脳脊髄液減少症

日々一回の笑顔。幸せに生きている。

全体表示

[ リスト ]



■【脳脊髄液減少症】「交通事故等・むち打ち症等」の年齢別分布推定


■【脳脊髄液減少症】「交通事故等」の年齢別分布推定
1、「20才以下で羅病患者の一生群」全体の44% 52万人
2、「20才越えでの羅病患者の一生群」全体の56% 68万人
3、「合計」120万

◆【1、「20才以下で羅病患者の一生群」全体の44% 52万人】の内訳
1、「この時点での20才以下の患者」全体の7% 8万人
2、「20才以下で羅病患者が20才を超えた者」全体の37% 44万人
3、「合計」全体の44% 52万

交通事故等「むち打ち症」その中の「8.8%一生苦行一生不治
この中の「70%」は「脳脊髄液減少症」です。
この病は当初の絶対安静で80%が治療なしで治癒・改善します。



脳脊髄液減少症】「交通事故等・むち打ち症等」の年齢別分布推定【苦しむ各年数と日々数】
◆(毎年各年齢で同率の発生と仮定する)
活動が少ない子供達等は現実にはこの計算より少ない
◆(平均寿命を80才と仮定する)

★★子供の時から52万人【最長・苦行の悶絶2万9千日】(発症から寿命まで80年×365日)
目を覆う苦しみ【子供の時(20才まで)からの人数52万人】

★★大人達68万人【最長・苦行の悶絶2万2千日】(発症から寿命まで60年×365日)
■◆死と向かい合う日々【大人に成ってから(20才を超えて)は、ほぼ総て生活保護】(生活保護の実態調査の必要性)


1、抜粋■1、全体図■【脳脊髄液減少症】「交通事故等・むち打ち症等」の年齢別分布推定【苦しむ各年数と日々数】



■【脳脊髄液減少症】「交通事故等」の年齢別分布推定
1、「20才以下で羅病患者の一生群」全体の44% 52万人
2、「20才越えでの羅病患者の一生群」全体の56% 68万人
3、「合計」120万人
2、抜粋■1、全体図■【脳脊髄液減少症】「交通事故等・むち打ち症等」の年齢別分布推定【苦しむ各年数と日々数】


■【脳脊髄液減少症】「交通事故等」の年齢別分布推定
◆【1、「20才以下で羅病患者の一生群」全体の44% 52万人】の内訳
1、「この時点での20才以下の患者」全体の7% 8万人
2、「20才以下で羅病患者が20才を超えた者」全体の37% 44万人
3、「合計」全体の44% 52万人

3、抜粋■1、全体図■【脳脊髄液減少症】「交通事故等・むち打ち症等」の年齢別分布推定【苦しむ各年数と日々数】

■【脳脊髄液減少症】「交通事故等」の年齢別分布推定
1、「20才以下で羅病患者の一生群」全体の44% 52万人
2、「20才越えでの羅病患者の一生群」全体の56% 68万人
3、「合計」120万

◆【1、「20才以下で羅病患者の一生群」全体の44% 52万人】の内訳
1、「この時点での20才以下の患者」全体の7% 8万人
2、「20才以下で羅病患者が20才を超えた者」全体の37% 44万人
3、「合計」全体の44% 52万人

4、抜粋■1、全体図■【脳脊髄液減少症】「交通事故等・むち打ち症等」の年齢別分布推定【苦しむ各年数と日々数】


追加記載5、抜粋■1、全体図■【脳脊髄液減少症】「交通事故等・むち打ち症等」の年齢別分布推定【苦しむ各年数と日々数】




下記の全体図は、クリックすると、拡大され、読めます。

追加記載■1、全体図■【脳脊髄液減少症】「交通事故等・むち打ち症等」の年齢別分布推定【苦しむ各年数と日々数】





■「交通事故等のむち打ち症等」■「脳脊髄液減少症

これが初めに知っておく、最も大切な受診判断の時の基礎となります。
■「交通事故等のむち打ち症等」は「難治性」が10%有ると世界最大のカナダのケベック報告書に明確に因果関係の記載されていますが、賠償裁判では裁判所も医師会も「因果関係否定」と「精神的な症状」等とし適正な賠償は皆無です。

■「脳脊髄液減少症」は「交通事故等のむち打ち症等」は「難治性」が10%の内の、このさらに世界論文で明らかにされている88%の患者の70%が「脳脊髄液減少症」(難治性のトータルの8.8%
が該当する疾患です。
これらの賠償裁判では、裁判所も医師会も「因果関係否定」と「精神的な症状」等とし適正な賠償は皆無です。


2016/10/5(水) 午前 5:45  http://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/34939333.html
シリーズNO.4
■「なぜ極めて偏狭になったのか、その原点」シリーズNO.4
■わかるかな・・・この変な事・・・
諸君への矛盾

なぜだか矛盾損保賠償拒否・法律合法
この因果関係で「全財産無に勤労不可・生活保護・法律合法
損保での負担が正論だがね・・・
働けないから生活保護
★原因は交通事故等だが損保は否定★★何故なんだろう・・・

交通事故等「むち打ち症」その中の「8.8%一生苦行一生不治
この中の「70%」は「脳脊髄液減少症」です。
この病は当初の絶対安静で80%が治療なしで治癒・改善します。



自動車 - Wikipedia 負の影響
■自動車が社会に及ぼす影響は、自動車が自走することに起因する交通事故
自動車は使用者に多くの便益を与えるが
反面、生命・健康・安全などの市民の基本的権利を侵害することもある存在である。
この損失は社会全体が被るものであり社会的費用ととらえることができる[11]。





下記に、現状の概略を掲載します



2016/4/19(火) 午前 4:00  http://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/34638211.html  抜粋






■厚労省HP公開
厚労省研究班メンバーの背景「脳脊髄液減少症」



行業純一
臨済禅師

ペテンやからくりはいかん。
ごまかしをせんことだ。
とかく、みなありもせん知恵を出して細工をするからいかん。

■「釈迦」「臨済禅師」「吉田松陰」も、この事は、強く戒めています。

根本的簡単な総基本原則「人類普遍の原則」は、「人はひとであれ」です。KIKITATA

人類普遍の原則の無視を受けている。

交通事故脳脊髄液減少症

人類普遍の原則の無視

日本国「因果関係」「原因に縁って結果が起きる」を否定厚労省脳脊髄液減少症研究班)
「恣意的・現在科学未解明」の理不尽
1、治療有効患者の大半を基準外とする因果関係」の無視。
2、国際基準の発症時期・増悪軽減・他証拠等での因果関係」の無視。
2016/8/29(月) 午前 4:00  http://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/34875661.html



 脳脊髄液減少症の概況

2015/12/17(木) 午前 4:00  http://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/34408920.html
交通事故脳脊髄液減少症

上記で使用した主な画像








篠永正道教授 ≪脳脊髄液減少症は、小学生でも十分に理解できる平易な病気です≫
イメージ 1
脳脊髄液減少症研究会 会長 篠永正道 教授
「ガイドライン 2007脳脊髄液減少症研究会ガイドライン」作成委員会 委員長、

下記に当初より所属
厚生労働省脳脊髄液減少症の診断・治療法の確立に関する調査研究
治療法検索委員会 *行われた治療データを収集、解析し、治療指針を検討する
篠永 正道 国際医療福祉大学熱海病院 脳神経外科


 KIKITATAの思い

 知己難言 

2016/7/1(金) 午前 4:00  http://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/34758179.html
■明治維新の本当の思い■松陰【自覚正道】■松陰【世の人は・・】 坂本龍馬『世の人は・・』高杉晋作『心の底ぞ・・』
■公害の原点【足尾銅山鉱毒事件】【田中正造】『強制移住、北海道佐呂間町栃木武士』「団長 瀬下六右衛門」KIKITATA「母方」祖父



閉じる コメント(2)

顔アイコン

上記の文責は、総て私に有ります。

ご自由に、ご使用下さい。

ありがとうございます。


転載は、御自由です。 (一部転載も御自由です)

みんなが、いち早く、助かります様に・・・・・

2016/10/20(木) 午前 6:17 [ KIKITATA ] 返信する

顔アイコン

注:記載に誤りがあれば、遠慮無くご教示下さい。

批判・激励・文句,なんでも歓迎

みんなが、いち早く、助かります様に・・・・・

2016/10/20(木) 午前 6:17 [ KIKITATA ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事