菊千代の部屋

転載、引用、画像などご自由にお使い下さって結構ですよ。(転載条件が存在するものは記載しています)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

よし、書いてみるか(笑)
これは該当者にあたる、とある真央ちゃんのファンの口から
特別な形で語られることも今後無いでしょうし、
ご本人もその事に気づいていないかもしれない。

ただ、第三者(?)の同じ真央ファンからすると、
れを知った時にとても感じ入ったことだったので、いつか記事にしておこうかと。

あくまで、「私がそう思った」というだけ。
別な記事でよく書いている表現を使えば、ある事を知る、それから
 「もし(同じ真央ファンで)他に同じことを感じた方がいらっしゃったら…
  出てこいや!」
とでも(笑)

長くなりそうので、さっそく、イチメーターのエイミーさんから。
もしかしたら、彼女をご存知の無い方はいらっしゃる?
日本のMLBファンならみんな知っている方ですけど。


sportnaviでコラムを担当されている丹羽政善さんのイチロー選手関連の
情報は実に面白いので、ご存知の無い方は全て読まれる事をお勧めします。
 (ただし、全文読むにはアプリ限定(無料)が多数)
もちろん、このエイミーさんのことも紹介されていた。
それを読むだけでも、いかに彼女が筋金入りのファンかということがよく分かる。

ただし、ここで非常に重要なのは先の動画で紹介された
ファンでありながら、イチロー選手と表立った
(内外のメディアでも取り上げられた)特別な関係が生まれたのは
イチロー選手がマリナーズからヤンキースに移籍した「直後から」なのだ。

マリナーズ時代、エイミーさんはセーフコ・フィールドのライト最前列に近い席を
年間シートで持っているので、いつも自身の守備位置の真後ろにいる、
当然、ずっと、その存在は認識していたでしょう。

しかも、シスラーのMLBシーズン最多安打記録を破った際には、
エイミーさんのイチメーターが野球殿堂博物館に展示され、
それも日米で大きくニュースになっていた。

しかし、イチロー選手は、だからと言って、エイミーさんに特別なことは
していない、私の表現では、あくまで「ファンの中の一人」。
もう一言加えると「マリナーズ・ファンの中の一人」。

イメージ 2

ちなみに
イチロー選手が観客の声援や拍手に対してリアクションする際、
よくやっているのがアウェーなら帽子のひさしを軽く掴んだり
ホームならグラブを口の動きの感じに見せてパカパカさせたりか。

「マリナーズ・ファンの中の一人」だからこそ特別扱いはしなかったんだろうと。
もし、イチロー選手がマリナーズに引退まで在籍したなら
その引退の日までイチロー選手がエイミーさんに…も無かったのではなかろうか。

私が言いたいのは、年間シートで毎年ホームの全試合を応援してくれるファンも、
今日この日しか球場に来れないファンも、平等に対応してきたと。
例え、ファンの中の一部がメディアに取り上げられ有名になった後も。

↓の動画もそれに近いか。
イチロー選手は、そのヤンキースから現在のマーリンズに移籍。
で、マーリンズの対戦相手の球場で試合、
場所は、サンフランシスコ、つまり、アウェー、ここにエイミーさん。
で、イチロー選手、練習の時に…


おそらく、球場内でここまでイチロー選手と…は初めてでは。
イチロー選手がマリナーズからヤンキースに移籍した直後を除けば。

エイミーさん、マーリンズの本拠地にも観戦に訪れていますが
果たして、
その
マーリンズ・パークで同じ光景は?
他のマーリンズのファンへの対応は…となりますし。

MLBの過去の有名選手で終盤まで首位打者争いをし、最終戦か数試合を残し
若干リード、首脳陣から試合に出場しないで(打率を維持し)タイトルを、
と促されるも、それを拒否して出場した選手がいましたね。
確か、その選手がその際に言った台詞が
 「今日のこの試合だけ、私が試合に出ることを楽しみに
  初めて球場に来ているファンがいるかもしれない。その期待を裏切れない」
だったような。

球場観戦の常連さんも、もしかしたらそれが唯一の球場観戦のファンも
何と言うのかな、平等に扱うと言うのか、
選手からファンのランク付けはファンの前ではしないとでもいうのかな。

話を戻すと、イチロー選手、ヤンキースに移籍し、ヤンキースの選手となり
ヤンキーズのユニフォームを着た「直後に」初めて自身から
エイミーさんのライト席に歩み寄り、自身の「マリナーズ時代への応援」を感謝、
そしてその後のプレゼントや球場での…になるのですよ。

それで、先のイチロー選手のMLB通算3000本安打へ近づくニュース、
いくつもありましたが、ほとんどのコメント欄に
「エイミーさんには現場で目撃をしてもらいたい」があり、しかも圧倒的な支持。

当然だよね、私たちからしたら、エイミーさんには感謝しかない。
例えば、イチロー選手が今現在ならその試合でヒットが出ずとも
エイミーさんがその球場にいれば、イチロー情報とともに
それが日本にまでニュースとして配信されるのだ。

エイミーさんはエイミーさんで素晴らしいお人柄と感じたのは先の動画にも
ありますが、イチロー選手所属のマリナーズが日本で開幕戦をすることになり、
東京ドームへ彼女も。
そこでは、日本在住のイチメーターはもとより
イチロー選手、そしてMLBファンが彼女へサインを求め長蛇の列。

自身の目の前に広がるその光景を見たエイミーさんが
自身と同じ選手のファンたちの数多くの想いを感じ、受け止めたと。

まさに、このイチロー選手と、エイミーさんの出来事があった時期。

当時、とある真央ちゃんのファンと接触を。
動画など多数アップされている真央ファンなら誰でも知っている方。
この記事では、「とある」とだけにしておくけど。

で、この方が、アップして下さる動画で
真央ちゃんが海外の試合に出場しているものも、ほぼ全ての試合か。
さらにその中には前日なりの公式練習のものもありますよね?

日本とは違い、欧米で世界選手権でさえ開催地によっては
練習日など観客席はガラガラだ、例に漏れず、その日もそうだったそうですよ。

イメージ 1

で、その日だけか知りませんが、その真央ファンの方、
ちょうど、真央ちゃんがリンクから引き上げるかどうかの際か、近くを
通っていたので思わず声をかけたと。
「(試合)がんばって下さい」とかその類。

私、それを聴いたときに、その真央ファンの方に質問を。
 「真央ちゃん、反応してくれました?」とかその類。
 さらに
 「真央ちゃん、(あなたを)知っているのでは?」

日本ではフィギュアの観客が満員も、海外、しかも、練習日、
しかもしかも、一度や2度ではなく、ガラガラの観客席に同じ日本人が。
気づくだろと、いや、気づいているだろと。
そして、同じ真央ファンからしてレジェンド様だ、これだけのお方、
真央ちゃん、何か特別なリアクションをこのお方に…
と内心は祈りながら(笑)そのお方に質問ですよ。

確か、その回答は、
 「特別なことはなく、(真央ちゃんが)笑顔で『ありがとうございます』と」

そのお方も特別なことを全く望まない
ファン意識がまさにレジェンドの域に達しているとは言え、
正直、その真央ちゃんの反応を知った時は
先のイチロー選手とエイミーさんのことがあった直後だったので
心から「ほっ」と安堵というか安心感といいましょうか。

同じファンから見て、これだけのファンなら何か特別なことが…
と起きても同じファンならとても嬉しいのですが
「ファンの対応」ということでは、特別扱いが無かったのが逆に嬉しかったでも。

さらに、その時にまさに
真央ちゃん…イチロー選手と同じだ…とね。
ファン同士の間ではリスペクトし、その情報に感謝する、傍目から見れば
いわゆる格付けとかに見えるかも、そう感じるものがあるのかもしれませんが
スーパースター中のスーパースター、そのアスリートの前では
ファンは平等なのだ。

もちろんファン同士でも、まず、無い、はず(笑)

せっかく、イチローさんと真央ちゃんを一緒の記事にしたので
過去に貼った二人のいくつかの動画の中でこれが今まさに。
何度も見直したことありますけど。


イチロー選手、先日のMLB通算3000本安打達成の公式会見も席で
達成感か何かを問われたときに成功率が70%以上の競技では〜
とか回答されていましたよね。
これはまさに真央ちゃんのフィギュアや今現在の五輪なら体操競技とか。

だとすると、真央ちゃんは模範解答(「レゴ」は除く:笑)というか、
自身の競技そのものか。
70%以上の成功率の組み合わせでプログラムでしょうから。
で、試合で100%を目指すと。

一方、野球、打撃に関しては、どんなに素晴らしい打者でも
成功が3割で、失敗が7割近くだ。

これもネットニュースになったし、私もジーターさん(元ヤンキース)の
アップした原文まで読みに行きましたが、ジーターさんが指摘したことを
イチロー選手本人がこの時期に既に「一番得意なこと」と口にしてますよね。
 (日本語で言うと「一貫性」)

さらに「2番目」のことも、(イチロー選手)が毎年打撃フォームを
(模索し)前年から変える、ということで有名ですし。

まだまだ長くなりそうなのでこの辺で(笑)

その前に一言、イチロー選手が日米通算でタイ・カッブのMLB通算を抜き、
そのセントルイスで非常に暖かい観客のリスペクト動画を以前の記事に。
で、そのタイ・カッブって日本語にすると「球聖」とか呼ばれてますよ?

私、成績はもちろんのこと、今現在までのあらゆる面から
イチロー選手こそ、「球聖」と呼ばれるに相応しいと。

https://sports.blogmura.com/skating/ にほんブログ村 スケート
https://blog.with2.net/link.php?1118963 人気ブログランキン

開く コメント(0)

開く トラックバック(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事