脳脊髄液減少症

日々一回の笑顔。幸せに生きている。

脳脊髄液減少症

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全188ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



■資料
国民主権
庶民の学びと主張


真の哲学の実践者≫仙台高裁・岡口基一判事
腐っていく玉ねぎの中で巌と正義を貫かれています。

必見≫KIKITATA 
庶民の為の、真の哲学にも合致する方だと思っています。
庶民の為には、最も重要な方でしょう・・・・・
イメージ 4


岡口基一判事は、私は勝手に師士と思っています。
◆下記は、私のブログ記事の一部です。
各種病気
【脳脊髄液減少症】も「因果関係」重要判断 by村田渉判事
どのような病気でも、発症の「因果関係」の重要判断となります。 

【脳脊髄液減少症】初認容判決裁判官 岡口 基一

因果関係は,現在から全体を見てその存否を考える 。

「因果関係」は,レトロスペクティブ(後方視的,事後的)に判断する。

by村田渉判事@判タ1331号22頁
 
http://mobile.twitter.com/okaguchik 平成23年9月29日(岡口 基一)
okaguchik 医療過誤訴訟 「過失」は,プロスペクティブ(前方視的,事前的)に判断し,「因果関係」は,レトロスペクティブ(後方視的,事後的)に判断する。by村田渉判事@判タ1331号22頁過失は,当時どうすべきだったのかを過去から時系列的に考え,因果関係は,現在から全体を見てその存否を考える
2日前

【脳脊髄液減少症】初認容判決全文H17.2.22   解説
この判決は、判例時報、判例タイムズには掲載されていませんので、その全文を以下に紹介します
福岡地方裁判所行橋支部 裁判官 岡口 基一
 
【脳脊髄液減少症】否定判決全文H19.2.13  解説
福岡高裁 裁判長裁判官 西理 裁判官 有吉一郎 裁判官 吉岡茂之
 
高裁脳脊髄液減少症否定判決」ではあるが、
実質的には被害者の主張が相当程度認められています

岡口 基一
所属 水戸地方裁判所・水戸家庭裁判所 下妻支部判事
移動履歴
水戸地方裁判所・下妻支部判事            H23.4.1
大阪高等裁判所判事                     H20.4.1
水戸地方裁判所・水戸家庭裁判所          H17.4.1〜H20.3.31
福岡地方裁判所・家庭裁判所行橋支部判事   H14.4.1〜H17.3.31
東京地方裁判所知的財産権部判事補       H11.4.1〜H14.3.31
福岡地方裁判所・家庭裁判所土浦支部      H8.4.1〜H11.3.31  
浦和地方裁判所                        H6.4.1〜H8.3.31
(第46期)

岡口 基一の書籍












 
■岡口裁判官の訴追、判断を先送り 国会の委員会延期
共同通信 2019年6月24日(月) 15:40配信


 
■現役裁判官で異例、出版相次ぐ 仙台高裁・岡口基一判事
産経新聞 2019年6月24日(月) 8:07配信



岡口裁判官の訴追、判断を先送り 国会の委員会延期

6/24(月) 15:40配信
 ツイッターに不適切な投稿をしたとして
最高裁分限裁判で戒告とした
仙台高裁の岡口基一裁判官(53)について、
会の裁判官訴追委員会(委員長・田村憲久衆院議員)は24日までに、
訴追の可否を判断するため25日開催予定だった本委員会を延期すると決めた
委員長の判断とみられ、理由は不明
新たな日程は決まっていない。

 関係者によると、
訴追委は17日、一部の委員で構成する小委員会を開催。
岡口氏の投稿は訴追対象となる「非行」に当たるものの
情状を考慮して訴追を見送る「訴追猶予」が相当との意見が最も多かった。
次いで不訴追訴追の順だったという。

最終更新:6/24(月) 18:14
共同通信




現役裁判官で異例、出版相次ぐ 仙台高裁・岡口基一判事

イメージ 1
6/24(月) 8:07配信


 ツイッターの投稿内容をめぐり、最高裁が分限裁判で戒告とした仙台高裁の岡口基一判事(53)が、相次いで本を出版している。裁判所への疑問やSNS(会員制交流サイト)で情報発信を続ける理由などをつづったもので、現役の裁判官が法律専門書以外を出版するのは異例。岡口氏については、国会の裁判官訴追委員会が25日にも、裁判官弾劾裁判所に訴追するかどうかの判断を示す見通しだ。

 「分限裁判は問題点が多く、歴史に残さなければいけないと思った」。岡口氏は執筆の理由をこう語る。

 出版されたのは「裁判官は劣化しているのか」(羽鳥書店)と「最高裁に告ぐ」(岩波書店)。「裁判官−」は自身の生い立ちや民事訴訟の解説を交え、裁判官の劣化への危機感をまとめたもの。「最高裁−」では分限裁判などのあり方に疑問を呈している。

 最高裁大法廷は昨年10月、東京高裁判事だった岡口氏の投稿が「裁判官の品位を辱める行為」にあたるとして戒告とする決定をした。岡口氏は4月に仙台高裁へ異動となり、民事部の陪席裁判官を務めている。

 「戒告処分が決定打。ある意味失うものがなくなり、何でも書けた」と岡口氏。分限裁判については「証拠は処分を申し立てた東京高裁事務局長の報告書だけで、申し立て理由が明らかでないので防御もできない。手続き面でも多数の問題があった」とする。

 危惧するのは「裁判官のサラリーマン化」だという。「色々な裁判官がいることを国民に知ってもらい、信頼してもらうのがあるべき姿だが、みんな小粒化し、無難な判断をするようになった」という。

 今後も、フェイスブックなどで情報発信を続けていく。仕事については「高裁の陪席裁判官は事件を判断する上でのキーパーソンでもある。地裁で首をかしげるような判決が出たときに高裁で修正できれば、それなりに司法に貢献できるのではないか」と話した。(滝口亜希)

     ◇

 【問題視された投稿】

 (1)自分の上半身裸の写真など3件を投稿(平成26年4月〜28年3月)(2)東京都江戸川区の女子高生殺害事件をめぐる投稿(29年12月)(3)犬の返還訴訟をめぐる投稿(30年5月)

 ■裁判官は劣化しているのか(羽鳥書店・1800円+税)

 http://www.hatorishoten.co.jp/items/16375818

 ■最高裁に告ぐ(岩波書店・1700円+税)

 https://www.iwanami.co.jp/book/b440431.html
最終更新:6/24(月) 8:07
産経新聞

必見≫KIKITATA 
庶民の為の、真の哲学にも合致する方だと思っています。
庶民の為には、最も重要な方でしょう・・・・・
イメージ 3


必見≫KIKITATA 
庶民の為の、真の哲学にも合致する方だと思っています。
庶民の為には、最も重要な方でしょう・・・・・
イメージ 4

イメージ 5


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9








開く コメント(3)[NEW]



目次≫≪脳脊髄液減少症』の完全完治≫ https://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/35975347.html

■資料
国民主権
庶民の学びと主張

脳脊髄液減少症
脳脊髄液減少症』の症状改善・治癒・完治・・・あきらめないで下さい


 ★  2019年6月15日〜6月23写真まで
脳脊髄液減少症』の完全完治
◆≪■リハビリ歩行グラウンド・昭和山2019年6月15日〜6月23写真まで
この期間で、戻ったり、強めたり・・・
また、リハビリ歩行の強度も強くなっています。
何か月も、何ヵ月もの、何年もの、僅かな積み重ねです。


 
脳脊髄液減少症』の完全完治
■2019年5月7日投稿≪リハビリ歩行グラウンド・昭和山2019年4月27・26写真まで
≪連載 1≫≪2019/5/7(火) 午前 4:11≫ https://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/35971287.html

 ★ KIKITATAの今・・・劇的に改善中
脳脊髄液減少症』の完全完治へ、あと一歩と追い上げています
この実績が皆様の完全完治へ大きな足掛かりとなると信じています。

 
■頂いたコメントに応えて・・・
脳脊髄液減少症の症状が、劇的に改善しているのは、現実です。
◆その経過報告書
篠永正道教授に広く皆様に伝えて下さいと言われています。
篠永正道教授は、脳脊髄液減少症交通事故等の原因での発症に付いて世界で初めて発見世界最大の臨床数をお持ちで、この今も患者の救済に寝食を忘れ取組まれています。

 ★ KIKITATAの考えと思い
この完全完治は、画像による証明も可能になるでしょう。
新たな治療法の開始も始まると信じています。
皆様、希望の光が、この事だけでなく、各所で輝きを放つ日を信じて日々を乗越えましょう。





 ★  2019年6月15日〜6月23日写真まで
脳脊髄液減少症』の完全完治
◆≪■リハビリ歩行グラウンド・昭和山2019年6月15日〜6月23写真まで
この期間で、戻ったり、強めたり・・・
また、リハビリ歩行の強度も強くなっています。
何か月も、何ヵ月もの、何年もの、僅かな積み重ねです。




2019年6月23日 日曜日 約8.5㎞ ≪朝・昼・夕の3回で
2019年6月23日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞=約2.0㎞)休息散歩
イメージ 39

スモークツリー
イメージ 40
スモークツリーの名前は、この開花後の花穂が煙のように見えるところに由来します
和名のハグマノキ(白熊の木)は、その姿をハグマ(ヤクのしっぽの白毛)で作られた仏具の払子(ほっす)に見立てたものです。果実が風に乗ってより遠くに飛ばされるように、花柄 ...

イメージ 41

2019年6月23日昼(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞=約2.0㎞)休息散歩
イメージ 37

ネズミモチ
イメージ 38
ネズミモチ(鼠黐、Ligustrum japonicum)はモクセイ科イボタノキ属樹木和名は、果実ネズミの糞に、モチノキに似ていることから付いた。暖地に自生するとともに、公園などに植えられている。「タマツバキ」の別称も用いられる。
花序が多数出るため、木全体に真っ白の花の塊が散らばったようになり、遠目にもよく目立つ。また、ハナムグリなどもよく集まる。


2019年6月23日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞+1とグラウンド3周約1.5㎞=約4.5㎞)
イメージ 34

イメージ 36

イメージ 35
歯が浮き少し痛みます、今回も相当控えましたが、過負担なんでしょうね・・・
(昨夜は一晩中、氷で冷やして収め、今朝は解消できていました)



2019年6月22日 土 約10.5㎞ ≪朝・昼・夕の2回で
2019年6月22日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周約1.5㎞約3.5㎞
イメージ 31

途中で雨が降りました。
イメージ 32
帰宅後に、歯が浮き少し痛みます、今回も相当控えましたが、過負担なんでしょうね・・・

イメージ 33

2019年6月22日昼(休息

2019年6月22日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 26

イメージ 27

過負荷リハビリ歩行による過労不調からの脱却・・・成功したようですほぼ快適な歩行となりました
何度もこれを繰返しリハビリの目的へ進むしか方法は有りません。≫
過負荷リハビリ歩行≫≪休息リハビリ歩行≫を、繰返し、増強していきます
約7.0㎞リハビリ歩行直後の写真
イメージ 28


イメージ 29

天に向かい、よじ登り、多くの花を咲かせています。(宿根あさがお)
イメージ 30
帰宅後に、歯が浮き少し痛みます、今回も相当控えましたが、過負担なんでしょうね・・・



2019年6月21日 金 約7.5㎞ ≪朝・昼・夕1回で
少し過労です症状の悪化では有りません
2019年6月21日夕(休息
2019年6月21日昼(休息

2019年6月21日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+8約5..5㎞約7.5㎞
イメージ 23

イメージ 24

日出前 昭和山の山頂
イメージ 25




2019年6月20日 木 約3.5㎞ ・昼・夕の1回で
少し過労です症状の悪化では有りません
夕方まで何度も熟睡を繰返しました。・・・睡眠は大切なので取る事としました
2019年6月20日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周約1.5㎞=約3.5㎞)
イメージ 21

イメージ 22
少し過労です症状の悪化では有りません
夕方まで何度も熟睡を繰返しました。・・・睡眠は大切なので取る事としました

2019年6月20日昼(休息
2019年6月20日朝(休息



2019年6月19日 水 約7.0㎞ ≪朝・昼・夕1回で
2019年6月19日夕(休息
2019年6月19日昼(休息

2019年6月19日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 17

イメージ 18

約3.5㎞の歩行直後
イメージ 20
歩行も少しマシになっていきますが、まだまだ時間が必要でしょう。
(今日も歩行前より、歩行で調子を上げて出来ました、快適な歩行は前回も突然にやってきました
今回もその内に、幾らでも歩ける状態になるでしょう。焦らずに日々を送ります。)

いつもの、休憩場所です。
イメージ 19



2019年6月18日 火 約14.0㎞ ≪朝・・夕の3回で
2019年6月18日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 13

イメージ 14

2019年6月18日昼(休息

2019年6月18日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 15

イメージ 16



2019年6月17日 月 約10.5㎞ ≪朝・昼・夕の3回で
2019年6月17日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周約1.5㎞=約3.5㎞)
イメージ 11

グラウンドの夕日
イメージ 12

2019年6月17日昼(休息

2019年6月17日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 8

イメージ 9

現在
筋肉が普通人の状態に増え続けて変わっていっています≫
手足首肩その他歩行で使用する筋肉が増えています
自分の手で触っても解りますその部位を動かせば更に筋肉が確認できます
歩行もまだまだ完全なものでは有りませんが、確実に普通人に向かっています。
以下は以前の記載です≫  https://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/35986245.html
現在の痛い筋肉部(下記図赤〇部位)
2019年6月1日より、時間経過ごとに少しましになっています
■主な筋肉部位の拮抗関係●対になって反対の作用を持つ 2019年6月3日現在
イメージ 55

筋肉痛等が起こりますが、その部分の筋肉等が少し増強されている状態の様です
満足に歩けないがスタートなので、時間が掛かるでしょう
イメージ 10



2019年6月16日 日曜日 約12.5㎞ ≪朝・昼・夕の3回で
2019年6月16日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド1周約0.5㎞=約2.5㎞)休息散歩
イメージ 7

2019年6月16日昼(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞+1=約3.0㎞)休息散歩
変化自転車にて買い物へ約2㎞ かなり安定した走行が感じられた、14年振りとなった。
痛みが無いのとしっかりの感覚が有る
イメージ 6

2019年6月16日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 1

イメージ 2




2019年6月15日 土 約7.5㎞ ≪朝・昼・夕の3回で
2019年6月15日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞=約2.0㎞)休息散歩
イメージ 3

2019年6月15日昼(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞=約2.0㎞)休息散歩
イメージ 4

2019年6月15日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周約1.5㎞=約3.5㎞)
イメージ 5






リハビリ歩行の強度の変化要素(走行も同様)

Ⅰ、歩行路面の変化

Ⅱ、歩行のスピード・姿勢・距離

Ⅲ、天候・気象・気圧等の条件





 
■■『脳脊髄液減少症』の症状経過(発症治療から現在まで)2019年1月11日作成 木村武盛

≪クリックすれば、大きくなり読めるようになります。≫
≪目次≫連載 1   https://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/35884826.html


イメージ 3

≪クリックすれば、大きくなり読めるようになります。≫




イメージ 1


分割2/2


イメージ 2






開く コメント(5)[NEW]



■資料
国民主権
庶民の学びと主張

大局ミスリード
■■最重要の真実を究明せずリード≫≪さてさて・・・・・
大局の真実の功労者真摯な医師患者真摯なご協力者
大局の問題は、ほぼ総て解決していない

 
■脳脊髄液減少症が月9ドラマの題材に
◆公明新聞 2019年6月19日 


 KIKITATA
真実の基準を確立公知しないと、全く意味を持たない
真実の基準
実態調査を行う必要性を強調
真実の基準≫でなく偽りの基準で実態調査をしても意味を持たず、逆効果となる
真実の基準まず多角的な検討から推定患者数の算定が第一番に必要不可欠である。



 KIKITATA
忘れられない
公明党以外の大きな活動と報道







 
■脳脊髄液減少症が月9ドラマの題材に
◆公明新聞 2019年6月19日 


イメージ 1
公明党トップ / ニュース / 脳脊髄液減少症が月9ドラマの題材に

2019年6月19日

脳脊髄液減少症が月9ドラマの題材に

公明が対策推進 治療法の保険適用など

 公明党が対策を推進してきた病気が人気ドラマの題材に――。
放射線技師が主人公のフジテレビ系・月9ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』の最終回が17日に放送され、劇中で脳脊髄液減少症が取り上げられたことが話題を呼んだ。

 同症は、体への強い衝撃で脳と脊髄を覆う硬膜に穴が開いて髄液が漏れ、頭痛や目まいなどの症状が現れる病気。
劇中では、自転車に追突された事故を機に、うつ病と診断されていた男性の髄液漏れが判明し、患者自身の血液を注入して漏れを止める「ブラッドパッチ療法」で回復に向かう様子が描かれた。また、スポーツ中の事故による子どもの髄液漏れも取り上げられた。

 従来、同症は認知度が低く、患者・家族は病院のたらい回しや周囲の無理解に苦しんできた。
このため公明党患者・家族団体と連携し病気の研究周知啓発を推進
2016年度にはブラッドパッチ療法の保険適用実現させた

患者・家族団体のコメント

 認定NPO法人同症患者・家族支援協会の中井宏代表理事 軽微な外傷から、この病気になると提唱されたのが既に20年前。以来、患者の声に耳を傾け、寄り添い続けてくれたのが全国の公明党議員だった公明党には今後も患者支援策をリードしてほしい

 同症患者支援の会・子ども支援チームの鈴木裕子代表 今回の放送は、医学界や社会の無理解の中、治療に当たってきた専門医の努力の結実でもあると思う。
ドラマに取材協力した中川紀充・明舞中央病院(兵庫県明石市)副院長は、09年に患者・家族との懇談会を開催。その後も神戸市で毎年開かれ、11年からは当チームが運営している。現在は兵庫県との共催になり、文部科学省や神戸市などが後援するまでに。行政や教育などの関係者も参加している。

 地元の公明党からも、教育関係者の参加促進などの支援を頂いた
今や同県は、この病気に対する行政の理解が特に進んでいる。今後も、より一層、啓発活動に励みたい。

公明新聞

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



関連記事

2019年5月13日

“小さな声”に応える

脳脊髄液減少症患者と交流 
兵庫で中野氏

イメージ 5

公明党の中野洋昌衆院議員は12日、兵庫県西宮市で開催された「脳脊髄液減少症患者支援の会兵庫」(古市利明代表)の患者交流会に出席し、あいさつした。

中野氏は、脳脊髄液減少症対策について、「公明党は患者・家族の要望をもとに、地方議員と国会議員が連携して取り組んできた結果ブラッドパッチ療法の保険適用など、一つ一つ形にすることができた」と強調した。

その上で、今後も高橋みつお党国際局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)らと共に、「小さな声、一人の声にしっかりと応える仕事をしていきたい」と訴えた。


2019年3月25日

脳脊髄液減少症の理解と対応進めて

浮島文科副大臣に支援の会らが要望  

イメージ 6

浮島智子文部科学副大臣(公明党)はこのほど、文科省で脳脊髄液減少症患者支援の会・子ども支援チームの鈴木裕子代表と会い、「子どもの脳脊髄液減少症」に関する要望を受けた。

席上、鈴木代表は、文科省から国内の全学校に対して同症についての通知が出されているものの、文書だけで分かりにくいとし、学校現場で同症の理解が進んでいない現状を説明。イラスト付きの通知を配布するなど分かりやすい周知と現場での正しい対応を求めた。また、同席した同症の子どもを持つ保護者は、長引く体調不良で学校に行きたくても行けず、退学しなければならなくなった経緯を話し、同症の子どもたちへのサポート強化を要請した。

浮島副大臣は教育現場での対応や理解について、「今後、周知徹底していくとともに、厚生労働省と連携して支援策を進めていく」と答えた。




2019年2月16日

脳脊髄液減少症 実態調査 必要

集会で山本氏ら 国会・地方議員が連携して

イメージ 7

脳脊髄液減少症のシンポジウムで、あいさつする山本氏(右)=15日 衆院第1議員会館

公明党脳脊髄液減少症対策プロジェクトチームの山本博司座長(参院議員)は15日、衆院第1議員会館で、交通事故やスポーツ外傷などで体に受けた強い衝撃により脳脊髄液が漏れ、頭痛や目まい、倦怠感といった症状に見舞われる脳脊髄液減少症の「患者・家族支援協会」が開いたシンポジウムであいさつした。
山本座長は、同症の患者数について「正確な人数が把握されていない」と指摘。
不登校の子どもの中にも存在する可能性があることを踏まえ、公明党の地方議員とも連携しつつ、実態調査を行う必要性を強調した
これに先立ち、古屋範子副代表と大口善徳厚生労働副大臣(公明党)もあいさつ。
古屋副代表は、同症の治療に有効な「ブラッドパッチ療法」の保険適用など公明党の取り組みを紹介し、引き続き患者・家族と連携していく考えを示した。


関連記事






 KIKITATA
真実の基準を確立公知しないと、全く意味を持たない
真実の基準
実態調査を行う必要性を強調
真実の基準≫でなく偽りの基準で実態調査をしても意味を持たず、逆効果となる
真実の基準まず多角的な検討から推定患者数の算定が第一番に必要不可欠である。


 
早期の解決は、総理の勇断のみ・・・・・
悲惨な交通事故絶滅へ
◆『国の現対応』と≪非対応への改革提言

 
交通安全の総合的な施策 重要企画審議実施推進

イメージ 14

■■要望したい事
早期の緊急解決が国益です。≪交通事故による負傷者の推定年15兆円損害の解決の為に≫
1、交通事故による負傷者の正しい調査と分析による正しい知見と正しい救済の追求報告書の作成。
2、交通事故による脳脊髄液減少症の厚労省研究班等の関連者の現在での判断調査と真実の脳脊髄液減少症の追求報告書の作成。
3、外部委託で総理特権を与えて、公開の正しい調査報告の作成。
4、被害者・被害者団体等にも当初より最終結論まで、公開と任意参加と意見の発表と記載録を認めて下さい。
5、勿論、関係者も関係ない国民も被害者等と同等の権利を与えて下さい。

安倍晋三総理の決断力に、報道もほとんどしませんが、関係省庁等の反対をものともせず、オプシーボの半額決定は正しい指導力の強さ意思を強く感じました。
交通事故による脳脊髄液減少症患者の現状況は、激しい症状で約120万人・毎年発生3万人・毎年自死400人・家族の金銭苦等360万人です。国の保険適用となりましたが9割の患者は適用外という世界基準・世界論文・世界最大の国内臨床を無視された、医学科学的根拠エビデンスを完全無視したものとなっています。
また、法・裁判では国の基準に完全合致しても、勝訴例は出ていません。
          ≪詳細記載ブログ書庫 脳脊髄液減少症の戦い 人数・損失≫


このブログの目標目的を示しておきます。
悲惨な交通事故での人々絶滅の願い
■【被害者支援の充実と推進
『国の現対応』と≪非対応への改革提言≫
■■交通事故等「脳脊髄液減少症」120万人等
■生産性向上と人手不足解消と国費削減の為に
■■要望したい事
生産性向上の真の成果は、各現場の真実直視からしか始まりません。

 



 KIKITATA
忘れられない
公明党以外の大きな活動と報道

 脳脊髄液減少症全国ネットワーク架け橋  
≪抜粋≫
大臣からの返答はテレビか新聞に載る事と思います。

歴史的な一日となり、

私にも一生忘れられない日となりました。

心より、この機会を作って下さり、

私に署名を渡す場を作って下さった皆様に感謝させて頂きます。

NHKニュース では

長妻厚生労働大臣は、交通事故などの衝撃で、脳とせき髄のまわりの髄液が漏れだし、頭痛や、めまいを起こす「脳せき髄液減少症」の患者団体と会談し、患者の負担を軽減するため、検査については保険の適用を徹底するよう、全国の医療機関に通知する考えを明らかにしました。

と流れ、私には奇跡としか思えませんでした。

ゆうこりんが空の上からみていてくれたと思います。

今年は蛍が少なかったけれど、ゆうこりんの命を感じる写真がとれました

http://img.mixi.jp/img/emoji/66.gif
イメージ 1

下の写真は2010年04月長妻大臣に署名を渡したときの私です。
イメージ 2

今も辛さは続いているけれど、諦めないでいれば必ず、

光はみえると思います。

今の季節は本当に辛いと思いますが、一人ではない

皆で乗り越えていきましょうね

今でも、架け橋で私なりの精一杯の事してます。

ゆうこりんのためにこれからも、脳脊髄液減少症のために、

治療も認めて貰うために、闘います。

ゆうこりん待っててね。

いつまでもわすれないよ

でも、ゆうこりんのために生きなくては・・・

ゆうこりん、私を見守っていてね。


 脳脊髄液減少症全国ネットワーク架け橋
前回の署名提出
 
長妻大臣
患者の血液を脊髄に注入して脊髄液の漏れを防ぐ「ブラッドパッチ」という治療法については、
速やかにガイドラインをまとめて、
2年後の診療報酬改定の際に保険適用を検討したいとしています。
 

長妻大臣に皆様の署名を渡す事ができました。
あけみ 2010/4/13() 午前 6:42
※ もう新聞、ニュースに流れていました。
NHKニュース
医療介護CBニュース
毎日新聞
時事通信
朝日新聞
NEWS23
TBS
日本経済新聞
本日4月18日 NHKニュースに流れました
≪ブロクには記事内容が記載されています≫

脳脊髄液減少症を理解されず、自ら命を絶ったゆうこりんを忘れないで下さい。
あけみ 2011/6/19() 午後 2:27
 
下の写真は201004月長妻大臣に署名を渡したときの私です。
イメージ 1
 
医療介護CBニュース
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/27159.html
脳脊髄液減少症治療の保険適用、次期診療報酬改定で―長妻厚労相

 民主党の「難病・脳脊髄液減少症を考える議員連盟」(川内博史会長)の会合412日に開かれ、脳脊髄液減少症の治療方法である「ブラッドパッチ」などの保険適用を求める105088筆の署名を、患者団体が長妻昭厚生労働相に提出した。長妻厚労相は、ブラッドパッチの次期診療報酬改定での保険適用に前向きな姿勢を示した。また、検査を全国一律に保険適用できるよう、周知徹底する考えを表明した。

 脳脊髄液減少症は、交通事故などによる強い衝撃で脳脊髄液が漏れて減少することで、頭痛や目まいなどの症状を引き起こす。ブラッドパッチは保険適用ではなく、検査も地域によっては保険適用になっていない。
 厚労省では、2010年度厚生科学研究として「脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する調査研究」(研究代表者=嘉山孝正・山形大医学部長)を立ち上げ、診療のガイドライン策定を目指している。

 長妻厚労相はブラッドパッチの保険適用について、「診断のガイドラインをまとめていただいた上で、次回の診療報酬改定の中で検討していきたい」と述べた。また、検査が保険適用となることを全国の医療機関に周知徹底する考えを表明した。
 これを受けて、同省保険局の佐藤敏信医療課長は、検査が全国一律で保険適用となるよう、週内にも課長通知を出す方針を示した。
20100412 21:36 キャリアブレイン )


 脳脊髄液減少症全国ネットワーク架け橋
速報7/5【意見激突】脳脊髄液減少症
篠永正道教授 嘉山孝正先生 民主議連総会

平成2375日(火)1600
参議院議員会館 1101会議室
*マスコミフルオープン
民主党「難病・脳脊髄液減少症を考える議員連盟第6回総会」
次第
1、川内博史会長挨拶
2、「脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する研究」についてのご報告
3、質疑応答
4、その他
出席者
国際医療福祉大学 熱海病院脳神経外科
  篠永正道教授
【厚生労働省】
   健康局 疾病対策課 難波課長
                荒木課長補佐
                富永課長補佐 
   保険局 医療課    井内課長補佐
                待鳥課長補佐
 
当日配布資料
1、「脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する研究」
 平成22年度 総括研究報告書の今後の課題について
     国際医療福祉大学熱海病院
   篠永正道教授
2、症例一覧(33例)
3、RIで洩出画像(33例)
 当日配布資料は重要ですので、後日掲載します 


 脳脊髄液減少症全国ネットワーク架け橋


 脳脊髄液減少症全国ネットワーク架け橋
≪議連総会≫当ブログ検索で、各種がみられます。




{{s10

開く コメント(6)[NEW]



目次≫≪脳脊髄液減少症』の完全完治≫ https://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/35975347.html

■資料
国民主権
庶民の学びと主張

脳脊髄液減少症
脳脊髄液減少症』の症状改善・治癒・完治・・・あきらめないで下さい


 ★  2019年6月10日〜6月14写真まで
脳脊髄液減少症』の完全完治
◆≪■リハビリ歩行グラウンド・昭和山2019年6月10日〜6月14写真まで
この期間で、症状・筋肉痛等の変化に対応も大変です。
また、リハビリ歩行の強度も強くなっています。
何か月も、何ヵ月もの、何年もの、僅かな積み重ねです。


 
脳脊髄液減少症』の完全完治
■2019年5月7日投稿≪リハビリ歩行グラウンド・昭和山2019年4月27・26写真まで
≪連載 1≫≪2019/5/7(火) 午前 4:11≫ https://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/35971287.html

 ★ KIKITATAの今・・・劇的に改善中
脳脊髄液減少症』の完全完治へ、あと一歩と追い上げています
この実績が皆様の完全完治へ大きな足掛かりとなると信じています。

 
■頂いたコメントに応えて・・・
脳脊髄液減少症の症状が、劇的に改善しているのは、現実です。
◆その経過報告書
篠永正道教授に広く皆様に伝えて下さいと言われています。
篠永正道教授は、脳脊髄液減少症交通事故等の原因での発症に付いて世界で初めて発見世界最大の臨床数をお持ちで、この今も患者の救済に寝食を忘れ取組まれています。

 ★ KIKITATAの考えと思い
この完全完治は、画像による証明も可能になるでしょう。
新たな治療法の開始も始まると信じています。
皆様、希望の光が、この事だけでなく、各所で輝きを放つ日を信じて日々を乗越えましょう。





 ★  2019年6月10日〜6月14写真まで
脳脊髄液減少症』の完全完治
◆≪■リハビリ歩行グラウンド・昭和山2019年6月10日〜6月14写真まで
この期間で、症状・筋肉痛等の変化に対応も大変です。
また、リハビリ歩行の強度も強くなっています。
何か月も、何ヵ月もの、何年もの、僅かな積み重ねです。




2019年6月14日 約7.0㎞ ≪朝・昼・夕回で
2019年6月14日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周約1.5㎞=約3.5㎞)休息

2019年6月14日昼(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周約1.5㎞=約3.5㎞)休息

2019年6月14日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 53

イメージ 54

暗い階段を登って・・・
イメージ 55

昭和山 山頂の日出
イメージ 56

そして、グラウンドにも、朝日がやってきます。
イメージ 57

やがて、快調に、歩行できる日が来ることを信じて・・・
イメージ 58

皆が健康な生活が送れる日が来ることを信じて・・・
イメージ 59



2019年6月13日 約10.5㎞ ≪朝・昼・夕の3回で
2019年6月13日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞+1とグラウンド外周1周約0.5㎞=約3.5㎞)散歩
イメージ 49

デイゴ
イメージ 50

グラウンドでは、少年サッカーの練習
イメージ 51

上瞼が少し下がり体調は万全では有りません。耳鳴りも少しですが強くなっています(蝉が2匹程度)その他も。
でも、まだまだ大丈夫。
イメージ 52

2019年6月13日昼(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周約1.5㎞=約3.5㎞休息

2019年6月13日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 44

イメージ 45

朝日さすグラウンド
イメージ 46

天に迄、伸びんばかりの、強い宿根アサガオ
イメージ 47

顔写真での疲労具合・・・グラウンド・歩行前・3周直後・6周直後・10周直後・・・自己評価に使用
イメージ 48



2019年6月12日 約14.5㎞ ≪朝・昼・夕の3回で
2019年6月12日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+8約5..5㎞約7.5㎞
イメージ 40

イメージ 41

各種の症状は、さほど強くならず約7.5㎞歩行が出来ました。
イメージ 42

イメージ 43

2019年6月12日昼(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周約1.5㎞=約3.5㎞休息
外は晴天・・・
イメージ 36

特に気圧は、平面上下気圧差が大きければ症状の悪化原因となります。
イメージ 35

脳脊髄液減少症症状≫(私の14年の経験です。各人の差も有るでしょう)現在の症状
まだ軽いものです脳脊髄液減少症症状≫が出ています。・・・天候か、過負担原因要因
■■自他ともに見れば判断が可能な症状判断。・・・第三者も測定・判断が可能・・・
≪手のシビレ・痛み≫・・・指のむくみとしわの変化
≪目の上瞼≫・・・瞼の下がりが症状と正比例
■■自覚症状・・・第三者に測定・判断が不能・・・
≪軽い頭痛≫・・・症状と正比例
≪軽い耳鳴り≫・・・症状と正比例
≪その他の症状≫・・・症状と正比例
イメージ 37


イメージ 38
軽い時は、まずしわが出来、酷くなるとむくみ出します。

イメージ 39
上瞼が、症状が激しくなれば目が閉じられた位まで下がります

2019年6月12日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 29

イメージ 30

昭和山 山頂
イメージ 31

イメージ 32

体調は良いとは言えません。(気圧天候で脳脊髄液減少症の少し症状)と強くしているリハビリの為でしょう。
イメージ 33

ピンクの藤の花・・・今日も、さわやかです。
イメージ 34


2019年6月11日 約16.0㎞ ≪朝・昼・夕の3回で
2019年6月11日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 23

イメージ 24

昭和山 山頂
イメージ 27

夜のグランド
イメージ 26

フラフラになりました、
イメージ 25

気圧差等の影響がまだ残っていると考えられます。
イメージ 28

2019年6月11日昼(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周約1.5㎞=約2.0㎞)休息散歩
イメージ 21

イメージ 22

2019年6月11日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 15

イメージ 16

45日遅れで白藤にピンクの藤の花が咲いています。≫
イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19

同樹の実が出来ています。
イメージ 20

上記フジの開花
白藤2019年4月27日
イメージ 8
2019/4/27(土) 午後 10:42  https://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/35966811.html



2019年6月10日 約16.0㎞ ≪朝・昼・夕の3回で
歩行を始めると、調子が良くなって行き、途中よりある程度納得できる姿勢・スピードが感じられた。
2019年6月10日夕(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 9

イメージ 10

歩行約7.0㎞の直後写真
歩行を始めると、調子が良くなって行き、途中よりある程度納得できる姿勢・スピードが感じられた。
イメージ 11

グラウンド
イメージ 12

イメージ 14

イメージ 13

2019年6月10日昼(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周約1.5㎞=約2.0㎞)休息散歩
イメージ 5

直射日光は強い
イメージ 6

昭和山 山頂の キチョウ
イメージ 8
キチョウ(黄蝶、Eurema hecabe)は、チョウ目シロチョウ科キチョウ属に分類されるチョウの一種。
草原、道端や市街地などでごく普通に観察できる。
従来「キチョウ」とされていたは、キチョウ(ミナミキチョウ、南西諸島に分布)とキタキチョウEurema mandarina本州〜南西諸島に分布)の2種に分けられることになったが、外見による識別は困難[1]
分布
アフリカ中部以南、インドから東南アジア、そしてオーストラリアと世界的にも広く分布し、
地域によって多様な亜種がある。
日本においては、秋田・岩手県以南の本州四国九州南西諸島に分布する。

イメージ 7

2019年6月10日朝(昭和山登頂約1㎞と他約1㎞とグラウンド3周+7約5..0㎞約7.0㎞
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ウスバカゲロウ
イメージ 4
ウスバカゲロウ科は「カゲロウ」という名が付けられているがカゲロウ目とは縁遠い昆虫である。
ただし、一般的に区別はあまり気にされていない。
いわゆる「アリジゴク」の成虫の名として有名であるが、本科全ての種の幼虫がアリジゴクを経ているわけではない。幼虫成虫という完全変態をする昆虫である。
地方によっては極楽トンボ神様トンボなど様々な俗称がある。
このグループの一部の幼虫アリジゴク(蟻地獄)と呼ばれ、
生きているアリジゴクのそ嚢に多数の昆虫病原菌が共生しており、
殺虫活性はフグ毒のテトロドトキシン130倍といわれている。
一般にはアリジゴクは、羽化時まで糞だけでなく尿も排泄しないということが通説化していたが、2010年にこれが覆されたと報道された[3][4]。報道によれば、千葉県袖ヶ浦市在住の小学校4年生がアリジゴクの尻から黄色い液体が出ることを発見し、日本昆虫協会に報告した。1998年には研究者が「糞は排泄しないが尿はする」ことを調べ、尿の成分に関する論文も発表していたが[5]多くの人が長年確かめようとしなかった昆虫の生理生態を小学生が自力で発見したことが評価され、この研究に対して協会より「夏休み昆虫研究大賞」が授与された。





リハビリ歩行の強度の変化要素(走行も同様)

Ⅰ、歩行路面の変化

Ⅱ、歩行のスピード・姿勢・距離

Ⅲ、天候・気象・気圧等の条件





 
■■『脳脊髄液減少症』の症状経過(発症治療から現在まで)2019年1月11日作成 木村武盛

≪クリックすれば、大きくなり読めるようになります。≫
≪目次≫連載 1   https://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/35884826.html



イメージ 3

≪クリックすれば、大きくなり読めるようになります。≫




イメージ 1


分割2/2


イメージ 2






開く コメント(4)


2019/5/20(月) 午前 4:00  https://blogs.yahoo.co.jp/kikitata3/35976483.html


■資料
国民主権
庶民の学びと主張



 KIKITATA
■■脳脊髄液減少症
■■世界最大臨床に基づく最新知見研究会


 
■第18回日本脳脊髄液減少症研究会プログラム目次のみ
◆≪テーマ脳脊髄液減少症の本質を探る≫2019年(平成31年)3月2日(土)〜3月3日(日)
◆その他






 
■第18回日本脳脊髄液減少症研究会プログラム目次のみ
◆≪テーマ脳脊髄液減少症の本質を探る≫2019年(平成31年)3月2日(土)〜3月3日(日)
◆その他


学会・研究会概要

脳脊髄液減少症に関する研究を推進し、診断、治療技術の進歩に寄与することを目的としています。

日本脳脊髄液減少症研究会事務局:
国際医療福祉大学熱海病院 脳神経外科
篠永正道


〒413 - 0012
静岡県静岡市東海岸町13−1
TEL: 0557-81-9171 、 FAX: 0557-83-6632
E-mail: macshino@iuhw.ac.jp

http://atami.iuhw.ac.jp/img/logo.png
ホーム  篠永教授  篠永教授・脳脊髄液減少症について

篠永教授・脳脊髄液減少症について

患者様へ

初診患者様へ
現在、私の外来診療予約が非常に混雑しており、予約が取りづらい状況が続いておりますことを心よりお詫び申し上げます。特に初診患者様に関しては、月に10名程度しか受付することができず、多数の患者様にお待ちいただいております。出来るだけ多くの患者様を診療したいという気持ちは強いのですが、なにぶん一人で診療しておりますので数に限りがございます。
このような現状を考慮していただき、大変申し訳ございませんが、今しばらく診療予約確定のご連絡をお待ちいただきますよう、宜しくお願いいたします。
以下に現段階での私の診療予約状況を提示させていただきますので、これを目安にお待ちいただきますよう、ご協力宜しくお願いいたします。
国際医療福祉大学熱海病院 脳神経外科 篠永正道

篠永教授予約状況

平成31年2月1日現在
  • 平成31年2月診療分までの予約受付は終了しております。
    (平成31年1月までに予約申し込みをされた方には既に予約確定書を発送いたしました)
  • 平成31年3月以降の診療予約は、篠永教授のスケジュールが確定次第、随時ご案内させていただきます。
【お電話での予約は一切受け付けておりません】

医療関係者の方へ

第18回日本脳脊髄液減少症研究会

第18回日本脳脊髄液減少症研究会を開催いたします。PDFはこちら
 
会期
2019年(平成31年)3月2日(土)〜3月3日(日)
会場
日本メジフィジックス株式会社東京本社大会議室
〒136-0075
東京都江東区新砂3丁目4番10号
東京メトロ東西線「南砂町」駅下車
西船橋方面改札口を出て3番出口から徒歩約10分
会長
篠永正道 国際医療福祉大学熱海病院脳神経外科病院教授
テーマ
脳脊髄液減少症の本質を探る
事務局
国際医療福祉大学熱海病院
対象者
医療従事者すべて
参加費
5000円 (1日だけでも2日間でも同額)
演題募集
募集期間: 2018年12月20日〜 2019年1月31日
応募資格:脳脊髄液減少症に関して報告を希望する医師、医療従事者すべて
応募の方法:A4 1枚に入るに字数の抄録を事務局E-mailに送ってください
抄録内容: 演題名 演者名 所属 抄録本文
(送っていただいた抄録をそのまま印刷して抄録集にします)
プログラム・日程表
3月2日13時〜16時 シンポジウム「不定愁訴の本質を探る
3月3日12時〜13時30分 ランチョンセミナー 「脳脊髄液減少症の産生・吸収、“循環

※一般演題に付いては準備中

第18回日本脳脊髄液減少症研究会を開催いたします。PDFはこちら

第18回日本脳脊髄液減少症研究会を開催いたします。PDFはこちら
イメージ 1


第18回日本脳脊髄液減少症研究会を開催いたします。  プログラムはこちら   6頁

原文≫1ページ
イメージ 2

イメージ 3

原文≫2ページ
原文
イメージ 4

上記の線引き
イメージ 13

原文
イメージ 5
上記の線引き
イメージ 15

原文≫3ページ
原文
イメージ 6
上記の線引き
イメージ 14


原文≫4ページ
原文
イメージ 7
上記の線引き
イメージ 1


原文
イメージ 8
上記の線引き
イメージ 2


原文≫5ページ
原文
イメージ 9
上記の線引き
イメージ 3


原文
イメージ 10
上記の線引き
イメージ 4



原文≫6ページ
原文
イメージ 11
上記の線引き
イメージ 5


間歇的 KIKITATA   
【間欠・間歇三省堂 大辞林 
かん けつ  一定の間隔をおいて物事が起こったりやんだりすること。

イメージ 11
■■『脳脊髄液減少症』治療手法≪注≫間歇的(間欠的)の利用 共通的思考 KIKITATA
共通的思考髄液の漏れ部分を何度も洗浄しその結果として漏れを止める
KIKITATAのブログ記載のひとつ≫・・・多記載が有りますので後日に別の新記事にします。
下記ブログの抜粋(脳脊髄液の漏れと補充を繰返す結果と考えられます
イメージ 12

イメージ 13

 以上 ≪間歇的 KIKITATA 


原文
イメージ 12
上記の線引き
イメージ 6

注、KIKITATAAMED≫とは・・・
厚労省の脳脊髄液減少症の研究班研究途中こちらに移動したものです
このホームページをご覧になれば、如何に正しく臨床をしていないかが明らかになります。
聞くところによると何も実質的には活動はしていません途中の報告は無論、結論すらも今も公開は有りません。≫・・・どうするのでしょうかね・・・・真摯な医師達とは溝は埋まらないでしょう・・

平成28年度から
国立研究開発法人日本医療研究開発機構AMED)から新たな研究費を受け、
「非典型例の診断・治療法の開拓」と「小児の脳脊髄液減少症の病態解明、診断治療法の開発」に関する研究が新たに開始された。



イメージ 9
埼玉県庁  〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 電話番号:048-824-2111(代表)  法人番号:1000020110001
総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 医療機関 > 医療機関を探す > 脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の診察・治療が受けられる医療機関
掲載日:2019年1月21日

埼玉県教育局(保健体育科)

※「その他の学校保健に関すること」のページにリンクがあります。

患者団体

CFS JAPAN 脳脊髄液減少症 ホームページ 脳脊髄液減少症を知っていますか?

  • CFS JAPAN 脳脊髄液減少症 ホームページ 
※詳細は、次のバナーをクリックしてください。
http://csf-japan.org/japanese/image/logocsf.jpg
イメージ 8

  • 脳脊髄液減少症小児・若年者・学校関係者救済相談フォーム
※詳細は、次のバナーをクリックしてください。
http://csf-japan.org/japanese/image/yogo2017.jpg




平成28年度から
国立研究開発法人日本医療研究開発機構AMED)から新たな研究費を受け、
「非典型例の診断・治療法の開拓」と「小児の脳脊髄液減少症の病態解明、診断治療法の開発」に関する研究が新たに開始された。
イメージ 10







開く コメント(7)

全188ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事