菊千代の部屋

転載、引用、画像などご自由にお使い下さって結構ですよ。(転載条件が存在するものは記載しています)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全323ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

まず個人的なこと。

ようやく新たな仕事が始まっていますが、
今までやったことも無いジャンルなので
毎日が不安で(笑)

私、この業種、向いてないというか。
才能とかではなく、人には向き、不向きは少なからず。
この方面へ今から進んでいいものかと(笑)

まぁ、いいです、環境面だけはいいので
しばらくやってみます。

ちょいフィギュアのことでも。
難しいことではなく、もっと早く気づけばな…と。



動画内容をご覧頂ければお分かりになると思いますが
日本のアニメ(実写版もあるけど)「宇宙戦艦ヤマト」から
いくつかのバージョンを組み合わせたyoutubeの動画。

ちなみに「宇宙戦艦ヤマト」が北米で放映された時の
タイトルは動画タイトルに入っているように「StarBlazers」

この動画、編集なども素晴らしいのですが、
何より、この動画に使っている音楽、これがあったかと。

その曲はTwo Steps from Hellという音楽会社が製作した
♪ Heart of Courage♪。

真央ちゃんの動画に使えたな、とそれだけなんだけど(笑)

♪ Heart of Courage♪は「勇敢なる心」と言ったところか。

気になって、フィギュア・スケートで使われているか
調べたところ、ロシアのペアがフリーで使ってるな。




あとは、自由に作れる動画上、これが気になるのだけど
調べると、アメリカの女子シングルの選手の演技に
この曲を差し替え製作したファンなのかな。





では、個人的に気になるトリビュートでは…
既に使われているか。(悔しいな:笑)

2012年のロンドン五輪やUEFA EURO内で
使用された曲から、目を付ける人はいても不思議ではないけど。

まず、ロシェットさん(↓)



次に、メリチャリ(↓)



そして、日本の選手も(↓)



羽生くんだ〜〜(笑)

動画を製作されたファンの方、いい曲に目を付けましたね。

しかし、動画チェックしている時、
羽生くんの隣に座っているカナダ人のおっさんを久々に
観てムカついてきた(笑)

この記事に

開く コメント(0)

この動画も追加しておきますか。

もし、ご覧になったことの無い方は
お時間があれば。



こちらも、お亡くなりになられた小野田寛郎さんとの
対談ですが、約10年前に放映されたもので
渡部昇一先生は滑舌がここ数年とは違い、
まだまだお若い時。

小野田寛郎さんも80歳を超えているとは
信じがたいお若さのですが
お二人がカトリックお話を。

そこで思い出すのが、



くららチャンネルの方でも
倉山さんと宮脇先生が急遽、喪服で放送回を。

その倉山さんの歴史解説は実に勉強になるのですが
こういう回がありました(↓)



あとはこれも(↓)






この記事に

開く コメント(0)

昨日、真央ちゃんの記事と一緒には出来なかったので
1日伸ばしました。

私が知ったのは↓の番組内。



番組内で、1時間7分過ぎですが、
CM明けに居島一平さんか「ここで悲しいお知らせです…」と
渡部昇一先生が亡くなったことを伝えるニュースを読み上げる。

正直、衝撃でした。

もちろん、ご年齢もご年齢、お若い時に比べると
渡部昇一さんも容姿等々、心配はしてましたが。

いざ、お亡くなりのニュースを聞きおよんで、残念、
本当に残念。それしかない。

なぜなら、いまやっと、の時期。
ようやくそこまで一歩かな、まで目に見える形で。

私はもともと、渡部昇一先生に影響を受けたのは高校生から。
つまり、ネットの無い時代です。
その中で、こんな方がいらっしゃるんだと、心の底から尊敬を。

長くなるので、その番組、その曜日の百田尚樹さんが
改めて説明してくれた
生前の渡部昇一先生がおっしゃったことをここでも。

渡部昇一先生の訃報のニュースを終えようとしていた時、
百田尚樹さんがそこでストップをかけ
 「渡部昇一先生が生前に素晴らしいことをたくさんおっしゃっていましたけど、
  ここで一つだけ短く言います。」と紹介する形。

その渡部昇一先生のお言葉の内容は

 「従軍慰安婦、南京大虐殺。

  昔の日本人なら悔しくて、
  必死になって勉強して相手を論破したと思う。

  僕が政府の全権特命大使として、
  南京やワシントンに行ってもいい。

  あらゆる資料を集めて、
  どんなことでも、その場で叩き潰して見せます」

下げた頭が上がらないほどの凄まじさ。

ちょうど、この訃報のニュースに入る前、
DHCの他番組の宣伝が入っていましたよね。

そこに、私も好きな馬渕さん(元ウクライナ大使)が出演しているものが流れ。
馬渕さんの言葉がそこへ。

  「なぜ我々が頑張っているのかというと
   自分の為じゃないんです。

  その後に続く若い人たちの為に
  少しでも良い日本を残したい、思いなんです」

渡部昇一先生とも共通します。

片や上智大学の教授。
馬渕さんは外務省のOBですから言えないこともあるでしょう。

それぞれ社会的な地位がある方々。

一方ね、そこらの学校の教師でもいい、私塾の先生でもいい。
昨年か、呆れ果てたよ。

もともとそういう思想だったのか、と初めて気付き
その記事にコメントしようかと思ったけども
その人が勝手にそう信じ込んでいるのは勝手。

問題は、子供たちを指導する立場ってこと。
あなたが何をどう信じようと勝手、
だけど子供たちに「間違い」を教えるな!

教師としては優秀なんだろう。
小学校や中学校の子供を高校レベル以上の実力にするのだから。

でも、私からすると、「で?」
になるね。

その子供たち、そのまま行けば希望通りの高校、大学、就職が叶うかも。
もしかしたら外務省へも。

しかし、自分の国の「正しい」歴史を知らないで
どうやって外交をするのか?

東京裁判史観を守る?
あ、そうか、それは、日本がアメリカの属国であり続けるわけだ。
外務省の人材にはうってつけか(笑)

それはある意味、仕方が無い、実際、アメリカ軍が
日本に我が物顔で基地を置いて半世紀以上。

しかしだ、完全な歴史的な間違いでも、信じたいのかね?
この時代にだよ。ネットがある。

アメリカ軍は日本から当面どけられない。
日本は日本で軍隊すら無い。

日本は今でもアメリカの属国もしくは半属国かもしれない。

しかし、完全占領期間と違い、私信に到るまでの検閲は無く、
教科書が必要の無い教育現場において
子供たちへ日本がやってもいないことを歴史的な事実として教えるのか?

いいかげんにしろっての。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

昨日の記事に書きたかったけど
真央ちゃんと小汚いKYを一緒にしたく無かったので記事を分けた。

まず、あの東国原さんが実に上手い表現をしてました。


この番組、基本的に観ていません(笑)
私、地上波のテレビ番組は一切観ませんので。
ただ、存在は知っています。

12分ぐらいからですが、歌手の山本 譲二さんが
(真央ちゃんが)「日本国のために」「日の丸を背負って」と
言って下さっているのをみて、少しTV界にいる
心も国籍も「日本人」の芸能人が少し変わりつつあるように
感じました。

この番組を仕切る坂上忍さんもこの真央ちゃんの引退ニュースに
際して、何度か「俺は日本人だから」と。

イメージ 1


あのフジテレビの中でだよ(笑)

間違いなく、番組スタッフ等々の中に、心もしくは国籍が
日本人でない輩が少なからずいるでしょう。

ちょっと殺伐記事に入りそうなので(笑)
同じくバイキングからですが、

(1)東国原元宮崎県知事が10:30秒ぐらいから。
(2)生島さんが11分15分過ぎからコメント




先に(2)に関してですが、生島さんが、菩薩様と長嶋さんを例えで。
長嶋さんの例えは、天然のスーパースターで分かりやすい。

もう一つ、真央ちゃんの顔立ちが菩薩様に見えてくる、
というのは私も数年前に記事にして数人の真央ファンに怒られた
思い出があるのですが(笑)

輪郭、顔立ちがそう見える、では無くて、
「尊い」存在に見えるとでも。

生島さんのように、特別なファン以外から見ても
そう見え出すと彼は言ってくれている。

当時、画像として比較画像にも上がっていましたけど
あの像、数百年どころか千年以上前に当時の天才が彫りだし、
未だに超えるもの造れないわけだから。

それほど、洗練され究極の美ってことです。
単なる仏像の輪郭に、とかそういうことではないです。

生島さんも「菩薩」それは「弥勒菩薩」とさらに限定していますが
これは、真央ちゃんがオーラを放っていることを感じているんですよ。

このオーラ、同じスポーツ界で活躍する人は気づくようで
セリエAでインテルに所属する長友佑都選手がtweetしてましたね。

 「浅田真央選手引退。アスリートとして華があり、
  人間的にも魅力的なオーラをここまで放てる選手はなかなかいない。

  個人的に凄く好きな選手だったな。苦渋の決断だったと思うけど、
  浅田選手のこれからの人生を応援したい。ありがとう浅田真央!」

長友選手、凄いですよね、
私たちのようなファンがオーラだ、と言っても
アホな連中からマオタと言われる。

ところが、他ジャンルでも
スポーツ選手として一流だと「オーラ」にはとっくに気が付き
さらに「人間的にも魅力的なオーラ」を感じるわけですから。

次に(1)で東国原さんが「白雪姫の記者会見」と表現を。
まさしくと思いました。

彼が心が洗われるとかは、
私も真央ちゃんがマイナスイオンのオーラを、
何度か記事で書きましたよ(笑)

「白雪姫の記者会見」、つくづくそうだな、上手い例えだなと。

この記者会見、先ほどの動画でも入っていましたが
真央ちゃんが2回ほど涙を見せないため、後ろ向きに。

これに関して素晴らしいコラムを書かれていたのが(↓)

「浅田真央さん〜笑顔までの時間〜カメラが彼女に恋をしたPart2」


↑は実際に会場でカメラを構えた長久保さん。

そして、その時の真央ちゃんの服装を
単なるファッションを超えてかなり的確に言ってくれていた
と思うのが(↓)

浅田真央の心情は真っ白/ドン小西氏が服装チェック

 「卒業式と入学式を一緒にしたような感じ。
 思い残したことはなく、今後についても真っ白という、
 今の心情が表れているんじゃないかな

上手いこと、読み解きますね。
一切、ケチを付けられてなかったので私も紹介しました(笑)

でもかなりその通りだと思う。

今後については、確かにある程度は真っ白でしょうけど、
一つの区切りとして真央ちゃんが自身で決断し、
私たちへ。

私、ちょっと、この曲が頭をよぎりました。



真央ちゃんが結婚?
素敵な男性がいれば、それでもいいのですが
そういうことでなく、新たな人生への旅立ちですね。

残していく親しい人たちへ心配しないでと。

この記事に

開く コメント(0)

昨日になりますか、午後3時ぐらいに配信された
お隣国で開催予定の冬季五輪に関して
キムヨナの画像付きニュースがさっきまでヤフーのトップニュースに。

気持ち悪い、気持ち悪い。
キムヨナが五輪の聖火をギリシャに取りにいったとか。

真央ちゃん引退の数日後に、こんなニュース、
わざわざ7時間以上、トップに持ってくるなっての。

しかも、ネットニュースへだよ。
コメント欄を覗くと、「八百長」、「買収」などの言葉が並ぶ並ぶ(笑)
特別に嫌韓の人たちじゃないからそれ。

地上波でやっておけば、ある程度スルーされるのに
ネット民を馬鹿にするなっての(笑)
ほとんど知っているって=の。

そのネットで、yputubeに真央ちゃんメモリアル的な
動画がかなりアップされている中、
この方は、早々とこういうことを言ってくれてたね。


当時、私達よりもいわゆる保守系のブロガーさんたちが
フジテレビを筆頭とするマスメディアの報道姿勢の
おかしさに気が付き、かなり情報発信を。

しかし、私を含め、必ずしも純粋なフィギュアスケートの
ブロガーでは無い者が、そのことを指摘しても
最初から「不正は無い」、「メディアに限って」のお花畑の人たちは
黙るどころか、私から言えばその不正や偏向報道に加担だ。

ところが、今になって
真央ちゃん引退直後、興味深いニュースが配信されました。


「浅田真央引退に安藤優子がドヤ顔で放ったトンデモ発言に非難の声が殺到!」


今現在も、ネットの検索欄で「安藤優子」と入れると「浅田真央」の
セット検索が一番上に出てくる。

安藤優子及びフジテレビの悪行は私達なら誰もが知っているので、
最後の最後まで安藤優子は…。

私からすると、安藤優子はお馬鹿というより、
マスメディアから身分と高給を保障されたただのメス犬。
ご主人様には逆らわず、悦ばせるため余計なことまで口にする。

さきほどの動画でKAZUYAさんがおっしゃっている内容。
当時を知る真央ファンならみんな知っているのですが
引退直後に、この手のことを改めて発信してくれるのは
嬉しかったですよ。

知らない人も多いでしょうからね。

そこで仮に、知ったとして、当時と同じく
「まさか、そこまでは…」と思う人がいても不思議ではない。

先の安藤優子の言動が起こしているネット上での騒動。

それを発信しているのは個人もたくさんいる、
ところが、先ほどリンクを入れたのはメディアの一つ。
アサヒ芸能か。


 「ファンが『またか』と呆れるのには理由があります。
  安藤はかつて浅田をゲストに招いてインタビューした際、
  浅田の転倒シーンを大きく扱ったため
  『真央ちゃんをバカにしている』として非難されました。
  フィギュアファンの中で安藤とフジテレビは害悪認定されています」  (週刊誌記者)

私達には常識。

ここで重要なのは、当時、その事態を
メディアの少なからず人たちも知っていたということを告白。

フィギュアファンの中で安藤とフジテレビは害悪認定されています」

↑は一体何年前だと思う?

その間、安藤、フジテレビ、スケ連、電通に関して
マスメディアでなくても、週刊誌程度でもいい、
告発記事を書いたか?

そこだよ。

さらに重要なのは、ネット上で私のような個人が
小さなブログで疑問や憶測と言われようと記事にして発信、
KAZUYAさんのようにネット等で知名度がある保守系の方々も
限られた場所で発信。

それらはルールを知らない真央ファンが〜で片付けることも出来ただろ。

ところが、当時、
フジテレビ、電通へ実際には大掛かりな抗議活動が起きていたのだ。

特別、真央ちゃんのためではなく、保守の人たちが
偏向報道を許さないために行動してた。
だから朝日新聞、毎日新聞などが主要なターゲット。

しかし、あまりにも目に余るフジテレビ。
そこで、真央ちゃんに関することも含め彼らは抗議へ。

その数、10人、20人じゃない、数百人単位で毎週のように。

さて、どこか地方新聞でもいい、週刊誌でもいい、
それを取り上げただろうか?

「本日、フジテレビ本社へ数百人のデモがありました」
とか
「電通本社へ」はどう?

これで、何が報道の自由だ。
報道しない自由を謳歌している連中が。

しかも他国の利益になるためがほとんど、
ため、というより、その目的もあるんだろうけどさ。
ただ一言、この売国奴が。

この記事に

開く コメント(0)

全323ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事