ここから本文です
TakayamaLine85の鉄ログ
ヤフーブログ終了に伴い、新ブログ立ち上げました!takayamaline85.comで検索!

書庫全体表示

2018年7月西日本豪雨で亡くなられた皆様に心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧を祈っております。

前回は坂上から打保間の被災状況でしたが、今回は焼石から飛騨金山までの間の様子です。

高山本線は現在、飛騨金山から下呂の間と坂上から猪谷までの間が土砂災害により普通となっています。
不通区間は代行バスによる運転が行われております。
これに伴い、特急ワイドビューひだは全区間運休。
特急ワイドビューひだにかかわる乗車券類も発売休止中です…

高山から下呂を通過し、飛騨川に沿って行くと…
イメージ 1
土砂崩れ箇所 下呂ー焼石間にて
森の中で土砂崩れが発生していました。
見にくいですが中央を横切るように高山本線が走っているので、線路に土砂が流れ出たことは確実です…
イメージ 2
中原小学校土砂崩れ 下呂ー焼石間にて
さらに車を走らせ、焼石へ。
ニュースでも報じられた土砂崩れ現場。
パッと見は倒木が多く見えますが、その倒木はすでに除去されて積まれた倒木です。
そして、被災個所を軌陸ウニモグが通過していきました!
ということは、すでに土砂と倒木の除去は完了したということ!驚きの回復力!

中原小学校横で中原トンネルに入る高山本線。
イメージ 3
中原トンネル焼石寄り出口 下呂ー焼石間にて

イメージ 4
中原トンネル焼石寄り出口 下呂ー焼石間にて
焼石寄りの出口も悲惨な状況でした。
被災当時は雨水がたまり、レールは水没。
さらに防草シートを張った場所が土砂崩れになり、完全にレールは見えなかったのですが、きれいにレールが見えるところまで復旧しました!

焼石駅では…
イメージ 5
焼石駅 工事車両拠点
先ほどのウニモグや軌陸ショベルなどが終結してました。

さらに南へ。
イメージ 6
土砂崩れ箇所 焼石ー飛騨金山間にて
風光明媚な中山七里、そして下原ダムへと続く美しい鉄路は一瞬にして土砂の中へ…
この区間は川にぴったり沿って走る場所が多く、幹線道路から機材を搬入するのが難しい箇所が多いですが、すでにどの箇所も重機や復旧資材が搬入されていました。
イメージ 7
土砂崩れ箇所 下原ダムから 焼石ー飛騨金山間にて
下原ダムからも被災箇所がよく分かります。
かなり酷い状態であることもよく分かります…
イメージ 8
土砂崩れ箇所 焼石ー飛騨金山間にて
今回国道41号から確認できるだけでも6か所程度の被災箇所がありました。
JR東海によると焼石から飛騨金山まで18か所もの被災箇所があるとのこと。
どの場所でも懸命な復旧作業が行われています。

帰りに上呂に立ち寄りました。
イメージ 9
上呂駅岐阜方工事制限

イメージ 10
土砂崩れ復旧現場 上呂ー飛騨萩原間にて
こちらは7月6日の台風接近に伴う豪雨で土砂崩れが発生した箇所です。
今時点は工事制限30キロで走行するようにしてあります。
西日本豪雨の真っ最中に復旧工事が行われ、幸い二次被害もなく、無事復旧しました。
これで高山ー下呂間は鉄路がつながりました。
臨時の土砂検知装置が設置され、土砂崩れ自体の復旧工事が続いています。

連日の猛暑…
作業員の皆さんには安全第一で確実に復旧作業にあたっていただきたいですね。
がんばれ!高山本線!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事