てつどう

https://www.flickr.com/photos/26787159@N07/

sigma DP1s/DP2s

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

auf der Reise nach Prag

イメージ 1

sigma DP2s
Toycamera Standalone XP



ジョセフ・クーデルカの写真展のことは、かねてより気になっていたのだけれど
最終日になっても、いまひとつ、自分の中でふんぎりがつかないでいた

なにしろこの暑さだし
電車賃と入場料がかかるし
最終日の祝日は混み合っているだろうし
それに、大きな展示会場はどうも苦手だし
歴史の勉強と云う意味では、図録をじっくり読んだ方が良さそうだし


けれども、神田淡路町の馴染みのスタバで
ハービー・山口さんの 『雲の上はいつも青空』 を読んでいたら
ふと、次のような一節が目に留まった


自分に投資することはとても大切。それはつまり「旅」をすること
知らない土地に出かけて見聞を広げ、写真を撮ること
人の講演を聴きに行ったり、映画を観ることも、大きく捉えれば「旅」に含まれる
写真展に出かけることも、ひとつの「旅」だよね


この一節に背中を押されて、僕は旅に出ることを決心した
御茶ノ水から恵比寿まで、慣れないJRの電車を乗り継いで190円
途中のコンビニで、昼食に2本のノリ巻きが190円

そして、写真美術館で800円のチケットを買い求め
1968年夏のプラハに思いを馳せる



旅の印象が鮮明なうちに
その記録は書き留めておかなくてはならない
それが昨晩の鑑賞記事
.

das Produzieren

イメージ 1

sigma DP2s


みんな生産、生産ということよく言いますけど
鉄を生産した、石油を生産したいうても
あれは地球の中から出しただけですがな

ですけど、農山林資源はほんとうに作り出すんや。太陽の光合成でね
ひと粒の米から、何十石という米ができるんや

それなのに、日本は工業立国なんていいますが、工業じゃ立国できません
農業立国やないとあきまへん。でないと滅びます

アメリカはそれをよう知っとる
自分の農業を守るためにオレンジ買わし、小麦買わしてる

日本は工業立国で、自動車買うてもらわんといかん言うとるけど
これはどういうことやと思います
日本の血と脂を売ってるようなもんです
自然を忘れて、自然を犠牲にしたらおしまいでっせ

自動車売って儲けた金を、農山林業に還さんと
自然が無くなってしまいます


             西岡常一 『木に学べ』  "1300年のヒノキ" 〜 より



『資本論』 において、カール・マルクスは
労働者の労働力こそが、資本主義社会における剰余価値を産み出し
ひいては利潤をもたらす、その唯一の原動力であると結論づけたけれど

「最後の宮大工」と称された斑鳩の名匠、故 西岡常一氏は
自然の恵みこそが、樹齢1000年のヒノキを育み
ひいては、1000年の風雨に耐える木造建築を成すと説いた

人間社会に豊かさをもたらすものが
必ずしも、科学技術や産業資本とは限らないことを
観念論ではない次元で語ることができる
そういう賢人がこの国にいたことを、いま改めて思う

.

die Abendluft

イメージ 1


sigma DP1s
Toycamera Standalone XP



夕暮れの田んぼを吹き渡る風の心地よさ

.

das Schwein #1

イメージ 1


sigma DP2s
Toycamera Standalone XP



「ひざまずきなさい、この薄汚いブタ野郎 ピシッ!」 ・・・とか

「これ、底の抜けたドンブリに細工しただけじゃね?」 ・・・とか

「飛ばないブタは、ただのブタだ」 ・・・とか


そういう意地悪は、もう言わないから

ことしの夏も、よろしくね

もくもく働いてね


ぶたさん♪

.

wie Wolken

イメージ 1

sigma DP2s with CPL-filter
Toycamera Standalone XP



こういうごく当り障りのないもの
思想性も意味性もないものを
気の向くままに淡々と載せてゆく方が
ブログとしては好まれるのかもしれないし
なにより、本人も楽ができる

けれども、そうやってムードに流され
情緒に身を委ねていった果てに
いまの状況があるのかもしれない

.

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事