全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

あいつが誕生!の話

 相変わらず、昔話の当ブログ。
道内でもまだまだ主力で活躍している車両といえば、キハ40
 
イメージ 1
 
いやあ、汚い字が恥ずかしい。登場は1977(昭和52年)性能は飛躍的にアップ?
 
函館地区は確か1980(昭和55年)と記憶。初めて乗ったときは空気ばねなのか乗降時ユラってした覚えが。
 
 
当初はタブレットキャッチャーと、ドアの窓には破損防止の頑丈な保護枠で、ご存知急行えさし、松前にも活躍はじめるも10月改正であえなく廃止。無用の長物となったわけでした。
 
 
確かに乗り心地はアップしたけど、甲高いエンジン音の割にはたいした加速ではないなあって思ったものでした。
 
 
(その後のエンジン換装車はビックリするほど加速いいですね、ようやく性能は飛躍的にアップですわ)
 
まだまだ、活躍するでしょうね、ていうか函館にはこれしかいません・・・つづく。
イメージ 1
 
 
いきなりですが、5510ダイヤ改正後の記事より。
好評なのは50系客車。キレイで安全、女性に好評だったようです。(同級生も旧客はくさい、なんて
言ってましたからね)
 
現函館貨物ターミナル開業、ここもこの改正からだったんですね。
 
しかし、もう32年も経つとは。信じられません・・・
 北海道新幹線函館開業に向けまさに工事たけなわの道南です。
 
さて、札幌延伸も決まり今後どうなるのか(まだまだ先の話だけど)興味深いわけですが、こんな写真を。
 
イメージ 1
渡島大野駅で行われた起工式です
 
イメージ 2
 
終わってから、中覗かせてもらいました。
 
高橋はるみ知事や国交大臣(北側大臣だったかな?)見ましたねえ。
 
イメージ 3
 
ありゃ、まだ大野町だったんだ。この光景も過去のものに。
 
 
確か、なんか記念品貰った記憶が。ねえ、弁当2つ、どんぶり飯3杯男の
TOさん。
 パソコン、いきなりの不具合で運休してました。飲みすぎでぶっ倒れたか、遂にくたばったかと思われたどんちく父Oです。
 
 さて、そうしているうちに暦は11月、ろくに撮り鉄出来ず過ぎ去ってしまう秋、ようやく少し時間あったので大沼へ。
 
イメージ 1
 
天気が冴えなかったけど色づいてました。
 
 
イメージ 2
急に来たのでボケボケですが40を1枚。
 
イメージ 3
 
それでも、大沼湖畔の木々、色づいてきました。
 
 
ということで、紅葉とどんちく父O、復活の巻でした。

急行に特急型客車!

 今や最後の急行として活躍中の急行はまなす。
座席車はご存知14系客車。生まれは波動用の特急用ですが後に急行に投入され活躍していました。
道内にもニセコをはじめ、夜行急行、宗谷、天北等で活躍、昼行の臨時すずらん(どんちく父O乗りました)
など、その後はまなす、快速海峡にも。
  
 さて、道内初登場の記事、ありましたのでアップ!
 
イメージ 1
 
特急型客車っていいです。まだまだ輝いてました
 
五稜郭車両所で初めて見かけたときはビックリしましたね。なんで14系がいるんだって。
 
でも、そうすると旧客編成なくなるってことに気付きました。
ヤバイ、撮らなきゃ。
 
でもたいした写真撮ってないんですな。残念。
 
え、あれから30年過ぎたのかあ・・・

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事