RX-78系

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 
イメージ 2
 
[設定]
RX-79(G)は補修用部品そのものの希少性から、早期より慢性的な不足傾向にあった。中でもルナ・チタニウム製の装甲パーツにおいては特に顕著であり、実質的に予備部品は無いに等しかった。正規品での補修ができない状況も多数見受けられたが、性能は劣るものの構造が共通している陸戦型ジムの補修パーツやその他のジャンク品などを流用して修理されることも多く、多くの現地改修型を生み出す要因ともなった。コジマ大隊第08MS小隊所属のカレン・ジョシュワ曹長の機体は、戦闘で失った機体頭部を丸ごと陸戦型ジムの物に代えていた。戦争終盤になるにつれ、こういったツギハギの機体が増えていったようである。
[作品解説]

通称「ジム頭」とよばれるカレン機です。文字通り陸戦ジムの頭に変えただけです。ちょっとしたポーズ変更もしてます。
[登場作品]
OVA「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」

RX-79(G)/ジオン軍鹵獲機

イメージ 1
 
イメージ 2
[設定]
連邦軍の最新鋭機であるRX-79(G)は、その機密性にもかかわらず多くの機体が前線に投入された。この機体は公国軍に鹵獲された機体で、同士討ちを避けるため公国軍風のカラーリングと軍章が施された。
[作品解説]

依頼を受けて製作したものです。ゲーム系の鹵獲機のカラーリングは、けっこうかっこいいヤツがありますね。
[登場作品]
PS2「機動戦士Zガンダム エゥーゴVSティターンズ」
 

イメージ 1

イメージ 2

[設定]
もし、シャアが機を得て大戦中にザビ家に反旗を翻したら・・・。ギレンの野望のIFストーリーです。
連邦軍から入手したRX‐78のデータをもとにジオンのMS技術を流用しパイロットであるキャスバルにあわせG‐3ガンダムと同様にマグネット・コーティング処理が施されたほか、機体の軽量化とスラスター強化が施されている。
[作品解説]
シャアでは無くキャスバル専用というところが、ギレンの野望チックです。ギレンやキシリアが生存している状態での台頭では、ダイクンの銘を前面に押し出さなければならないでしょう。カラーリング以外の変更点はシールドの十字を削った事くらいです。
[登場作品]
ギレンの野望

RX-78-2

イメージ 1

イメージ 2

[設定]
RX-78-1の駆動系と装甲、推進器が強化され、火器類が調整されたガンダムの完成形。当時の戦艦の主砲と同等の威力を持つビームライフルを安定して使用できる他、ジオン製MSにはない強力なジャンプ力、単独での大気圏突入機能、水中での活動能力など過剰なまでの機能が詰め込まれている。本来は戦果よりもデータ収集が主目的であるため、メンテナンス性にも格段の配慮がされており、各部に数多くのメンテナンスハッチが設けられている。
[作品解説]
vol.10のガンダムです。何度も何度も登場するガンダムですが、このvol.10が一番カッコイイですね
。リペイントのみです。
[登場作品]
機動戦士ガンダム

イメージ 1

イメージ 2

[設定]
サイド7出身の宇宙戦闘機乗りであったキタモト大尉は、MS部隊編成に伴いMS乗りに転向。出身のサイド7がジオンの攻撃を受け、家族が行方不明になったことから、失うものをなくした彼は鬼神のような戦果を挙げ始める。特に、遠距離・近距離両方に長けるという特徴を持ち、その適正と実力からFAガンダムのパイロットに選ばれ、ソロモン攻略戦の「切り札」とされた。
[作品解説]
修羅の双星のステージ3のボスキャラとして登場のFAガンダム。パイロットはサイド7出身のタカシ・キタモト・・・。確かキッカの苗字はキタモトじゃなかったかな??マニアック・・・(笑)
[登場作品]
アーケード「スピリット・オブ・ジオン 修羅の双星」

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事