ここから本文です
TakayamaLine85の鉄ログ
ヤフーブログ終了に伴い、新ブログ立ち上げました!takayamaline85.comで検索!

書庫全体表示

今までずーっと行きたかった場所に行きます!
目指すは扇沢!関電トンネル!

関電トンネルといえば、黒部ダム建設のための工事用トンネルとして着工し、黒部ダム工事のスピードを上げた画期的な工事でした。

以前から興味があって、一度見てみたいと思っていました。
しかも!今年は関電トンネルトロリーバスラストイヤー!
今年でトロリーバスが最後ということで、扇沢に急行!
イメージ 1
高速 扇沢行き 高山濃飛バスセンターにて
高山からは扇沢まで直通の高速バスがあります。
春から秋までの期間限定運行便です♪
イメージ 2
高速 扇沢行き 長野自動車道梓川サービスエリアにて
このバス、高速バスですが、実は高速道路を走行するのは長野道松本ICから安曇野ICの1区間だけ!!( ゚Д゚)
高山を出ると平湯、梓川SA、大町温泉郷、扇沢駅に停まります。
梓川SAは休憩停車です。
安房峠道路は高速道路ではないので、本当に1区間だけです。
マニアックな路線、往路は9人の乗客でした。
イメージ 3
関電トンネルトロリーバス扇沢駅
扇沢駅に到着。
ここから今回のメイン!トロリーバスに乗ります!
記念切符を買って、そのままトロリーバスに乗りますが、改札には長蛇の列( ゚Д゚)!
満員のバスでは行きたくないので、次の便で行くことにします!
その間に…
イメージ 4
関電トロリーバス300型 313 扇沢駅にて
これに会いたかった!!かっこいい!!

ここで、トロリーバスについてご紹介!
バスといっていますが、正式には「無軌条電車」そうなんです!電車なんです!
トロリーバスは屋根上にある集電装置からトロリー電線の電気を取って走っています。
まんま電車です!そして制御装置はVVVFインバータなので、もろ電車の音がします!
これがたまらんのですよね(≧◇≦)
扇沢駅内をウロウロ…
イメージ 5
扇沢駅展示
トロリーバスは今年の運行をもって終了します…
来年からはターミナル駅で蓄電して走る電気バスになるそうです…
烏山線のアキュムみたいな感じですね!
ということで、トロリーバスの記念写真や映画「黒部の太陽」関連の展示などなどがあります。
黒部の太陽は関電トンネルの工事がメインの映画ですので、あっちこっちに石原プロがあります!

ついに乗車の時間となりました!
1本遅らせたことで、改札もさほど混雑せず、1台目の1番前をゲット!
座席は全席自由なので、早いもん勝ちです♪
発車!ちょっと坂を上ると関電トンネルに突入!
イメージ 6
関電トンネル破砕帯 関電トンネルトロリーバス車内にて
しばらくトンネル内を進むと破砕帯に突入!
破砕帯は土砂や岩盤の間に湧水を大量に含んだ地層で、帯のように集中しています。
トンネル内が青くライトアップされている場所で、ものの80メートルの区間でしたが、掘り進めるのに何と7か月!!
トンネル工事において最大の難関で、掘っても掘っても水が出続け、工事はストップ。
トンネル本坑の脇に破砕帯の水を逃がす分坑を掘って水を逃がすことで、工事を再開することができました。

破砕帯を抜けると長野県と富山県の県境を通過!
イメージ 7
関電トンネル貫通点 関電トンネルトロリーバス車内にて
県境を越えると信濃大町側と黒部側から掘っていたトンネルの貫通点が見えてきます。
イメージ 8
関電トンネル交換場所 関電トンネルトロリーバス車内にて
トンネル内は単線で貫通点付近に信号場があります。
ここで、黒部側と扇沢側のバスが行き違います。

行き違いが終わってしばらく走ると…
イメージ 9
関電トンネルトロリーバス黒部ダム駅
黒部ダム駅に到着!
約16分ですが、めっちゃ楽しい!!
次回は黒部ダムへ向かいます!

  • 顔アイコン

    こんちは黒部ダム面白そうですね。トロバスユーチューブで見た事ありますが。不思議な感覚になりますね。バスなのにVF音が聞こえるのは(笑)確か自動放送で黒部ダムの掘削作業の歴史が流れますよね。

    [ 高山のi ]

    2018/6/18(月) 午後 2:22

  • > 高山のiさん
    コメントありがとうございます。
    ホントにその通りですよね!トロバスにはまっちゃいました♪
    車内ではおっしゃる通り、関電トンネルのガイド放送が流れます!
    その様子もダイジェストで動画を作ろうと思います♪

    TakayamaLine85

    2018/6/18(月) 午後 7:37

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事