キハ110のフリーきっぷ展示室

鉄道等の交通機関で全線(又は指定区間)自由に乗り降りできるフリーきっぷ(「1日乗車券」等とも)を御紹介。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 
以前お話しした富山地方鉄道の「全線2日フリー乗車券」の現行バージョンです。以前と異なり二つ折りの形式で、上の画像が表紙兼乗車券部分で、見開きは路線図となっています。
 
消費税が丁度8%に変わった直後であった為、運賃の欄に「運賃変更」のハンコが押してあります。


●富山地方鉄道・全線2日フリー乗車券 

〔発売・利用期間〕

通年
 
〔有効期間〕
表紙に押印された日付までの2日間有効

 
〔有効区間〕

富山地方鉄道
全線(鉄道線・路面電車共に有効)


〔価格〕
4530円
  
〔備考〕
特急列車自由席乗車可能(指定席は料金券が必要)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 前回に引き続き、三陸鉄道全線再開を記念したフリー乗車券をご紹介。
今回は南リアス線の専用フリー乗車券です。
このきっぷは、前回と同じく、運行再開を記念した限定販売品ですが、別途曜日によって異なるフリー乗車券が発売されています。
土休日だと起点から終点までの片道と同額という破格。平日でも往復と同額なので往復+αで元が取れます。


●南リアス線全線運行再開記念フリー乗車券 

〔利用期間〕

平成26年4月6日〜10月31日
 
〔有効期間〕
指定した一日限り

 
〔有効区間〕

三陸鉄道南リアス線全線(北リアス線は不可)

〔価格〕
1000円

 
〔備考〕
発売数2000枚限定

今回も裏面をご紹介。初回乗車時に日付記入を受け、その後旅行終了まで日付面を提示してください。

イメージ 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 三陸鉄道は、震災の被害を受け、一部不通となっていました。
しかし、4月6日を持って、北リアス線・南リアス線全線が運行を再開しました。
今回は、それを記念したフリー乗車券をご紹介。
このきっぷは、運行再開を記念した限定販売品ですが、別途曜日によって異なるフリー乗車券が発売されます。


●北リアス線全線運行再開記念フリー乗車券 

〔利用期間〕

平成26年4月6日〜10月31日
 
〔有効期間〕
指定した一日限り

 
〔有効区間〕

三陸鉄道北リアス線全線(南リアス線は不可)

〔価格〕
1800円

 
〔備考〕
発売数2200枚限定

ちなみに、裏面もご紹介。初回乗車時に日付記入を受け、その後旅行終了まで日付面を提示してください。
 
イメージ 2


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

また間隔が空いてしまいました。
今回は、静岡鉄道の電車とバス(静鉄電車と「しずてつジャストライン(株)」のバス)が一日乗り降り自由のきっぷです。
 
特に、静鉄電車は一日乗車券の通年発売がない事、しずてつジャストラインのバスは対距離運賃制で結構かかることもあり、価格は少々お高めですがうまく使いこなすとお得です。
 
また、利用日の3か月前に購入することが可能です。発売所で申し出てください(但し、一度購入したきっぷは払い戻しできません)。
 
但し、バスの一部区間が利用不可であること(発売所で利用可能区間が分かる案内書配布)、発売箇所が限られていることなどに注意してください。

ちなみに、電車は自動改札機が利用できないと不便(改札機しかない無人駅多数アリ)なため、電車を利用するときは上に掲載されたきっぷに挟まれた磁気券を利用します。
イメージ 2


静岡鉄道・しずてつジャストライン
電車・バス1日フリー乗車券
 
 
〔利用期間〕
通年
 
〔有効期間〕
指定した一日限り

 
〔有効区間〕

静岡鉄道電車線全線
しずてつジャストライン路線バス全区間(例外あり・案内書とHPに記載)

〔価格〕
1200円

 
〔備考〕
発売箇所は以下の5箇所のみ
●新静岡バス案内所、静岡駅前案内所、清水駅案内所
●新静岡駅、新清水駅

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 大変遅れましたが、明けましておめでとうございます。
本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。

今回は岳南電車の「全線1日フリー乗車券」をご紹介します。
以前「岳南鉄道」時代のきっぷを取り上げましたが、岳南鉄道が鉄道部門を切り離し、「岳南電車」として再スタートを切ったので再登場です。

前回取り上げたときと変わったことが2点あります。
平日用が登場(休日用と比べ300円割高)
●社名変更に伴い地紋を変更(筆者としては味のある地紋と思います)


休日用全線1日フリー乗車券
 
 
〔利用期間〕
土曜日・日曜日・休日のみ
 
〔有効期間〕
発売当日限り

 
〔有効区間〕

岳南電車線全線


〔価格〕
400円

 
〔備考〕
平日用(700円)も発売中


 
 
岳南電車は経営の危機にありますが、会社内の努力を最大限しても到底赤字にある中小私鉄・三セク・大手鉄道のローカル線は少なくありません。
煎餅で収入を増やしても東日本大震災で観光客が減った銚子電気鉄道、好評にも関わらず整備費用が賄えず運行できなくなりかねない中古気動車を持ついすみ鉄道等、余りに厳しい現状です。
鉄道会社は、単なる営利企業ではなく、公共交通機関です。それも運行ルートを無料の公道を使える路線バス会社と異なり、線路や保安機器類の保持費用等も掛かります。
個人的に、国や自治体による積極的な支援をすべきだと考えています(勿論当該企業の自立性が損なわれないようにすべきですが)。
今後も、ローカル線の行方に目が離せません。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事