全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

こちらも、とうとう梅雨入りいたしました。
我家の紫陽花も満開です^^
実家のある鎌倉の紫陽花は有名ですが、
やはりあちらで見る紫陽花は格段に美しいと思います。
湿気の多い土壌と気候のせいなんでしょうね。
豊田ではひまわりがこれからの季節スペシャルな美しさ♪
その気候風土に合った花が綺麗に見えるのでしょうか^^


さて、本日は、
とても便利な江戸流のかえしをご紹介いたします。


つくっておくと、だしで薄めてそばつゆにはもちろんのこと、
照り焼きのたれや、煮物などのお料理にも使えて、
しかも常温でかなり保存できますのですっごく便利です。


「本かえし」と比べ、
この「生かえし」と呼ばれるかえしは、醤油の味の強い辛汁です。
それぞれの良さがあるのですが、
江戸前の蕎麦が好きな我が家ではこのかえしを常備しています。




*江戸流そばつゆ

濃口醤油  1000ml
グラニュー糖   156g
水    50ml(おいしい水を使うと尚いいです!)


1. 鍋に水を沸騰させる。
2. 中火にし、グラニュー糖を1に加え、弱火にし、木べらでかき混ぜて溶かす。
  (焦がさないように要注意です!)
3. 醤油をお玉一杯分2に加え、かき混ぜる。
4. 中火にし、3に泡が少しでてくる位まで加熱する。
5. 耐熱性の容器(ホーローや陶器のものが向いています)に、
  残りの醤油を入れ、4を静かに入れる。
6. 全体をゆっくりとよく混ぜる。
7. フタをして、容器ごと冷水で粗熱をとり、常温でねかす。
8. 1週間後から召し上がれ♪


道具や容器に雑菌がついてるとカビなどの原因にもなりますので、
熱湯消毒してよく乾かしたものや
アルコール度数の高い焼酎などで拭いたものを使うといいです^^


明日は、このそばつゆを使った「豚の角煮」をご紹介します♪
うーん、美味❤

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事