ここから本文です
Dr.Kikkie (KIKI) : 不許無断天才|免責:本稿を真に受けて損害があっても知らん。

書庫全体表示

PASOPIAの謎 再び

ううう、夏風邪をこじらせてしまいました。
虚弱体質には自信があるところ、今週は月曜から三日間病院巡りをして、すっかり体調を崩しました。病院は身体に悪いです。体調のいいときに行かないといけません。下を向くと水洟がポタポタ落ちるのでハンダづけもできません。
 
とか言いながら、東芝パソピアIQのRGB出力をなんとかせにゃとWebを見てました。すると、おお? 外国でも関心が持たれていたようで、そのページは「HX-10DPNは、特定の13ピンのコネクタを持っています。 それは、今日では見つけることはおそらく不可能です。」と、フランス語で始まっていました。
MSX Village
 
写真と端子表を引用。
 
Description des broches

BrocheNomDescription
1GNDMasse (à relier aux masses de la Péritel)
2VIDEO OUT
3RComposante rouge (à relier à la broche 15 de la Péritel)
4GComposante verte (à relier à la broche 11 de la Péritel)
5BComposante bleue (à relier à la broche 7 de la Péritel)
6YSCommutation rapide (à relier à la broche 16 de la Péritel)
7AUDIO LAudio (à relier à la broche 3 de la Péritel)
8AUDIO RAudio (à relier à la broche 1 de la Péritel)
9?
10VIDEO IN
11AVCommutation lente (à relier à la broche 8 de la Péritel)
12?
13?


うーん?11ピンはNC(未結線)のはずなんだがなあ、と思ってソースを見ると、
Source :
わはは、ワシの古いブログや〜wwww
表中の「?」は「未結線」という漢字が分からんかったのでしょうな。
 


閑話休題。気を取り直して「しおんパパのひみつきち」を拝見。
2014/04/11付けで「東芝MSXのRGB出力ピンアサイン」という記事がありました。今年4月というと比較的最近ですな。
 
プラグとRGB21ピンプラグとの結線状態について、写真をお借りしちゃいました。
イメージ 1

イメージ 2
 
フランス語の表とRGB21ピンの写真に付された数字を見比べるのも面倒かと思いますので、再度、整理しておきます。RGB21ピンの写真内の数字は、パソピアIQ側の端子番号、()内はRGB21ピン端子番号、最後にRGB21ピン端子で定義された信号の意味です。
 
 4(19)RGBのうちG(緑)
 1(17)RGBのGND(緑)
 3(15)RGBのうちR(赤)
 1 (13)RGBのGND(赤)
10(11)AVコントロール信号(AV)
 2( 9)コンポジットビデオ信号入力
 8( 5)音声出力(右)
 7( 1)音声出力(左)
 5(20)RGBのうちB(青)
 1(18)RGBのGND(青)
 6(16)RGB映像切替信号(Ys)
 
ウィキペディアからも一部引用しちゃえ。
 
端子配列
 
 
レセプタクル、またはコネクタを半田面から見た図となる。なお、本来のSCART端子とは端子配列(用法)が異なるので注意。
  1. 音声出力(左)
  2. 音声入力(左)
  3. 音声出力グランド
  4. 音声入力グランド
  5. 音声出力(右)
  6. 音声入力(右)
  7. コンポジット・ビデオ信号入力グランド
  8. コンポジット・ビデオ信号出力グランド
  9. コンポジット・ビデオ信号入力
  10. コンポジット・ビデオ信号出力
  11. AVコントロール信号 (AV)
  12. RGB映像マスク信号 (Ym)
  13. RGB映像信号(赤)グランド
  14. Ym・Ysグランド
  15. RGB映像信号(赤)入力
  16. RGB映像切替信号 (Ys)
  17. RGB映像信号(緑)グランド
  18. RGB映像信号(青)グランド
  19. RGB映像信号(緑)入力
  20. RGB映像信号(青)入力
  21. フレームグランド(金属フレーム)
  • 使わない端子はNC(無接続)とすることが可能。
  • 信号名と対のグランドは、その信号と同軸または「より線」にしてインピーダンス整合を取ることが望ましい。
  • コンポジット・ビデオ信号は、通常のビデオ端子(黄)と同じ。復合同期信号が重畳されており、0.7Vp-p、75Ω整合。
  • RGB映像(赤、緑、青)は正極アナログ信号、0.7Vp-p、75Ω整合。
  • 音声信号は0.4Vrms、インピーダンスは入力47kΩ、出力10kΩ。
  • YsはHレベルでRGBから入力、Lレベルでコンポジットから入力。Lレベルが0 - 0.4VDC、Hレベルが1.0 - 3.0VDC、75Ω整合。
  • YmはHレベルでコンポジットがマスクされる。レベル、インピーダンスはYsと同じ。
  • AVは入力切替信号、Hレベルでこの端子からの入力が有効となる。TTLレベル、22kΩ整合。
こうして見ると、フランス人が参照したぼくの記事はパソピアIQの10ピンを「VIDEO IN」としているけれども正しくは「AVコントロール信号」のようです。また、11ピンは「(未結線)」でした。お詫びして訂正します。今ごろ〜www
 
で、ここで疑問がフツフツと。
RGB21ピン端子を備えているような高級機?ならともかく、パソピアIQの13ピン端子(実質9ピン)で、2ピンの「VIDEO IN」てな豪華仕様はアリか?これは「VIDEO OUT」の間違いではないか? とすれば、RGB21ピンの9ピンではなく10ピンに結線しないといけないのではないのか?
 
待て待て待て。ウィキペディアの端子の定義もおかしくないか?
音声とコンポジット・ビデオ信号については入力と出力がある。しかし、RGB映像信号については入力ばかりじゃないか(15:R、19:G、20:B)。
ひょっとして、ディスプレイ側から見た定義だとすれば、パソピアIQの2ピンは「VIDEO OUT」であってRGB21ピンの9ピンに繋ぐのが正しい。
ばかりではなく、音声についてもパソピアIQの7ピン(音声左)はRGB21ピンの2ピンに、同8ピン(音声右)はRGB21ピンの6ピンに繋ぐのが正しいのではないか?
AVコントロール信号というのがイマイチ理解できていないが、これはHレベルにしないとディスプレイ側に入力全体が受け付けられなくなる? MSXとディスプレイの両方で5V出すと危ないぞ?
 
あかん、熱が出てきた。熱は最初から出てるけど。
それにしてもワロタ。ウィキペディアもぼくのブログから引用してるやん!
また、MSXの一部の機種ではRGB出力端子がDIN8ピンでない場合があり、ケーブルが転用不可能な事も考えられる[4]
脚注 4.^ PASOPIAの謎 ←当然、リンク切れw

この記事に

  • 顔アイコン

    お〜い!お元気ですか〜。

    元気があればなんでもできる、という迷言がありましたね。MADさんがカセットI/Fのアナウンスがありましたよぉ〜。主にカシオユーザー限定かもしれませんが、いろんな実験にも役に立つかもしれません。

    やっぱり、MSXのプログラムはカセットテープに録音しておきたいですよね(汗;)。

    [ dotallcafe ]

    2014/8/31(日) 午後 10:54

    返信する
  • 顔アイコン

    ども〜今日も元気に水洟たらしてます〜
    MADさんとこに予約入れておきました。
    それと妄想もいろいろとw
    天下無敵のMADさん、きっと実現していただけると思います〜(人´¬` )

    [ KIKI ]

    2014/9/2(火) 午後 6:58

    返信する
  • 顔アイコン

    コンポジットビデオと音声にだけ入出力があるのは、
    これとAVコントロールを組み合わせてスーパーインポーズで使うためです。
    そもそも、SCARTにこんな妙なアレンジをした日本の方がおかしいのかと。

    [ daiki ]

    2015/3/16(月) 午後 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    daikiさん、こんばんは〜
    MSXに関しては、プロユースは知りませんが、コンシューマーユースでは、スーパーインポーザーへの入出力に21ピンRGBは使わず、コンポジットを使っていましたね。
    素直にSCARTにしとけというw
    面倒臭いですなあ(・∀・)

    [ KIKI ]

    2015/3/16(月) 午後 10:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事