八王子市片倉町きじまピアノ教室 レッスン日記

[周辺住所]北野台 中山 みなみ野 七国 長沼 絹ケ丘 打越町 子安町 上柚木 下柚木 南大沢 橋本 鑓水 相模原

伴奏者続々決定

秋の合唱コンクールに向けて、
中学校の伴奏オーディションが始まりました。

みんなの話を聞くと
オーディションは2パターンあるようです。

・曲が決まってから数週間でオーディション。
最後まで弾かなくても大丈夫。

・曲が決まってから2.3ヶ月後にオーディション。
もちろんペダルを入れて最後まで弾く。

どちらのパターンかは
先生が決めるのだと思いますが、
中学生は忙しいから
結果を早く出してあげたいので、
私が学校の先生なら,
数週間でオーディションします。
この場合は曲の出来というより、
その人の実力を見る感じですね。
最後まで聴かなくても、
伴奏任せられるかどうかはわかりますから。

今週,オーディションで、
3人中3人が伴奏者に決まりました!
みんなおめでとう〜!
3人とも作戦を立てて取り組みました。
私も伴奏の指導をしてきて、
各学校の対策みたいなものも
わかってきましたが、
今回もそれが良い結果につながりました。

この3人は去年も伴奏者に選ばれました。
これからオリンパスホールでの本番に向けて、頑張りましょうね!
すごく難しい曲の人もいますが、
頑張ったその先には
晴れ舞台が待っていますよ♪

笑いのツボ

この教室は
きょうだいで来てる子が多いです。
だいたい1日1組はいますね。
個人レッスンなので、
同時に指導することはないですが、
一緒に入室し、一緒に退室します。
本来ならひとりずつだとは思いますが、
お母さんの送迎の手間もありますしね。
これまでに下の子が待てないとか、
じゃましてしまうとか
そういう問題もなく出来ています。

よく笑うきょうだいがいます。
ふたりにしかわからない世界があるようで、
先日もずっとにこにこしていましたが、
待っている下の子が笑いのツボに入ったのか、
ずーっと笑ったまんま!
それもおかしくてたまらない感じで、
でも上の子のレッスンのじゃまにならないよう
笑いをおさえているのがまた可愛くて。
子供の笑いのツボってどこなんでしょう??
そう言えば私も子供時代は、
どうやっても笑うことが止められず、
笑い転げていた時がありました。
そういうことがなくなったのは、
何歳からだったかなあ?

レッスンにある程度の緊張感はあった方が
良いとは思いますが、
レッスンの空間で笑ってくれるのは、
私としてはとても嬉しいですね。
笑うことは良いことです。
私もたくさん笑いたいです^^
今月初旬、ソウルに行ってきました。

まず韓国らしいところから。
朝鮮王朝の王宮、景福宮
「王宮守門将交代儀式」の模様です。
簡単に言うと
警備の兵隊さんの交代を再現したものです。
ロンドンに行った時も、
同じようなものは見ましたが、
やっぱりイギリスと韓国では
雰囲気が全然違いました!

イメージ 1



韓国で印象に残ったこと。

イメージ 2


必ず棒が立っています。
ベビーカーの侵入禁止のためです。
日本ではないですね。
(これは仁川空港です)

イメージ 3


数回外食しましたが、
はしやフォークは店員さんは持ってきてくれません!
テーブルから自分でだすパターンが多かったです。
(たまたま?)

イメージ 4


地下鉄の車内です。
なんとぬいぐるみが置いてあります。
初めは誰かの忘れ物かと思いましたが、
何度も見るのでよく見たら、
妊婦さん用の席でした。
韓国、優しい〜

そして、教室のみんなへは…

イメージ 5


ダイソーで買いました。
韓国にもダイソーあって嬉しい!
(1袋=1000ウォン。約100円です)

イメージ 6


LINEグッズのお店で買ったもの。

このシールは出席シールとして、
早速つかっています。
シールは毎日練習してくると、
たくさん貼れます。
早い者勝ちなので、
みんなたくさん練習してね♪

現在の空き時間

6月15日現在の空き時間です。

・月曜日 15:10〜15:40

・火曜日 15:00〜15:30

・火曜日 17:00〜17:30

・土曜日  9:00〜9:30

・土曜日 11:00〜11:30


(水曜・木曜・金曜は満席です。)

ご都合の合う方は是非♪

詳しくは教室ホームページをご覧下さい。
https://www.kijimapiano.com/

オーディション

秋に行われる
中学校の合唱コンクール、
曲が決まり始めました。

少し前から「そろそろ決まるかな?」
という話はみんなとしてきました。
去年のレッスンカルテを見返しては
「○○ちゃん、
初めてレッスンで伴奏の曲を弾いたのは、
△月□日だったよ」と思い出し、
オーディションまでの道のりを確認。
特に課題曲はこれまでその学年が歌っていた曲になる傾向があるようで、
「予習」していた子もいました。
そのやる気、素晴らしいですね!

中学生は1学年上がると、
伴奏もかなりレベルアップします!
これから決まる自由曲は
恐らくなかなかのものになると思います!
オーディションや合唱コンクールは、
期日が決まっていますので、
それまでに仕上げる必要があり、
本当に責任感が育ちます。
受験生でも伴奏を頑張っている子もいますが、
長年の経験から
こういう子は受験も上手く行くのではないかと思います。
練習に勉強に…と忙しいからこそ、
時間も上手く使えるようになりますし!

中学校によって
オーディションの時期は、
一学期中や夏休み明けなど様々ですが、
日頃積み重ねてきた力を存分に発揮し、
今年も昨年に続き、
みんながオーディションに合格できる様、
レッスンでも全力で応援します!

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事