菊千代の部屋

転載、引用、画像などご自由にお使い下さって結構ですよ。(転載条件が存在するものは記載しています)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
劇場で映画鑑賞を始めたんだったね。

と自分自身に言ってもしかたありませんけど。


イメージ 1



最初に取り上げるのは、
リーアム・ニーソン主演の『トレイン・ミッション』。

プチっとネタバレになるけど
映画の感想と言いましょうか、
印象と言いましょうか、一言二言で書くと…

映画の最初の頃に出てきた出演者の一人。

こいつがちょっと怪しくね?

と思ったところ、そいつが犯人だった(笑)

レビュー終了(笑)

まぁ…
深いことを考えなければ
密室劇をお好きな方はそれなりに楽しめるかなと。

劇場で鑑賞する、のついでに書くと
私の席の隣には女性が!

とうとう独身貧民の生活も、
この歳になって終止符が?

では無く、
同じ職場の映画好きの女性でした。

たまに一緒に行こうかなと。

開く コメント(0)

懐かしの曲でも聴くか。



ケニー・ロギンスKenny Loggins)の♪Footloose♪と
ブレイク・シェルトンによるカバーか。

当時、流行ったね。
この映画のタイトルでもありますけど。

ケヴィン・ベーコンは
若い頃も容姿はあまり変わらないな。

役柄はその後、いろいろ演じてくれたけど(笑)

この映画はリメイクもあったんだね、観てないけど。

そうか、調べてみると、
私たちの世代がどっぷり洋楽にハマるきっかけになった
MTVが曲と映画のヒットの要因にも。

MTVで観るMV(ミュージック・ビデオ)は
確かに、曲ごとに楽しみでもあったからね。

その♪Footloose♪を使った
オマージュというのかトリビュートと言うのか
私の好きなことを映像にして下さった方(↓)




神フレッド・アステアは必ずこの手の動画に入ってくるね(笑)

開く コメント(8)

先日、久々に

「世界!ニッポン行きたい人応援団」の

過去放送で未視聴回をyoutubeで。





このアルゼンチンの男性、ディエゴさん。

凄いな。

正直、観ていて、負けたな、と思った(笑)

ここまで情熱を燃やし続けられるとは…

物心ついてから思春期、そして今まで30年以上も
思い続けるとは…

私も子供の時にTVゲームが無い時代に育ったから
プラモデルはかなり作りましたよ。

ディエゴさんが憧れ続けたタミヤ以外にもハセガワとか。

私の場合は車やバイクで無く、
ほとんどが連合艦隊、つまりは旧日本海軍の艦艇。

そのパッケージには各艦艇の戦歴などが
ざっくりと紹介されているのですけど
インターネットが無い時代、なかなか貴重な情報でした。

なぜ貴重かと言うと、自虐史観など皆無だから。
私が子供の時でしたし。

ある艦艇だとする、どの海戦に参加、
どの海域でその生涯を閉じる。

「〜沖を侵略し〜」などの表現が無いってことね。

自虐史観ではありませんが
一方的に押し付けられ信じ込んでしまった価値観なりは、
認識の過ちを解かないと。



イメージ 1


ちょっと馬淵先生の画像を。

ディエゴさんの動画からはかなりかけ離れるけど
もう一つ動画(↓)





ブログ休止中、テレビを全く観ないのはいつもですけど
ネットでDHCや倉山さんの番組、そしてさくらさんのチャンネル、
以前と割合は違いますけど今まで通り。

で、先の馬淵先生の番組、
「和の国の明日を造る」が最終回と知り、残念だなと。

ただ、充電して必ず何らかの形でまた、と
馬淵先生がおっしゃっているので
この番組に関しては、ということならいいのですけど。

気になるのは、最後のご挨拶のような形で
ご体調面のことや現在の想いをお話されている後、
感極まって涙ぐまれているお姿が心配ですね。

お忙しい方でしょうが、肉体面、精神面、
ゆっくりご静養して下さったらなと思います。

開く コメント(0)

とりあえず画像を1枚。


イメージ 1


とりあえず画像を1枚。

かなり以前に記事にした思い出もあるけど
1998年ハリウッド版の『GODZILLA』(ゴジラ)から。

ジャン・レノはフランスの俳優ですが
映画の中ではアメリカで活動するフランス諜報員。

今では日本でもスターバックスが展開し
アメリカのコーヒーへ対する偏見は少ないかも。

しかし、一時期まで
 「アメリカのコーヒー」 ⇒ 「不味い」

という先入観は
美味しいコーヒーが飲める国の人たちなら
本当にそう思っていたはず。

それが笑わせるシーンとしてこの映画の中に(↓)



最初にアメリカでコーヒーを飲んだ感想はやはり不味い。

二度目のシーンでは部下がフレンチローストの豆で
コーヒーを入れてくれたことを知らず
同じ反応をしかけるも
豆のパッケージを見て…という流れ。

で、ブログ復帰記事でちょこっと書いたイタリア語ですが
イタリアと言えばエスプレッソ。

イタリアのお店で「caffè」と伝えると
エスプレッソが出てきてしまいますか。



↑はネットを利用してイタリア語をかじる際に
利用させてもらっているダヴィデ先生のチャンネルから。

ちょうどイタリアの喫茶店のお話が。

イタリア旅行へ行く方でなくても
スターバックスへ何となく行かれる方で
疑問に思っていたことを解決できるかも。

使われているメニューにイタリア語もある、なら。

私はスターバックスは利用しないのですが
(タバコが吸えないので:笑)
「ラテ」とか「マキアート」はたまた「カプチーノ」って何だ?と
行きなれて名称と商品がリンクされている以外の方へ
役立つのではなかろうか。

その日本で言うエスプレッソですけど
ドトール・コーヒーなどで昔から導入されていたので
エスプレッソだけのため街角で見かければ
私はよく利用していました。

自宅にエスプレッソ・マシンとか無かったので。

一昔前に比べ操作性に優れ、廉価なものも増えたのか
家庭用のエスプレッソ・マシンも人気なようですけど
そこまで予算を掛けなくても
こんな手軽に、という方法があるんだね。

同じくダヴィデ先生から(↓)




家ではコーヒー、
外ではエスプレッソを出せる店でそれを注文する、
という人生(大袈裟だな)でしたけど…

家に直火式のマキネッタがあれば
簡単にできるじゃん!

と今になって欲しくなった(笑)
しかも使い込むほど味が出ると。

昔、紅茶をリーフから買ってきて
煎れていたことが。

あまりの味の違いに衝撃を受け(またも大袈裟だな)
もう既製品のティーバッグ紅茶なんて飲めないよ!
ということが。

ただし、
煎れ始めてから飲めるまでの時間や手間が
次第に面倒になり
ティーバッグに戻った思い出が(笑)

マキネッタを手に入れても
近所のドトールなどへ出かける手間を選ぶかも…(笑)

開く コメント(2)

仕事の愚痴だの
ブログ更新が滞っていた間の話題など
書こうと思えばいくらでも書けそうですが…

曲でも聴こう(笑)

疲れてるし(苦笑)



映画『グリース』(Grease)からのシーンですね。

ジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン=ジョンですが
オリビア・ニュートン=ジョン、ウエストが細いね〜

可愛らしいよな、この頃は特に。

この曲も良かったな(↓)



また懐かしの曲を次の記事で(笑)

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事