菊千代の部屋

転載、引用、画像などご自由にお使い下さって結構ですよ。(転載条件が存在するものは記載しています)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全325ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

私が…そうだね…

中高の時が最も激しかったかな。

捕鯨に関して、
日本が国際的な非難の真っただ中に置かれ始めた時。

置かれ始めた時、というより
そういう工作をしていた国々があったわけだ。

しかし、やっと、日本がIWC(国際捕鯨委員会)へ脱退通告、
との昨年末のニュース。

長かったね。

国連の各セクションへの登録ではないけど
加盟して、金だけ膨大に払い、
しかし、そこは日本が血祭りに上げられる舞台へ…

とね、真面目にそこに携わった関係者の方々へは
ただただ、頭が下がる思い。

しかし、日本側が
いくら真面目に、いくら科学的な根拠を提示しても
相手は分かってやってたわけだ。





相変わらずTVを観ない生活で
動くものと言えばyoutubeが中心。

その中で海外の方が制作した日本史。

自虐史観に毒されず、
かなり史実に基づいているのではという動画。

この中で、江戸末期の日本へ開国を迫ったアメリカからの
ペリー提督。

なぜ?

と言うのは、当時、アメリカの捕鯨船が
西へ西へ、そして日本の近海へもクジラを追う。

そこで捕鯨船への補給物資の調達先が必要。

白羽の矢が立ったのは日本。

念のため書いておくと
アメリカに限らずほとんどの捕鯨国が欲しかったのは
鯨の「油」。

ところが日本は鎖国だ。

そこでどうしても、だったと私は当時の
中学校でも習ったよ。

それが知られていないのかね…

いやね、現在の小中高で採用されている
教科書が酷いものだとは知っていたけど。

日本がIWCへ脱退通告前のネットニュースの時点で
「食文化が多彩になった今現在、そこまでして捕鯨再開を…」
というコメントがいくつか。

しかも、それなりに同調している輩多数。

食文化が多彩になったのではなく、
日本は伝統的な食文化の一つをほぼ潰されたんだよ。

あまりにも腹がたって
思わずそのノー天気なコメントへ意見した。




過去記事で書いた記憶がありますが
高校生の時、アメリカ人の留学生が来ていたので
日本の捕鯨に関して質問を。

わざわざ彼女を図書館へ呼び出して。

すいません、呼び出したのは、
このアメリカ人の「女の子」が美人だっということも(笑)

さらに、当時はね、日本のメディア、今よりマシでした。

日本の捕鯨に関して欧米、
というより、当時は「アメリカが反対」、
と反対国を名指しで他国の食文化への侵略とかいろいろ論陣を。

アメリカ人留学生の話へ戻ると
私は「君は、捕鯨に関して反対?」と聴きました。

彼女の答えは「絶滅の可能性があるなら…」でした。

そう、彼女は欧米、ここではアメリカメディアからの
影響をそのまま。

そこで私は質問を続けて
「絶滅の可能性が無いなら、捕鯨はどう思う?」

彼女は「うーん…別にそれならいいんじゃない」
でしたね。

捕鯨反対派の言い分は、一般的に
最初は「絶滅の可能性が」が、だったんですよ。

あくまで「一般」へ影響を与えるためです。

時期をずらして検証すると
このアメリカ人の女の子は「鯨は絶滅へ…」へ続く
捕鯨反対派が2番目に吹聴しだした
プロパガンダに影響されていないのが分かります。

それは「鯨は人類の友達」。

最初の「絶滅」論に関しては、日本を含む捕鯨国が調査捕鯨など
科学的にその可能性は無いということを立証しようと。

ところが、2番目の理由を出されると
もはや文化的な衝突なわけです。

さらにところが。

単なる文化的ではない理由。

それを先ほどの動画で

内藤陽介先生の解説で。


日本国内の牛肉事情、
私が高校生の時は、「肉、米」が日米貿易の摩擦。

ところが、肉はいつしか
アメリカ産からオーストラリア産が占めている。

切り替わったその時期は、狂牛病だけど。

いずれにしろ、
建国以来、日本が仮想敵国。

ま、分かる気はする。

いわゆる「武器輸出」、潜水艦に関してですけど。

採用国はオーストラリア。

日本がフランスに負けましたね。

なんとなく、納得できるような。

開く コメント(1)

新たな仕事先はまぁまぁ順調。

しかし、またもおかしな人物はいるなと(笑)

前回ほどではありませんが。

相変わらずTVを観ない生活も
youtubeなどで動画を。

そこで初期には無かったCMが入るのがうっとおしいのですけど
一つだけ好きなジャンルのCMが。





宝飾品を扱う企業、アメリカのティファニーによる
イメージ戦略の一環ですよね。

近年、いやちょっと前から
日本の企業もこの手が増えてきましたけど。

あくまでブランドイメージの確立。

新商品が出ました、の類ではないわけです。

物心つく頃には「ティファニー」という企業は知るでしょうけど
抜かりはないわけだ。

新たな世代は生まれ続けているし
知っている世代もイベントはある。

それより、今年の春バージョンは♪ムーン・リバー♪。

今現在はこれ(↓)





youtubeなどで突然介入し始める
CMの類は4秒待って秒殺、即消すのが私の日常も
この手は最後まで見るね。

よく出来ているし
また選曲がいい。

エアロスミス(Aerosmith )のDream On





ちょっと長い曲なのですが
これまたうまい個所を使ってる。


ここで思うのは
CMイメージで使われているのはカラーリングですか。

印象を与えますし。

イタリアのベネトンなど私の世代には有名でしょうけど
では欧米のお得意分野かというと
日本には伝統的なものがあるわけだ。




かなり前に記事にしたと思うのですけど
1953年衣笠貞之助監督による地獄門』(じごくもん)

結果的に
カラーで観るその衣装は本当に圧倒されたでしょう。

場面によっては欧米のフォーマルではありませんが
登場人物たちが白で全面基調の衣装もあるわけです。

場所によっては色の使い分けをするとは言え、
女性の着物だけでなく表情豊かな和服の色彩。

では色彩豊かにすればいいのかと言うと
頂上世界の世界では
こういうこともあるんだね、と。


イメージ 1



右はある意味、旬の人物である
サウジアラビアのムハンマド副皇太子で
左は日本の天皇陛下。

例の事件が起きる前、
ちょっと前に話題になっていた画像ですけど
海外からの要人が天皇陛下に謁見。

その場所は?

中東をはじめアラブの方々が
この画像に衝撃を受けたのを当時、
画像へのコメントで知りました。

贅沢三昧の我らが政治のトップや
王族とはまるで違う…がその大半。

そして、美意識への段違いの高さか。

日本人が観てもかなり驚くからね(笑)

ここまでシンプルにするかと。

しかし、外部からの光加減とは
当然計算しているのでしょう。

ティファニーのCMからそれを思い出してので(笑)

開く コメント(2)

お久しぶりです。

かなり間が空きましたけど
軽く前記事の続きを書きますと
仕事は前の仕事の現場から別の所へ移籍。

正確には移籍ではなく
一度辞めて、別のところに入り直し。

それはいずれ書こう。




以前にも書きましたけど
テレビは一切見ませんので(二度と来るなよNHK)
浦島太郎状態。

ネットのニュースなどで
取り上げられればそれなりには知っているけど。

先の動画、ガレッジセールのゴリさん扮する
松浦ゴリエが歌う♪Hey Mickey! 

最近になって、youtubeで知ったのですが(実話)
よく出来てるなと。

ただ、これは世代、さらに原曲がヒットした
欧米と言うか、この動画を観る人によって
受け方が違うだろうなと。

私は世代的に原曲を知っているわけです。
さらにミュージックビデオも。

↓ですよね。



男性コメディアンであるゴリさんが
女性キャラの松浦ゴリエというキャラを。

トニー・バジルToni Basil)を全く知らない
若い世代だけでなく年配の方でも
女性キャラを演じるゴリさんにクスッと笑いを貰うかも。

ただ、トニー・バジルのミュージックビデオを
後になってご覧になった方も多いかもしれませんが
制作側はある意味、非常に正確にコピーというかパロディを。

オリジナルを知っていると、本当に笑えます、
と言うより、感心します、ゴリエというキャラに(笑)

オリジナルの流れで、
ゴリエさんは女性のアルバイトから職業まで
衣装で分かるキャラも演じる。

キャビンアテンダントとか。

そう、そのキャビンアテンダント。

スチュワーデスだよね、私たちからすれば。

この、ポリティカル・コレクトネスとか言う
言葉狩り、私は本当に大嫌い。

看護婦さんだろう。

もし、傷ついて息絶えるとする。

「看護師」さんの膝の上か
「看護婦」さんの膝の上か?

そんなの迷うかい(笑)

「看護婦」さんに決まってる。
だって女性だって分かるんだから。

ちなみにその看護婦さんの年齢や問わないよ。
死ぬ間際、男が男の膝上で息絶えたいかって話。

仮に、「俺は男の膝がいい!」という男性が居ても
「看護師」ではどっちか分かんないじゃない。


本当にバカバカしい潮流。

なんと過去の文学作品でも
「看護婦」⇒「看護師」に書き換えられていると知って
非常に驚いた次第。

それを報告している動画を添付しようと思ったのですが
どこで観たか分からなくなった。

「さくらチャンネル」か「くららチャンネル」
か「DHCの番組」か「 」のどれか。

いや、本当に驚きました。

戦場の文学作品だから従軍看護婦のはず、
というかずっとそうだったのが、今になって
今の勝手な基準で「看護婦」⇒「看護師」に変更だと。

そんな馬鹿な。

私は看護「婦」さんの膝上で息を…

看護婦さんの年齢、容姿問わず。
本当に、心から尊敬しかありませんし。

大好きです(笑)

開く コメント(0)

先日、映画『マレフィセント』を観てた。

特に感想は無し(笑)

正直、主演のアンジェリーナ・ジョリーは
嫌いな女優ですが
この映画の役柄は合っているなと。

ルックスの面だけどね。


イメージ 1



この『マレフィセント』というキャラクターは
作品を制作したディズニーのアニメ版で登場し、
そのキャラ中心のスピンオフを実写で、
が今回の作品のようだ。

映画のことはさておき、
"maleficent"は「有害な」とか「悪意に満ちた」を
意味する形容詞にも。

ブログ再開時にちょっと書いた
新たな職場の状況ですが
この"Maleficent"と固有名詞として呼びたい輩が(苦笑)

具体的には男1人、女1人。
年齢は私と変わらないのですが、まぁ、偉そうで(笑)

正確には偉そうというより、勘違い。
そして世の中を知らないと言った方がいいのかな。

この業界ってこんな奴らばかりか?
と最初は呆れていたもののどうやらこの二人は
中でも、特別なキャラ。

二人に共通なのは
相手によって態度が変わる。

これは、どこの職場でもよくいるよね?(笑)

上や古株には猫をかぶり、
新人には尊大な態度って感じかな。

それもくだらないことにうるさく、
肝心な事は忘れているか、重要視しない。

私からすれば、優先順位が間違っている。

例えば、それを指摘すると…

機嫌が悪くなる(笑)

そうなんです、二人はその時の
気分などで機嫌が影響するという面倒さ。

周囲もそれをよく知っているのに
誰も注意しないので治らないと。

しかし、新人などに誰にでもうるさいかというと
そうでもなく
何と、外国人労働者には激甘。

これは観ていて本当に呆れました。

他の職種でもそうでしょうけど
人員が足りないため、私の職場でも
中国人などをスタッフに入れている。

いずれも若い学生さん。

なぜかこの子たちには最初から
異常に親しく、優しく接するのがその二人。

理由は分からないでもない。

この二人、日本人とはコミュニケーションが取れない。
本当の意味で。

表面上は取れているように見える。
古株だったりの方々が大人なので
表面上は相手をしてくれる。

ただ、嫌われているのだ、二人とも(笑)

多少はそれを察しているのか
二人そろって(勝手に気を許し)話しやすいのが
職歴も無い外国人の若い子たちということ。

彼らは日本語も完全でないので
深いコミュニケーションを取る必要が無いと
いうこともあるだろうね。

なぜ、新人、それも日本人相手限定になりますが
尊大な態度や偉そう、さらには嫌味まで言ってくるの、
その理由は、一つ。

自分は一番、仕事が出来る、との勘違い。

これもどこの職場にもいるかもしれません。
ただし、職種による。

その仕事、覚えさえすれば誰もできる、
上限値は非常に低い世界、私から見て。

その中で、私は重要、俺は重要、と。

しかし、新人はすぐに追いつく。
それでも認めず、なんだかんだと。

状況判断や自己分析が出来ない人たちってことですね。

この二人、なかでも女性の方が大問題。

私がそこで働き始めて
さんざん、その馬鹿女(笑)に悩まされる。

そこで、「辞めるぞ」と責任者たちを軽く脅し
彼らからこの女を牽制させ、今に至っている。

辞めるぞ、というのは
実際にその女が原因で何人も辞めているのです。

私が観ていた中で最短が1日(笑)

私が働き始める前に
(その女が原因で)1週間で辞めた人がいたと
聴いていたので記録を大きく更新(笑)

もうその記録を破るのは無理か?(笑)

その人たちに何が起きるかというと
何パターンかあるらしいのですけど
基本的はシカトされる。

話しかけもされず、目も合わしてくれない。
これは困りますよね。

新しくそこに勤めた人は仕事を覚える上で
いろいろと教えてもらわなければいけないのに。

職場の先輩が初めて会った時からその態度。

仕方ないのでこちらから聴きに行ったり
話しかけるとしますよね、どうなるか?

仏頂面か無表情でぶっきらぼうな返答。

できれば、接触は避けたくならない?(笑)

まぁ、世の中にはそういう人もいます、と
割り切れないのは
新人以外にはまるで少女のような表情と態度。

私とほとんど年齢が変わらないので
おばさんが少女のように、です(笑)

つまり、古株の女性陣には
私は可愛い妹です、のような表情、声、態度で接する。

上役の男性陣には
私は可愛い娘ですのような表情、声、態度で接する。

外国人の若い子たちには
私は優しいお姉さんです、のような表情、声、態度で接する。

もう一度書くと、いい歳したおばさんが、です。

自分は最初から相手にされず、
さらには、仕事中に機嫌が悪いと大声を張り上げてくる。
重要でもないことに。

ところが、自分以外の人間にはそのような態度。

声のトーンをちょっと上げるというのは
仕事をしていれば珍しくない。

例えば、クライアントと商談なら私でもトーンを上げます。

その女性はトーンではなく、声が変わる(笑)

声と言うより発声そのもの。
声色だけでなく子供が話すようにリズムまで変える。

先ほどまで大声を張り上げ、
特定のスタッフに怒鳴っていたおばさんがです(笑)

どこかしらにいる、うるさいおばさんスタッフやお局とは
まるで異質なおばさんということが分かるかな。

少女のように変わる、と書きましたけど
そのおばさん、本当に自分が少女と思っている節がある。

結婚しているんですよ、そいつ。

つまり、精神年齢が非常に低いと思わざるを得ない。

わがまま、身勝手など子供が駄々をこねるような面、
言動や態度含めて新人たちには存分に見せつける。

私ね、この馬鹿女、本当に病気だと思います。

そこまで変わらないだろ!という面を何度も観ましたから。

では、この女に直接、反撃という手もありますよね。
怒鳴られたら怒鳴り返すとか。


そこで先述した
 そこで、「辞めるぞ」と責任者たちを軽く脅し
 彼らからこの女を牽制させ、今に至っている。
に関することになります。

私の上、つまりその部の責任者と
その女は、出来てる(笑)

不倫ってやつです。

ほとんどの新人は黙って辞めてた。
報告する相手がそれではね(笑)

例外は私がそこに勤め始めた時にいた
先輩にあたる男性スタッフがその馬鹿女とトラブルに。

その結果、その男性スタッフが追い出され
馬鹿女が残る形になった経緯が。

どうしてそうなったかは、その不倫相手の男が
立場を利用し、全て相手の男性スタッフの責任にし
女にとって都合の悪いことは隠蔽。

その呆れた顛末を観ていたので
私はその現場責任者を飛び越え、トップに事情を説明。

そこで、またしても呆れたことが。

私は外から来た人間だったので
フェアな立場、しかもそこの仕事に固執しないのは
相手も重々承知。

私が嘘を言うわけはない。

そのトップの人からすると
今まで聴いていたことと真逆の事実や情報が
私の口から次々と語られることに驚きますよね。

聴き終わった彼の口から出てきたセリフは?

 「菊千代さん…その話…
  聴かなかったことにしていいですか?」

私は「えっ?」と(笑)

支店のトップだから
あらゆる権限がその人にあるわけですが…

私が社会人になってから初めて聞いたセリフ。
ドラマや映画でなく現実社会で聴くとは思わなった(笑)

事なかれ主義の人と聴いていたけど
それは言っちゃダメなセリフだよね。

ただ、他スタッフからも同じような報告が続き、
少しづつ、その女の立場は不安定に。

不倫相手の男はスタッフ間の亀裂が
完全崩壊しないよう躍起になっている状態(笑)

まぁ、そもそもその男がその女を連れ込んだそうだ。

別な会社で人間関係がうまくいかなかったというから
人間性だよね。

そこにメンタルの病気があれば
猫をかぶっている以外のスタッフと上手くいくはずがない。

今現在、"Maleficent"の男性スタッフは
かなり立場が悪い状態に追い込めたので
居なくなる可能性が高い。

その馬鹿女を除去するには
不倫相手の男とセットかな、と考えているところ。


開く コメント(0)

今日も1曲。

3人のシンガーで。

もともとは↓の方のために用意された曲。




ですから、リリースの時期は遅れましたが
Roy Orbisonがオリジナルと言えるかな。

レコーディングしていたも
ロイ・オービソンが亡くなってしまい、
曲は死後になってこの世に。

カバーをした中には↓も。





Celine Dion のバージョンだね。

だけど、私はロイ・オービソンより
先にリリースる形になった
↓の女性シンガー版が好きです。


イメージ 1



この画像シーンがMVに出てくるので思い出す人もいるかな。

夜中のストリートの上で、
真っ赤なスリップドレスに裸足。

これがかっこよくてね。




このシンディ・バージョンは
イントロが弦楽器で入り
それが所々使われているのも好きだな。

開く コメント(0)

全325ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事