菊千代の部屋

転載、引用、画像などご自由にお使い下さって結構ですよ。(転載条件が存在するものは記載しています)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

就活しなければいけないので忙しいのですが(笑)
前記事が久々の投稿だったにも関わらず
いきなり疲れを癒す記事でも。

と言いますか、これは○ケ月前…いや、○年前に投稿しようと
思いつつ書いていなかった。

ここ数年、何だかんだと忙しい中、
このドラマに嵌っていた(↓)



ご存知ですか? ドラマ「猫侍」。
出演している白猫ちゃんが…か、か、可愛い!(笑)

白猫と言えば、ブロガーさんで知っているのは
「ほっこり猫生さんちの「まお」ちゃん。

そして、この猫ちゃんも白が基調(↓)

イメージ 1


同じく知り合いのブロガーさん「わんこのまま」さんちの
「ジャスミン」ちゃんですが
ブログに登場した時は驚いた思い出が。

柴犬を飼っている有名なブロガーさん、
直接は存じ上げませんし、この記事がリンクだらけでになるため
今回は取り上げませんが、私が以前、何度か記事で紹介した方が
ワンちゃんだけでなく猫ちゃんが家族に加わったと記事を。

すると先の「わんこのまま」さんも記事で
猫ちゃんを家族への記事を投稿されていたので
「わんこのまま」さんもかい!と驚いた次第。
偶然とは言え、私が時々、記事を拝見するブロガーさんが
同じ時期に同じことを、ってことで。


「わんこのまま」さんちの先住のワンちゃんとジャスミンちゃんの動画(↑)
最初に観たときは生まれたばかりの子猫だったのに
大きくなりましたよ。

と、私は人様が飼って大切にしているワンちゃん、猫ちゃんに
癒しを貰うのですが、猫ちゃん動画で一時期話題になったものがあった。
これ(↓)



こいつら、馬鹿だな〜〜と思いつつ(笑)

確かにそうそう、あるある!、と私は知人の猫を数日預かった経験しか
無いのですが、飼われている方なら思わず同意し、笑うでしょう。

猫ちゃんの行動をよく観察して、
それを人間同士でこれまたよくぞ、再現しましたよ(大笑)
ネット上で有名になった猫ちゃん動画のシーンを再現したものも
あったにせよ。

で、最後も癒し動画。
ちょっと強引ですが、最初の知り合いブロガーさん
「ほっこり猫生」さんちの「まお」ちゃんを飼われているのは書いたとおり。

もう一匹、「まお」ちゃんより先住の猫ちゃんがいます。
「どらら」ちゃんという名前ですが
何年も前に書いた通り、私、この仔のファンなんです(笑)


イメージ 2

正直に書きますと、実生活では「どらら」ちゃんではなく
「どらリン」と呼んでいます(笑)
「リン」を語尾に付ける方が可愛いかなと(笑)

いえ、実際、そうなんです。
私の家の近所に「どらら」ちゃんと全く同じ
ブラック&ホワイトのツートンカラーの猫ちゃんたちが
いるのです。

半外飼いというより野良猫ちゃんたちなのでしょうが
おそらく両親か片親が同じらしく全く同じカラーリング。
その子達を見かける度に「どらリンだ!」と私は大喜び(笑)

実話です(大笑)

と「どらら」ちゃん流れで最後の動画は強引に。
猫ちゃんの世界で「リン」が付けば「どらリン」ですが
人間社会では私の中では「ムネリン」。
我ながら強引だと思いますけど(笑)

「ムネリン」とは前記事、私が数ヶ月振りに投稿した記事に
登場して貰ったMLB、シカゴ・カブス(傘下の球団)に所属する
川崎選手。

MLB、つまりメジャーリーグであり大リーグ、
日本の球場と大きな違いは今でもファールボールやホームランボール、
つまり観客席に飛び込むボールの扱いでしょうか。

日本は今でもそうですか?
観客席にファールボールなど飛び込むと係員がすっ飛んできて
ボールを回収、そしてキャッチした観客には別の何か
お土産と交換。これは事故を防ぐためでしょう、おそらく。
ボールの奪い合いとか何とか。

一方、MLBでは観客席に飛び込んだボールは手にした者へ。
もちろん、奪い合いもありますが。

そこで、基本、子供たちは試合球をキャッチするため
グローブをしたまま観戦も珍しくない。どんなに小さな子でも。

そんな中、時々こういう光景が見られます(↓)


おっさんがボールをキャッチ。
ガッツポーズで周囲の観客から歓声や拍手を貰う。
まともな大人ならこれで満足なわけです。

ボールは欲しい人に渡せばいい。
対象はやはり、子供たちになりますよね、そうなると。

そこで、この男性は大人の対応が出来る大人の男性で
周囲を見て誰に渡そうかと、
そこで見つけた小さな女の子の近くへボールを。

その親御さんなのか知人なのか、女の子へボールが渡り
全く予期しないボールのプレゼントへこの小さな女の子が
驚きと、笑顔になるのが実にいいね〜〜

その女の子は立ち上がって足長おじさんの方向を向くと
周囲の観客からは拍手が〜〜とね(笑)
その後、席に座り直し、この女の子がボールを見つめているのが
さらにいいね〜

で観るとその女の子は片手にグローブを、
しかし、実際は無理ですよ、こんな小さな女の子に
ファールボールやフライと言えども
かなりのスピードがあるボールをキャッチするのは。

けれども子供たちは、球場に行く、ボールが欲しい。
グローブを持っていこう、の流れですよね。

癒され動画の一つで紹介しておく(笑)

開く コメント(2)

お久し。生きてますよ(笑)

と何度か投稿しない間、書き始めた記事はあったのですが
書き終えないままそのまま寝落ちばかり。

あまりにも話題がありすぎますが
近々のことを箇条書きで。

(1)仕事

   先日、やっと辞めた。
   前職ではないけど、後を決めずにと、最悪の展開の可能性も
   あるものの我慢の限界をとっくに超えてたので。

   と言っても、時々会う顔見知り程度の方が
   熱心にその方の職場へ誘ってくれていたので
   何も無ければそこでいいかと。

   でかなり気が楽になり、とにかく辞める、と通告だけしたく、
   やっと最終日を迎えた(笑)


(2)真央会

   これは何人がログインしているか分からないのですが
   数ヶ月(もっとか)前から管理人の自分自身が入れなく。
   パスワードを再取得しても駄目で理由がさっぱり分からず。
   念のため、ご連絡事項ということで。

(3)真央ちゃん

   その真央ちゃんに関することも、結局は投稿しなかった記事で
   延々と書いていたのですが
   それとは関係なく辞めた仕事関連ですと
   定期的に真央ちゃんは観ていました、
   演技の方では無く、イメージキャラの方。

   もちろん、本物の実在する、じゃないです(笑)
   とは言え、「真央ちゃんだ!」と私はいつも心の中で
   喜んでいたのですが(笑)

   で前に観ていた動画でやはりこういう方はいて
   数字的にはどのぐらいになるのかは以前から知りたかった。



武藤選手のファンの方がドイツまでも凄いですが
真央ちゃんのファンですと
動画作成で御馴染みのwhite-mimiさんが海外のほとんどの試合を
は私達は知っています。

この動画で紹介されている伊藤さんですが
国内の大会やアイスショーをほぼ網羅ですか。

何人ぐらいいらっしゃるのでしょうね、それが前から気になってた。
THE ICEのチケットを必ず、という方も全ての会場を、は限られ、
さらに大会も、はその中でも限られでしょうし。

以前、イチロー選手の熱心なファンである
エミリーさんのことを記事にしたこともありますが
この方々がもたらしてくれる情報などは実に貴重で
同じファンからすると本当にありがたい存在ですから。

イメージ 1

(4)WBC

(3)の最後にイチロー選手のことに触れたので
現在、4強が決まりつつあるWBCのことでも。

1回、2回は日本戦に関してはほぼ全て観て
前回は観ていません。

で今回は、ちょっとのつもりが…
まぁ、野球は好きですから(笑)

ただ、大会を迎える前からニュース等で知っていたことから
小久保監督では駄目だと思っていました。
野球ファンなら私だけでなくかなりの方もそうだろうと。

プレミア12とかいう大会での采配ミスと言われるものも
知っていましたが、そこで本来は解任じゃないと。

続投と知って、日本の組織はいつもこれだなと。
ミッドウェイ(海戦)の再現になるぞとね。

代表監督ですから育成など選手の成長には関係なく
選手選抜とその日の状態の見極めた選手起用、中でも投手交代、
それしかありません。
と言いますか、そこでかなりの割合で勝負の行方が決まります。
後は機能するかどうかだけですから。

監督経験の無い人物に代表監督、
巷でさんざん言われ、今でも言われ続けていることですが
でこれまた書き終わらなくなりますので
結論から書きますと、私は気が変わり
現状では小久保監督が最適だと思うようになりました。

理由は二つ。

(1)小久保監督本人は代表監督の職務を真摯に全うしようとしている。

   おそらく、特定球団の意向やスポンサー、
   いろいろなしがらみや理由で「監督の能力」とは関係なく
   小久保監督が選出されたのでは、と思っています。

   他で打診を断った方もいたでしょう。

   そんな中で引き受け、就任から開幕前のキャンプが
   あれば全球団を一球団づつ挨拶周りされていまいたよね。
   スーツ姿で。

   そうではなくてやはり経験が…となってもそれは誰?と。
   果たして、経験がありネームバリューがある監督にして
   号令をかけただけで選手が集まるものなのか。
   
(2)小久保監督がファンの代表でもあることを理解していた

   東京プールを全勝し、アメリカに行くにあたりインタビュー等で
   小久保監督が何度か「ファンが」「ファンを」と口にされていたと
   思いますが、
   この方はファンの思いをよく分かっていると思いましたよ。

年齢も非常に若く、経験が無くてもハートがある。

記事が終りそうも無いので(笑)
こうやって戦えばいいと思います、
ちょうど侍ジャパンが調整試合をカブスと行うようですが
そこに昨年から移籍しているムネリンこと川崎選手が
ジェイズ時代にインタービューで語り話題(?)になった言葉(↓)



”Just swing, just throw, just catch, just win !”

バットを振れ、ボールは投げて、ボールを受ける、
ただ勝つだけだ。

のような感じでしょうかね。

天然の明るさでどのチームへも溶け込む川崎選手ですが
彼の笑顔や前向きな考えや姿勢で思い出しつつ
侍JAPANベンチの様子を予選で観ていると
小久保監督は選手と年齢も近く、一緒に喜ぶタイプに見えますし
その笑顔が実にいいので、細かいことはコーチ陣に任せ
プレー毎の結果がどうであれ、考え込む姿を見せずに
陽のままでいたらいい結果が出るかもな…
と個人的は。

まぁ、素人の私の考えですけど(笑)

開く コメント(7)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事