[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

JR北海道で最後まで残っていた特急スーパー北斗の車内販売が来月で終わります。

今日、GYAOで1月29日放送の マツコの知らない世界 「車内販売の世界」 を見ました。

車内販売マニアの方がいろいろ語ってくれましたがそれを見てやっぱり車内販売は必要だなと思いました。

私は鉄道で旅行するときに車内販売があれば必ず何か購入します。一番多いのがアイスクリームです。

車内販売のアイスクリームって車内販売オリジナルのがほとんどです。

ここでしか味わえない味なのです。

列車の車窓を眺めながらのアイスはとても心地よい気分にさせてくれます。

車内販売廃止の理由は赤字だからです。

コンビニエンスストアの台頭により車内販売の売り上げが落ちているという理由です。

だからって廃止してもよいのでしょうか?

ただ座るだけの移動ならば高速バスと変わりません。

たいてい特急列車に乗る人はビジネスマンか旅行者です。

ビジネスマンはさておき旅行者は感動を求めています。

そんな感動は車内販売にもあるのではないでしょうか。

ご当地のおみやげや食べ物が席に座ったまま購入できるなんて旅に華を咲かせるのではないでしょうか。

JRは赤字だからやめるのではなく旅を楽しんでもらう必要経費ととらえてほしかったです。

ただの移動ならつまらないです。
北海道新幹線札幌駅の位置は現駅案で決着したようだ。

JR北海道が提案していた東側案は隣接する建物の補強工事が必要になり、その工事費はJR北海道が単独

で負担しなければならないことから取り下げた。

一応現札幌駅1・2番線ホームを新幹線用とするみたいだが1・2番線ホームは他のホームに比べてホーム幅

が狭く売店や改札口の設置、混雑の度合いが懸念される。

JR北海道は地下駅案も引き続き検討するとしている。

今年3月中にはホーム位置決定しなければ2030年の開業に間に合わないとみられ、早急に検討する。

元をただせば札幌駅が高架駅になった時の設計が間違っていたからもめているんだ。

新幹線ホームは1・2番線と決まっていたのにホーム幅が他ホームより狭い、駅と大丸札幌店他施設との隙間

が狭かった。

当時の国鉄北海道総局は本当に新幹線が来るとは考えていなかったのではないかと思えてしまう。

とにかく新幹線ホームが現駅内に決まったのだから利便性は犠牲にならずに済んだ。


今週のさっぽろにしのは車両がたくさんです。

レアな車両が多いですよ。

出品物はこちら

新札幌駅がヤバイ

JR北海道が設備更新に頭を悩ませている。

設備更新には多額の費用がかかる上、更新カ所が多数にのぼるからだ。

札幌でも危ないところがある。

それは新札幌駅周辺の高架橋である。この高架橋は千歳線移設の際に昭和48年開通と同時にできた。

それから43年経っている。

当時は新札幌駅周辺には何もなく高架橋だけがそびえ立っていた。
イメージ 1
私が住んでいた街から新札幌駅に行くバスは1日3本しかなく利用者もほとんどいなかった。

今では地下鉄も乗り入れる大きな街になったがその当時はこんなになるとは思ってもいなかった。

その高架橋が今の耐震強度を満たしているわけがなく、JR北海道も阪神大震災クラスの地震がきたら倒壊

する可能性が高いと認めている。

取りあえず駅の補強工事を進める考えだがすべての高架部を補強する目処は立っていない。


今週のさっぽろにしのは車両がいっぱいです。

電車・貨車を中心に60種類くらい出品しました。

すでに即決で落札されていますものもありますのでお早めにどうぞ。

出品物はこちら
鉄道でしか行けない日本一の秘境駅 小幌駅で豊浦町による無料体験ツアーが行われた。

一時は廃止の危機にさらされたものの豊浦町が維持管理費の一部を負担するということで1年間の存続が

決まった。

豊浦町はこの小幌駅を観光資源にすることを目的としておりその一環として今回の無料体験ツアーが行わ

れた。

JR礼文駅より普通列車に乗り、小幌駅へ。そこでスノーシューを履き、ガイドの案内を聞きながら海岸に向か

って下りていく。天気がよければ駒ヶ岳も見ることができるという。

小幌駅に戻り、また普通列車に乗り、豊浦へ。

そこではホタテ加工場の見学や蒸しホタテの試食があったという。


今週のさっぽろにしのは線路とトミックス キハ82系がいっぱいです。

線路はポイントと信号機が特に多いです。

キハ82系は編成組み替え基本セットの他キハ82 北海道・初期型仕様も単品販売しております。

その他のキハ82系もたくさんです。

その他の出品物はこちら

札幌駅の喧騒

札幌はただ今雪まつり期間中ということで大変賑わっております。

いつもは地下鉄で街に出かけるのですが昨日は久しぶりにJRに乗りました。

帰りに札幌駅の改札口に行くとディーゼルカーの排気ガスのにおいがかすかにします。

ホームに行くとキハ261系ディーゼル特急列車が停まっていました。

アイドリングでもかなりの騒音&排気ガス臭がします。

札幌駅は駅全体が屋根で覆われているのでホーム中に騒音・排気ガスがこもってしまいます。

ディーゼルカーが札幌駅に乗り入れるのはごく少数の普通列車と特急列車のみです。

ディーゼル特急列車は結構な本数あるのでほとんどの時間で遭遇します。

本州の駅じゃこのにおいとディーゼルエンジンの音体験できないでしょうね。

なかなか圧巻ですよ。

キハ261系の新塗装(特急ス−パーとかち)が停まっていたんですが顔見るとウルトラマンのように見えて

しまって変ですね。
イメージ 1

今週のさっぽろにしのはストラクチャーと車両ケースいっぱい出品しています。

その他のものもありますよ。

車両ケースはニーズに合わせてさまざまな種類あります。

明日はCASCOの車両ケースもたくさん出品します。

その他の出品物はこちら

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事