脳脊髄液減少症

日々一回の笑顔。幸せに生きている。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]



世界初の推定計算明示


■【軽い交通事故外傷性重症疾患
◆日本国内171万人年間損失額 5.4兆円
◆全世界で2.593万人年間損失額 81.9兆円

■「脳脊髄液減少症軽い交通事故
◆日本国内120万人年間損失額 3.8兆円
◆全世界で1.818万人年間損失額57.6 兆円



■早期発見・早期治療が特に重要・必要不可欠で、
これが達成出来れば、上記はほぼ解消できます。




日本での損失額
一年での損失額




3脳脊髄液減少症 実在人数約171万人確認
日本国の年間損失額 5.4兆円と国民の損失
3.8兆円÷120万人×171万人5.4兆円

4日本だけで、脳脊髄液減少症」患者が約120万人の確認
◆国の年間損失額 3.8兆円と国民の損失



全世界での損失額
一年での損失額

3脳脊髄液減少症 実在人数約2.593万人確認
◆全世界の年間損失額 81.9兆円と国民の損失
5.4兆円÷76百台×1.153百台=81.9兆円
81.9兆円÷5.4兆円×約171万人2.593万人

4全世界で、脳脊髄液減少症」患者が約1.818万人の確認
◆全世界の年間損失額 57.6兆円と国民の損失
3.8兆円÷76百台×1.153百台=57.6兆円
57.6兆円÷3.8兆円×約120万人1.818万人

(概略計算ですので、主な原因は車とし、この台数を元に計算します)
日本の車台数     76百台
世界での車台数 1.153百台


イメージ 1
ホーム > クルマと世界 > 世界生産・販売・保有・輸出 > 世界 保有・普及率 > 表1: 世界各国の四輪車保有台数(2013年末現在)
イメージ 2
イメージ 3



2014/8/6(水) 午前 4:26  http://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/33319282.html
 国の年間損失額 3.8兆円と国民の損失 
「脳脊髄液減少症」患者の国内推定120万人
単純に計算しても・・・

1、患者の国内推定120万人の医療費
月の医療費1万円とすると、ひと月で120万人×1万円=120億円
月の医療費1万円とすると、一年で1.440億円
(検査等の特別な医療費も追加で必要一年で7.632億円)
合計9.072億円

2、患者の国内推定120万人の労働給与
月の労働給与20万円とすると、ひと月で120万人×20万円=2.400億円
月の労働給与20万円とすると、一年で2兆8800億円

3、国の年間損失額 3.8兆円

4、患者の症状苦

5、患者の貧困・精神苦・家族崩壊・自殺・・・

早期発見・早期治療が特に重要・必要不可欠で、
これが達成出来れば、上記はほぼ解消できます。

厚労省は国と国民を考える必要があり責任があります。




必見・超真実
脳脊髄液減少症交通事故等】120万人半殺し放置
◆安易には解決しない根本問題



脳脊髄液減少症交通事故等】
 といった新しいリスクが拡大
 悲惨な健康被害 政府は有効な対策をとらず、いまだに補償問題が解決していません。
 軽い交通事故等外傷性重症疾患171万人 「脳脊髄液減少症」患者が約120万人

 といった新しいリスクが拡大
交通戦争(こうつうせんそう)とは、昭和30年代(1955年 - 1964年)以降交通事故死者 数の水準が、日清戦争での日本側の戦死者(2年間で1万7282人)を上回る勢いで増加 したことから、この状況は一種の「戦争状態」であるとして付けられた名称である。
日本における交通事故での死者数は1970年(昭和45年)にピークに達するがこの後減少。しかし、1980年(昭和55年)よりふたたび増加に転じ1988年(昭和63年)に1万人を超え、第二次交通戦争ともいわれる状況となった。

 悲惨な健康被害 政府は有効な対策をとらず、いまだに補償問題が解決していません。
カナダのケベック州での世界最大の実態調査
ケベック報告よると、むち打ち損傷の場合、多くのケースでは疼痛は自制内(self−limited)であり、補償の終了日を回復終了とした計算によると治療期間の平均は31日であった、しかし10%の人は受傷後200日を経っても通常の生活に戻る事が出来なかったと報告されている。(P127)
Gargan1990上記の残存症状は約10%の内での以後における、 8〜12年後の残存症状は88%
結論として、むち打ち損傷の場合には全患者の内で、終生に続くと考える残存症状は約8,8%となる。
従来から、交通事故後の後遺症が有ることは、明確であったのです。

 軽い交通事故等外傷性重症疾患171万人 「脳脊髄液減少症」患者が約120万人
2014/7/16(水) 午後 8:53  http://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/folder/1037195.html
軽い交通事故等外傷性重症疾患171万人根拠
1、交通事故後における後遺症一般的な文献実在8,8%の確認
2、脳脊髄液減少症等 交通事故後遺症実在人数約130万人確認
3、脳脊髄液減少症等 実在人数約171万人確認
4、日本だけで、「脳脊髄液減少症」患者が約120万人の確認
5、日本だけで、脳脊髄液減少症 交通事故による実在人数約91万人確認
6、脳脊髄液減少症【非起立性頭痛患者】入口排除約43%約52万人の確認
7、脳脊髄液減少症【RI脳槽シンチグラフィー】にて、脳脊髄液漏出像疑の有る患者実在人数約41万人(34%)確認
8厚労省研究班基準では「脳脊髄液減少症」患者が約120万人の確認の内約36千人(3%)を認めるのみです。切捨てられる患者約116万人(97%)と理論的に推定計算されます。




必見・超真実
脳脊髄液減少症交通事故等】120万人半殺し放置
◆安易には解決しない根本問題
このブログは、下記の「NHK時論公論」「国連リオ宣言」の記載を、
脳脊髄液減少症交通事故等】に、置き換えて作成したものです。
必見超真実・ここまで批判発信・削除されないか
■NHK 2015年09月24日
国連環境開発会議 全文
(地球サミット:1992 年、リオ・デ・ジャネイロ)環境と開発に関するリオ宣言
■120万人【脳脊髄液減少症交通事故等】同問題です
安倍総理の決断で変えれる【脳脊髄液減少症】救済■安倍総理指示【再生医療1年で承認】◆国費の巨額削減と国民保護■【脳脊髄液減少症・交通事故等】に【再生医療】をあてはめると◆8年前に既に承認は完了済です
★★★「脳脊髄液減少症」の特徴を活かせば
日本政府の現在、無視損失額 年間 3.8兆円 問題は解消します。★★★


脳脊髄液減少症交通事故等】

「有識者提言」「住民を守る視点を強化」
行政の意思決定や行動の枠組みを官中心主義から民中心主義に転換するよう

国際社会「予防原則
健康や環境に取り返しのつかない重大な影響を及ぼすおそれがある場合は、科学的な知見が不確実であっても未然に防止することを基本とする」というもので、科学による完璧な解明を待たなくても早い段階で効果的な対策を考慮するよう求めています。

しかし日本では、
しかし日本では、経済活動への影響が大きいという異論も根強く政策に広く浸透しているわけではありません。

国連リオ宣言」国際社会「予防原則
完全な科学的確実性の欠如が、大きい対策を延期する理由として使われてはならない。
第 15 原則
環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなけれ
ばならない。
深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、
完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果大きい対策を延期する理由として使われてはならない。
(可逆的・・・逆が可能なこと水を凍らせる。温めると水に戻る。 不可逆的・・・逆が可能 でない。 卵を熱すると、ゆで卵になる冷やしても、生卵には戻らない。 これが、不可逆的



国際連合(こくさいれんごう、英語 United Nations、略称は国連(こくれん)、UN)

参考資料5−1
国連環境開発会議(地球サミット:1992 年、リオ・デ・ジャネイロ)環境と開発に関するリオ宣言

ここの記事は、下記にも全文記事として掲載させて頂いています。





開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事