菊千代の部屋

転載、引用、画像などご自由にお使い下さって結構ですよ。(転載条件が存在するものは記載しています)

浅田真央ちゃん関連(「真央会」)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全57ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

何年か前からこの日が来るとは
思っていましたけど。

昨晩か、一報のネットニュースを見たときは
目を疑うと同時にとうとうその日が…でした。

感情は簡単に書くと3つ。

ほっとした。
寂しい。
そして、悔しい。

何もしてあげられなかったという
悔しさが沸々と。

とりあえず、お疲れさま、とだけは
真央ちゃんに伝えたい。

正直、昨年のフィンランディア杯から
これは、ますますおかしいことになっているぞ、とは。
それはこの記事ではやめておきますか。

最初の感情である、ほっとした、で言うと、
もう、真央ちゃんには残りの人生を楽しんで欲しい。
そうならないとおかしい。

自分のことだけ考えて。
そうすると周囲も幸せになります。

引退発表からyoutubeにそれに関した動画が
一気にアップされていますが、
私はこの記事にこれを。


以前、その時期に使った番組の動画ですが
これは2週間ほど前にアップされていた。

人生をエンジョイして欲しい。
もっと幸せになってほしい。

それを心から祈るばかりです。

開く コメント(7)

仕事を辞めて、ちょっとゆっくりしています。
厳密に言うと、ゆっくりしている余裕はないのですけど(笑)

ただ、今までもでしたけど仕事に就いている時に
長期休暇というのか、長期間休みにし
自分の自由な時間を、が無かったのでだらだらと(苦笑)

その有り余った時間(?)でこの1週間やっている
というより、自分はやっていない、つまり受動的なこと、
それが一番多いです。

例えば、人様が製作したものを、観る、読む。
その中で今回は観る、にしましょうか。
私の好きな映画などでは無く、TV番組。

自宅にテレビはありませんから、
ネットにアップされたものだけで、興味があったり
「受動的に」楽しめるものですが。

そこで、数年前ですか、
真央ちゃんともコラボ記事を書いた、
その記事は↓

残念ながら大元の動画が消えてしまったので
私の記事上は真っ黒です。
他にも同じものを見つけましたが、削除スピードを上げたくないので
動画の差し替えはやめておきます。

イメージ 1

「ポーランド」の「舞妓」好き、「ユースティーナ」さんで
その番組のファンの方はお分かりだと思いますが
テレビを普段、全く観ないため、遅ればせながら
この休暇中(失業中:笑)にアップされ残っている放送回を
中心にまとめて観ています。

念のため番組名を挙げておくと
テレビ東京が製作している「世界!ニッポン行きたい人応援団」。

真央ちゃん関係ですと、フィギュアの先輩である織田信成さんが
レギュラー出演されていますよね。

私は全てを見ているわけではありませんが
この番組の放送回で、最も良かったのは
おそらくこの番組のファンで同じ思いの方もいると思いますが(↓)


動画が削除される可能性が高まるなら
正直、記事に埋め込みたくないのですが
万が一、知らない方のため。

グアテマラで折り紙を教えながらの先生、オットーさん。
この人は教師の鑑だよね。
動く度に「子供たちが〜」、「子供たちに〜」ですし。

私も歳を取って涙もろくなっていますが(笑)
オットーさんが日本で必ず訪れたい場所の一つ、
そこが最後に明らかに。

彼が学びたい折り紙とは直接的には関係の無い場所、
場所が分かり、オットーさんが折り紙で鶴を折って捧げている
シーンにはPCの前で私も目から涙が流れました。
被爆県にルーツがある方々ならご理解頂けるかと思います。

その他の回で、私が鑑賞した中でですが
最も素晴らしい体験だっただろうな、というのは↓でしょうか。


アメリカ在住もロシア国籍なのでしょうか
日本の古民家を研究したい女子高生のヴァレリアさんが
登場で、前半はお母様も登場しちょっとお涙頂戴的な
進行もありましたけど、
この回を見ていて、この娘の人生は変わるなと。

正直、羨ましいと思いました、ヴァレリアさんのことを。
本当に羨ましい、嫉妬したいぐらい(笑)

この番組、もちろん全てを観たわけではないと
改めて書いておきますが
グアテマラのオットーさんの存在を知っただけで
観ているこちらの心が洗われる人物もいれば
どうでもいい回もあります、はっきり書くと(笑)

もちろん、日本人自身が全く知らない、又はほとんど知らない
日本文化の一面を有る程度深く掘り下げ
分かりやすく伝えてくれるので損をするとは言いません。

日本の何かに興味があって詳しい、日本語もある程度喋る、
その方を日本へ招待し特別待遇、
最後にプレゼント貰って招待された者は大喜び
のパターンへ辟易気味、の時もとしときましょうか。

ビジネスのため、もしかしたら一時の趣味のため、
数年後には別のことに興味があるんじゃないの?と。
例え、その方が基本的には親日であっても。

テレビ局と番組スタッフはそこら辺りは
究極的にはどうでもいいとまではいいませんが
ある一定の線で割り切っているのでは。

なぜなら、レギュラー番組で埋めなければいけない
放送枠があるわけです。

グアテマラのオットーさんは「利益」、「成功」、「自己満足」ではなく
教育者としてグアテマラの子供たちのことを
真っ先に常に考えている例外中の例外の方。

ここまでの人物を毎週、見つけるのは困難でしょうし、
そもそも番組として娯楽の面も必要でしょうから
真面目な方だけというわけにも。

そこで観たヴァレリアさんの放送回。
本当に素晴らしかった。

前半に彼女が憧れるアレックス・カーさんという東洋文化研究者との
交流もあるのですが、
彼女が今後の人生を誰かに憧れるから
決める方向に大きく影響を及ぼしたに違いないのは
数日間泊めて貰う事になった古民家に暮らす鈴木さんご一家でしょう。

頭では分かっていた、実際に見てみた、
で古民家の魅力にはまり、説明は出来ても
具体的に、その最大の要素は分からなかったはずです、
その存在を。

鈴木さんご一家と一緒に今でも機能してる古民家で暮らし
説明しようと思えば文章や言葉ではある程度出来ても
表現不可能な考えもしなかった実感へ命を吹き込まれた感じでは
ないでしょうか。

しかも、それは古民家研究と言う、趣味や学問を超えたものを
感じ取らざるを得なかっただろうと。

鈴木さんなどの子供たちが古民家の中を跳ね回り、彼女に甘え
その影響なのかヴァレリアさん本人も知ってか知らずか
いつの間にかリラックスしているのが
脚をくずして座っているなどのシーンで見て取れました。

この鈴木さんの子供たちですが、可愛かった(笑)
私、正直、子供はうるさいので苦手なんですが(笑)

特に鈴木さんの小さな息子さんの気持ちは何となく分かりましたよ。
ヴァレリアさんが、実のお姉さんではなく親戚のお姉さんが
突然、出来た感じじゃないのかなと、自宅で。

日々顔を合わせて一緒に生活する実のお姉さんと
親戚のお姉さんってこれ大きな違いなんだよね(笑)

個人的なことも書けますがやめとくか(笑)
少しだけ。
私、実の姉はいませんが、小学生の時に
一度だけ会った親戚のお姉さん、今でも覚えていて
良い思い出しかない。
おそらく私の妹もそうだと思います。

当時、親戚筋とは全く関係ない土地に住んでいたので
小さい頃から親戚は近くに居ない、祖父、祖母も居ない。

そんな中で小学校の時に家族で親戚筋の家に旅行。
まず、20代前半で社会人になった「お兄ちゃん」と言える
存在がいたのですが、私たちが寄っていくと
子供はうざいという感じで(笑)

一方、「お姉ちゃん」と呼べるの対象は
その男性の妹で女子高生でした。
それでも私達からすると歳の離れたお姉さん。

初めて両親以外で
血筋が同じなため安心して甘えられる存在だったかな。
優しく、かわいらしく、面倒見がいいお姉さんですよ。

ですから鈴木さんの息子さんたちを見ていてそうなのでは…と。
ヴァレリアさんが一家を離れる際、
子供たちと一緒にしなかったのはそういう配慮があったのでは
と思いましたもの。
他の来日者なら家族一同で見送られていますよね?

ヴァレリアさんが鈴木さんご夫婦に伝える最後に
一言も実に良かったね、他の参加者とは決意が違う。

他の参加者がどうこうでは無く、この娘はこの後、
1日、1日が決定の連続です、年齢的に。
自分で決定しなくても人生の方向が決まるかもの意味。

私も含め、この年齢で本当に明確に「これだ!」と
損得勘定抜きで心から人生を賭けてもいい、という方向を
見つけられるのは世界中でどれだけいるでしょうか。

仮に世界的な外科医になった、両親も医者です。
仮に世界的なピアニストになった、両親も音楽家です。
しかし、このような状況の方は稀でしょう。
さらに実現しても100%満足感が得られるかは不明。

一方、世界中の誰にもが可能性があり、
しかし儚い夢物語だったり、1語すらスタートしないのが
こんな感じでしょう。

物心付き、自分が自然と興味を持ったジャンルが出来た、
どういう運命のいらずらか、ある1冊の本に出会う。
それに憧れるも、人生を賭ける、捧げたいと思う…
でかなり絞られると思いますが(笑)
仮にそうなっても
周囲はもとより本人も絶対的な自信は無いでしょう。

自信とは出来る、ではなく、決める、です。
多くの子供たちが現実面を考え、決める以前に諦める
が実際だと思います。
そういうことで、この娘の人生が変わった、と。

でこれら番組から
真央ちゃんとどう繋がるのか?

その流れでいくつかの回を見ていた番組があったのですが
放送局は問題も、この回だけは良かったのかなと(↓)
番組名はいいだろ、動画観ればいい。


前半、実話なのでしょうが、
お涙頂戴的なかなり長いプロローグが気になります。
メンディさんは旅の後、日本へ戻り、今まで通り働くわけですし。
彼女は特別扱いを望んでいないでしょう。

いずれにせよ、日本の企業に勤めるメンディさんが
お母様が住んでいるドイツへ日本製の3Dプロジェクターを
持ち帰り、お母様も憧れていた日本旅行を
限りなく実感に近く体験させてあげたい、という内容回。

そこで、3Dプロジェクターが登場する前、
カウチで日々寝ているお母様のためメンディさんがドイツへ
持ち込んだのがエアウィーブだ!(予感が)

エアウィーブのことを全く分からないお母様のため
メンディさんが分かりやすく、
誰が使っているか世界的な有名人物の具体名を、
そこで、フィギュア・スケート選手の「Mao Asada」って言ってるよ…

「真央ちゃん」のことだよ!(笑)
メンディさん、さすが!ありがとうございます。

スポーツ選手は他にもエアウィーブさんと契約してるけど
その中から「真央ちゃん」を選びその名前をお母様へ。
メンディさん、偉い!(笑)

開く コメント(0)

お久し。生きてますよ(笑)

と何度か投稿しない間、書き始めた記事はあったのですが
書き終えないままそのまま寝落ちばかり。

あまりにも話題がありすぎますが
近々のことを箇条書きで。

(1)仕事

   先日、やっと辞めた。
   前職ではないけど、後を決めずにと、最悪の展開の可能性も
   あるものの我慢の限界をとっくに超えてたので。

   と言っても、時々会う顔見知り程度の方が
   熱心にその方の職場へ誘ってくれていたので
   何も無ければそこでいいかと。

   でかなり気が楽になり、とにかく辞める、と通告だけしたく、
   やっと最終日を迎えた(笑)


(2)真央会

   これは何人がログインしているか分からないのですが
   数ヶ月(もっとか)前から管理人の自分自身が入れなく。
   パスワードを再取得しても駄目で理由がさっぱり分からず。
   念のため、ご連絡事項ということで。

(3)真央ちゃん

   その真央ちゃんに関することも、結局は投稿しなかった記事で
   延々と書いていたのですが
   それとは関係なく辞めた仕事関連ですと
   定期的に真央ちゃんは観ていました、
   演技の方では無く、イメージキャラの方。

   もちろん、本物の実在する、じゃないです(笑)
   とは言え、「真央ちゃんだ!」と私はいつも心の中で
   喜んでいたのですが(笑)

   で前に観ていた動画でやはりこういう方はいて
   数字的にはどのぐらいになるのかは以前から知りたかった。



武藤選手のファンの方がドイツまでも凄いですが
真央ちゃんのファンですと
動画作成で御馴染みのwhite-mimiさんが海外のほとんどの試合を
は私達は知っています。

この動画で紹介されている伊藤さんですが
国内の大会やアイスショーをほぼ網羅ですか。

何人ぐらいいらっしゃるのでしょうね、それが前から気になってた。
THE ICEのチケットを必ず、という方も全ての会場を、は限られ、
さらに大会も、はその中でも限られでしょうし。

以前、イチロー選手の熱心なファンである
エミリーさんのことを記事にしたこともありますが
この方々がもたらしてくれる情報などは実に貴重で
同じファンからすると本当にありがたい存在ですから。

イメージ 1

(4)WBC

(3)の最後にイチロー選手のことに触れたので
現在、4強が決まりつつあるWBCのことでも。

1回、2回は日本戦に関してはほぼ全て観て
前回は観ていません。

で今回は、ちょっとのつもりが…
まぁ、野球は好きですから(笑)

ただ、大会を迎える前からニュース等で知っていたことから
小久保監督では駄目だと思っていました。
野球ファンなら私だけでなくかなりの方もそうだろうと。

プレミア12とかいう大会での采配ミスと言われるものも
知っていましたが、そこで本来は解任じゃないと。

続投と知って、日本の組織はいつもこれだなと。
ミッドウェイ(海戦)の再現になるぞとね。

代表監督ですから育成など選手の成長には関係なく
選手選抜とその日の状態の見極めた選手起用、中でも投手交代、
それしかありません。
と言いますか、そこでかなりの割合で勝負の行方が決まります。
後は機能するかどうかだけですから。

監督経験の無い人物に代表監督、
巷でさんざん言われ、今でも言われ続けていることですが
でこれまた書き終わらなくなりますので
結論から書きますと、私は気が変わり
現状では小久保監督が最適だと思うようになりました。

理由は二つ。

(1)小久保監督本人は代表監督の職務を真摯に全うしようとしている。

   おそらく、特定球団の意向やスポンサー、
   いろいろなしがらみや理由で「監督の能力」とは関係なく
   小久保監督が選出されたのでは、と思っています。

   他で打診を断った方もいたでしょう。

   そんな中で引き受け、就任から開幕前のキャンプが
   あれば全球団を一球団づつ挨拶周りされていまいたよね。
   スーツ姿で。

   そうではなくてやはり経験が…となってもそれは誰?と。
   果たして、経験がありネームバリューがある監督にして
   号令をかけただけで選手が集まるものなのか。
   
(2)小久保監督がファンの代表でもあることを理解していた

   東京プールを全勝し、アメリカに行くにあたりインタビュー等で
   小久保監督が何度か「ファンが」「ファンを」と口にされていたと
   思いますが、
   この方はファンの思いをよく分かっていると思いましたよ。

年齢も非常に若く、経験が無くてもハートがある。

記事が終りそうも無いので(笑)
こうやって戦えばいいと思います、
ちょうど侍ジャパンが調整試合をカブスと行うようですが
そこに昨年から移籍しているムネリンこと川崎選手が
ジェイズ時代にインタービューで語り話題(?)になった言葉(↓)



”Just swing, just throw, just catch, just win !”

バットを振れ、ボールは投げて、ボールを受ける、
ただ勝つだけだ。

のような感じでしょうかね。

天然の明るさでどのチームへも溶け込む川崎選手ですが
彼の笑顔や前向きな考えや姿勢で思い出しつつ
侍JAPANベンチの様子を予選で観ていると
小久保監督は選手と年齢も近く、一緒に喜ぶタイプに見えますし
その笑顔が実にいいので、細かいことはコーチ陣に任せ
プレー毎の結果がどうであれ、考え込む姿を見せずに
陽のままでいたらいい結果が出るかもな…
と個人的は。

まぁ、素人の私の考えですけど(笑)

開く コメント(7)

また2ケ月も放置してしまった…
と言うか、忙しくてね。

毎年ですけどクリスマスなど無いから、
と言いますか、今年はちょうと連休とぶつかったので
滅茶苦茶だよ(笑)
それが終れば正月用で、これはこれで終るのか?という仕事量だったし。

転職の方は…相変わらず何も動きは(苦笑)
現在の職場は日々、もう辞めるぞ、もう辞めるぞと
とまだストレスって堪るんだ!と驚くばかり(笑)

そんな中、たまたま顔見知りの方が
うち来ない?的な案内を貰ったので
最悪、辞める公式宣言をして何も見つけなければそこ行こう、
と多少気楽な感じに。

その気楽さを持ってしまったため、転職活動がさらに滞る展開(笑)

まぁ、でもあれだね、仕事しながら転職活動は難しい、
これは経験済みだけど年齢が上がるとさらに難しいね。

夜、遅く帰宅して、まず酒。
そしてブログも更新せず夢うつつ…ですから(大笑)

ただ、私、酒の量が増えましたよ、
若い頃に飲み始めて、基本、底無しですから(笑)

ところがどっこい、体にダメージは出始めていた。
健康診断で週に2回は休肝日を設けるようにとお達しが。
う=ん、守っていませんが…

そんな中、家にいる時は、音楽を聴いていますよ、相変わらず。
以前も書いたクラシックの時間帯がさらに多いね。
転職含め、ネットで調べものとか集中の妨げになる可能性が低いので。

適当に、「作業用」などと動画アップ主が2時間分とか4時間分とか
いろいろまとめてくれているものを選択することもあるけど
わざわざ自分で選びたい時も。

例えば、


真央ちゃん…、思い出すな。

でいつの頃からか、youtubeって
「作業用」と銘打った長時間の動画でなくても
一つの動画が終れば関連したものが次から次へ再生しますね。

先の動画のショパンなら他の曲を他の演奏者がしているものへも
エンドレスで再生の連続。

私がPCで作業をしている時はそのyoutubeのウインドウ自体はタブを
閉じているので曲のみが流れている状態。

曲がピアニストやバイオリニストのソロや協奏曲の場合、
誰が演奏しているのかは分からない。

そんな中、その旋律を聴いていて、思わず作業を止めて
これはもしかして…
とタブを立ち上げて演奏者を確認することが時々。

その経験は何度かあるのですけど、そこで目にするのは↓


真央ちゃん…思い出すな…

と、過去に真央ちゃん記事のコラボで登場して貰ったこともある
辻井伸行さんが弾いていた、が何度も。

もちろん、彼のファンなら数百、数千回と彼の演奏を聴いているだろうし
すぐに分かるかもしれない。
クラシック・ファンの中にも誰が演奏しているか
音源だけで回答できる方も少なくないでしょう。

私は何度も書きますけど、詳しくないから(笑)
辻井さんのCDは持っていないし特別に集中的に聴いたことも無い。
そりゃ若い頃は、同じ曲で指揮者別に一つづつ聴く、ぐらいは。

ですから、youtubeでいろいろな曲がいろいろな演奏者によって
奏でられていても、動画は隠した状態なので
それが誰、これは誰、までは分からない。

ところが、作業をしていても思わず、うん?と聴き入って
もしかして…と確認すると、ことごとく辻井伸行さんの演奏。

クラシックに造詣が深い方は、その辻井さんのピアノにも
一言二言は素人なりでもあるでしょうし目にしたこともある。

私が言いたいのは、辻井さんが
古今東西で、とか、歴代で〜とか技術や曲の理解など
そういう尺度では無くて、どうして特別に感じるのか。

盲目のピアニストが〜とか、
よく言われる音が柔らかいとかそういう事では無いな。
だって動画を開けてみて辻井さんと再確認したわけですしね。
そもそも曲を流しっぱなしにしている時に辻井さんのことは頭に無いわけ
私の中に。

けれども、この音は…もしかして辻井さんか?と
素人の私が彼の曲を聴きながら出した答え(?)は
辻井さんの奏でる音には邪気が無いというのかな。
他のピアニストが底意地悪いとかそういう意味ではないですよ(笑)

イメージ 1

音がピュアの具体的な説明になるかと思いますが
邪気が無いとは、「やらされている」感が全く感じられない、
素人の私には。

彼が幼い頃の動画を観たことがありますが
お母様が偶然、彼のピアノの才能を発見でしたよね、
つまり、辻井さんは物心付く前から「好きで」音楽、
そしてそれを奏でていた。

そのまま才能を開花し磨く過程も、本人が好きでやって
やがてプロの世界でも一定レベルの評価を得る腕前になった、
その方の奏でる曲は素人にも何か、曲を観賞するだけでなく
特別なものを感じられる。

心地よい、とでも言うのでしょうか。

と素人の私が長々と辻井さんの音の不思議さを推理しても
仕方ないので、これ観ますか。


以前も言ってくれていたけど、辻井さん、
真央ちゃん…変わらず…
偉い!(笑)

それにしても
久々に観たけどさんまさんはいつまでも上手いね(笑)

いずれにせよ、辻井さんのお人柄が分かるね。


辻井さんがラフマニノフを演奏しているので(笑)

と久々の記事でまたも長い文章になっていますが
ちょっと話題を変えて
清原元選手のことで、スポーツ雑誌「Number」が昨年の夏に
事件後にも関わらず甲子園特集で彼を表紙に彼の特集も。

当時、その編集者の想いがネットニュースにも紹介されたので
私も読んでいました。

さらに年末でしたか、その雑誌発売後の反響や
取材過程がやはりネットニュースに。

「「拝啓 清原和博様」 Numberが贈った話題のメッセージ  編集長に想いを聞く」

当時、清原元選手と対戦したことにより
プロ野球選手になることが夢だったものはその道が完全に
閉ざされた方も少なくないと思う。

ところが、一般ファンだけでなく対戦したそれら選手達も
あの事件があったにも関わらず
あの瞬間、あの時代を大切な宝物のように今でも想ってくれていたため、
のような内容なのでご興味のある方は読んでみてください。

最後の台詞がいいね。

 『あなたと同じ時代に生まれて本当に良かったです』

と、2017年の最初の記事で、真央ちゃんのソチFS動画を
使う私のようなものがいても何の不思議も無いことを
ご理解頂ける例かなと(笑)

また記事はぼちぼち書きますね。

https://sports.blogmura.com/skating/ にほんブログ村 スケート
https://blog.with2.net/link.php?1118963 人気ブログランキング

開く コメント(2)

いや、あれから特に動きは(笑)

転職活動は全く進まず、と言いますか、
今現在の仕事をしながらでは難しい、来年のある時期に
今の仕事を辞めてからかな。その前に目処はつけとく必要はありますけど。

休日にアルバイトとか、他の収入源や
他の職種の慣れも考えたものの、週末ともなると
仕事の疲れがドッと出て寝込んでいる日もあったので
これは難しいかな…と意志薄弱(苦笑)

その代わり、ちょっとネット上やPCなどでいろいろ準備を。
さらにその代わりかなりの節約生活になるな、しばらくは、
と言いつつ、酒などの嗜好品は全く節約しようとしない自分が(笑)

と軽く今の状況を書いたので、また音楽でも。
最近はよく聴きます、PCでの作業時間が休日ともなると長いので。

これは良かったね。


と過去記事でも紹介したEmmylou Harrisさんによる
これまたビートルズからのカバーですが
この方の歌声は聴き入るな、PCで作業中に手を止めますもの。

あとはクラシックも聴く、もう流しっぱなし。
歌詞が入っていないので、作業に集中…も出来ないもんだ。
例えば、長時間収録しているこれなど(↓)



いきなりノクターンかよ!って。
真央ちゃ〜〜んって声が出るよ、PCの前で(笑)

それからも何度も聴いたあの曲、それが流れる度に
思い起こすあの真央ちゃんのプログラム…
Emmylou Harrisさんの歌声同様に私の手はPC上の作業をやめ…

ってこれでは作業用のBGMになってないだろ!と
わざわざ選曲した自分自身に突っ込む(笑)


と、毎度、真央ちゃんの最新情報は載せない私のブログに
更新していない間も覗いてくださっている方向けの記事になったかな(笑)

https://sports.blogmura.com/skating/ にほんブログ村 スケート
https://blog.with2.net/link.php?1118963 人気ブログランキング

開く コメント(6)

全57ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事