てつどう

https://www.flickr.com/photos/26787159@N07/

全体表示

[ リスト ]

【映画】 ゆれる

イメージ 1

GR DIGITAL2 / RICOH
editored with GIMP ver.2.4



西川美和 監督 2006年公開作品


以前から気になっていた作品。ツタヤの100円セールでDVDを借りて鑑賞

香川照之とオダギリジョーの、役者としての「巧さ」に目を惹かれてしまった小生は
いまひとつ、物語の世界に没入できていなかったのかもしれない

「すべてを奪ってきたのは、僕の方だった」・・・で始まる オダギリジョーのモノローグ
形見の古い映写機が映し出す、幼い兄弟が まだひとつだった頃の美しい光景
そして弟の脳裏に甦る、忌まわしい事件の真相(らしきもの)

ひたすら己を殺して、汲々と守ってきた ささやかな暮らしと家業
弟の唐突な法廷証言によって、それすらも奪われてしまった兄が
7年の隔絶を経て見せた、一瞬の微笑・・・あれは何だったのだろう?

弟に対する赦し? 皮肉をこめた怨嗟?
それとも、あらゆる束縛から解放された、心の安寧?

・・・もっとも、その解釈に正解は無くて、観る人次第なのかもしれないけれど



ちなみに、印象的なラストシーンは、勝沼付近の国道20号線で撮られたものと思われます
ぶどう狩りのオフシーズンには、農園の茂みにパトカーが潜んでいることも多いようなので
スピード違反と信号無視には、くれぐれも気を付けて下さい

.

この記事に

閉じる コメント(10)

ラスト、印象的ですね。
真木よう子が好きで見ましたが、独特な佳作でした。

2009/12/16(水) 午前 1:11 赤影 返信する

顔アイコン

キハさん、とってもいい写真ですね。
小津さんの映画の一場面のような感覚になりました。
「ゆれる」と言うタイトルでしたので、あの映画であれば、何を感じられたのだろうと思い、すぐにお訪ねしました。

私も、キハさんと近い感想を持ちました。
主役の二人はとても上手かった・・・加えて真木よう子も。
三人とも申し分なかったと思います。
であれば、問題は脚本にあったのではないかと思いました。

私にも、あの一瞬の微笑の意味が分かりませんでした。
そしてもっと分からなかったのは、何故弟は虚偽の証言をしなければならなかったのかということでした。

2009/12/16(水) 午前 1:39 alf's mom 返信する

顔アイコン

赤影さん> あんなに豊かな余韻を残す微笑は「ガタカ」以来、久しぶりに観た気がします。

2009/12/16(水) 午前 1:56 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

alfmom さん> 自分の卑怯さ・狡さ・弱さ…すべてを見透かしていながら、不気味に何も言わぬ兄を、咄嗟に(塀の向こうへ)突き飛ばしてしまったのかもしれません。

決して分り易い脚本・演出・・・ではなかったことは確かだと思います。そして、十全に理解するためには、繰り返し鑑賞を余儀なくされる性質の作品だと思います。

2009/12/16(水) 午前 1:57 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

前半はオダギリジョー、後半は香川照之が際立っていました。
肝心なラストシーンを含めて、顔(表情)だけで表現できる香川照之は、只者ではないと実感した作品でした。

2009/12/16(水) 午前 3:40 8 1/2 返信する

顔アイコン

お。「ゆれる」
とても気になる映画です。強烈な印象でした。お二人の演技に息を飲みました。
DVDも持っているのですが、なんだか観返せずにいます。曖昧なものはそのままがよいのかも・・・と。でも妙に気になってノベライズを読んでしまいました→読まない方が良かったかも・・・
まとまらないコメで失礼します。

2009/12/16(水) 午後 8:46 [ wft*g3*7 ] 返信する

顔アイコン

気になる映画ではありますが、まだ観ていないです。
観ようと思っていた当時、ちょうど『それでもボクはやってない』を観た直後で、
先に『ゆれる』を観ていた友人から、「法廷モノやで」と言われたので、
法廷モノがカブるものなんだからと、観るのをやめたまま幾年月。

タイトルや雰囲気からは、そんなストーリーになるとは予想しませんでした。

『ディアドクター』ともども、いつか観てみたいと思います。

2009/12/18(金) 午前 8:24 けんいち 返信する

顔アイコン

8 1/2 さん> 「汚れ役」の悲哀を演じることに於いて、香川照之さんの位地はゆるぎない感もありますね。

どんな脚本・名文を以てしても表現できないようなラストでした。

2009/12/20(日) 午後 5:16 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

greenpumpkin さん> 小説版を読めば、気づかなかったところを教えてもらえるかも
という誘惑はあるのですが、文章に表現できない所を表現してこその「映画」
・・・と考えると、小生も二の足を踏んでしまいます。

アドバイスにしたがって、読まない方にします。

2009/12/20(日) 午後 5:19 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

けんいちさん> 話のタネに 機会がございましたら、是非どうぞ。
法廷モノの物語としても、なかなか秀逸かもしれません。
ホンモノには立ち会ったことはないのですが。

2009/12/20(日) 午後 5:20 kiha58_1523 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事