームとして細々と布教している重ゲー。
今回試験的に重ゲーを立てに行ったのですが、
まだ考えどころはありそうです。やり方とか、タイミングとかの面で。
ゲーム自体は大変盛り上がっていました。土地タイルの競りからの
環境破壊に対する技術力の競りでみんなの悲鳴が聞こえるたびに
盛り上がりを感じて出してよかったと思いました。(てるてる)
 
 
・かれいどイメージ 3
綺麗な万華鏡を作って殿様に魅せるゲーム。
前回は写真を撮り忘れたのでうまく説明できませんでしたが…
見てくださいコレ。本当に万華鏡みたいでしょ?
六角形の6マスが埋まるとくるくる回るんですよ!!
読みがずれて臨機応変に対処しなくてはいけないあたり、
シンプルなルールなのによくできたゲームだと思います。(ちゃめこ)
 
 
・いるのは俺たちチキンだけ(持込その1/主催不在)
 
・アルパカバーガー(持込その2/主催不在)
 
・オトーリバースイメージ 4
OKINAWAで流行りの「オトーリ」スタイルでガンガン飲もうぜ!
チャンポンもするしアルハラだってしちゃうぜうぇーい!
…え?スピリタス?飲めないけど^^^^余裕でリバるわーwww
 
↑本当にこんな感じのゲームです(笑)
ノリゲーかつ考える要素もあってステキ!(ちゃめこ)
・ジャスト イン タイム(持込その3/主催不在)
 
・ダンジョンオブマンダム(持込その4)
いかに軽装でダンジョンに潜れるか競うチキンゲー。
インスト間違えてすみませんでしたorz
所持ゲーじゃないときはちゃんと読みます…。(ちゃめこ)
 
・ロストレガシー
他の卓が終わりのを待つ時間に少し。
こういう短いゲームもゲーム会では重宝します。
ゲーム自体もラブレターをもとにした単純で奥深い読みゲーで、
手堅く面白いいいゲームだなーと思いました。(てるてる)
 
・テレストレーション(2回目)
先程とは別の面子でもう1ゲーム。
絵がうまいだけだと成功しないのがこのゲームのいいところ。
2戦ともに写真を撮り逃したのが悔やまれる。(ちゃめこ)
 
・春夏冬仲
他の卓の終わり待ちその2。
実は今回初プレイでした。ちょっとインストが手間取ってしまって申し訳なかったです。
イメージとしては花火を対戦ゲームとしてやるとこんな感じ、という印象です。
他の人の手札を読みつつ、場にある一枚だけ伏せられたカードを当てるゲームです。
1ゲームが短いですが、簡単に思考が一周してしまいます。(てるてる)
 
・ウィザード(持込その5)
毎回お借りしているのでいい加減持ってくるべきなトリテ。
見習い魔道士が予言の特訓をして、何回トリックを
とれるか当てるゲーム。
ただとればいいってもんじゃない。予言数のトリックを
先にとってしまうと押しつけられたり、予定していないところで
勝ってしまったりする。
何故か無敗なんだよね、コレ。不思議。(ちゃめこ)
 
・キルドクターラッキーイメージ 5
実は初プレイ。タイトル通りラッキー博士の暗殺を目指すゲーム。
みんな暗殺を狙っているのに、他の人が暗殺しようとすると
みんなで失敗させに行くというちょっと風変わりな?ゲームです。
手番が常に順番に回るわけではないので手番の動き方を計算しながら、
他の人の立ち回りに気を配らなきゃいけないので結構大変でした。
拡張もあるので今度は拡張入りで!(てるてる)
 
・カール大帝(持込その6/主催不在)
 
・ブルゴーニュの城(持込その7/主催不在)
 
・PALA(持込その8/主催不在)
 
・ジキルとハイド(持込その9)
トリテだけどチーム戦で、相手に手札を出させる不思議なルール。
コツをつかむまでは運要素が高く感じました。
一言で「トリックテイキング」といっても
奥が深いんだなぁと。(ちゃめこ)
 
・アムステルダムの運河イメージ 6
出たタイミングを考えるとナゲッツをイメージしますが、全く別のゲームでした。
どっちも陣取りなんですが、こちらの方が囲碁に近いイメージを受けました。
取った陣地の広さもそのまま得点になるところがミソで、
それにより重視する点が人によって異なるため読みあいがまた別の雰囲気と
なっていたように思います。(てるてる)
 
・カタルヘナ(持込その10/主催不在)
 
・ヤジルスイメージ 7(持込その11)
矢印の書いてあるカードの両端を繋いで、まるで
蛇みたいにうねうねさせるアナログ感溢れるゲーム。
写真のはまだ平和なほうで、2戦目は机のすれすれを
通ったり、障害物(携帯とかデジカメとか)のまわりを
1周したりと激戦でした。これ欲しい!(ちゃめこ)
 
・街コロ(持込その12/主催不在)
 
・つぎはぎ川柳
会のシメにやることが多い紙ペンゲームの1つ。
各々が上の5句、中の7句、下の5句を書いてランダムに
繋げるというもの。
その日にやったボドゲの名前や人名、「腹減った」など
単体では普通なのに、変に繋がるから面白くなるんですよね。(ちゃめこ)
 
 
ボドゲは1人でも楽しめるけど、全員が楽しんでプレイできたときのほうが
何倍も楽しいし、嬉しい。
難しいゲームで知恵熱を出すのも悪くないけど、
「ボードゲーム」の世界に入って間もない頃に感じたワクワク・ドキドキ感を
ずっと大事にしていけたらいいなと思います。
 
今年春からブログを始め、TwitterやTwiplaを利用するようになり、
たくさん新しい繋がりが出来ました。
 
「ちょっと1ゲーム一緒にやっただけ」でも友達になれるのがボドゲだと思っています。
来年の定例会でも、たくさん友達が増えますように。
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事