カウアイ日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

kauaiコーヒー到着

毎月、定期的にカウアイコーヒーカンパニーから
100%カウアイコーヒーを取り寄せています。
 
フレーバーコーヒーのマカデミアナッツ、ココナッツ、
コナを超えると言うティピカとレギュラーコーヒーの
4種類が届きました。
 
毎朝、これがないと目覚めが悪く、
気分爽快となりません。
 
こうかれこれ8年ぐらい続けています。
イメージ 1
 
一度飲むとカウアイコーヒーの、この味を覚えて
愛飲してくださる方もあります。
 
飲むと言うか、スイーツとでもコンビネーションで楽しむのも
素敵なフラライフになります。
 
自分は、朝とつかれている時の一杯が
どうしようもなく美味しく感じます。
 
あすから、また楽しませていただきます。

開く コメント(2)

カウアイ交流の特集

初のカウアイ特集を
素敵なフラスタイルの中で編集されるようで
その中のカウアイと大島の交流に関することを、
先日、取材に来られました。
 
 
カウアイから頂いた2曲も取材の対象となり、
ながうらで
「レッツフラ!」
「カイマナくんハワイの友だち」
踊って来ました。
 
イメージ 1
 
12月号の発刊が楽しみです。
カウアイ現地取材も1週間程度されるようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
撮影する間、西陽が芝のキャンパスに
寄り添う椰子の夫婦を描いていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 

開く コメント(10)

Mayorを表敬訪問

カウアイから来島中のカワムラさんが、
23日、雨の降りしきる中、庁舎に椎木町長を表敬した。
 
ちょうど、3月議会の多忙の中であったが、昼の休憩中に時間をとってくださった。
イメージ 2
 
町長もカウアイで3度ばかり会っており、カワムラ家も訪問したことがある。
 
久しぶりの再開に、カワムラさんは大変喜んでいた。
 
イメージ 1
 
カウアイ島との姉妹島交流の提携も今年で47年を迎える。
 
カワムラ・テツコさんのご主人のマサトさんは、1985年に大島に農業組合のメンバーを連れて、
みかん工場や選果場などを視察している。
それ以来、大島とカウアイの交流に尽力してくれた。
今は、父から息子へとつながり、カウアイ島で大島から来る市民をサポートしてくれている。
 
現在のように姉妹島交流が継続しているのは、初期の時代のカワムラさんの側面からのサポートによるところが大きい。
 
カワムラさんは、24日は岡山へ、26日は再び東京へ戻り、31日に離日する。
 
 

開く コメント(0)

ようこそ!Mr.Kawamura

カウアイの友人、Edward.Masao.Kawamuraさんとお母さんのTetsukoさんが3泊4日で来島
 
桜が見たいという思いで、思い切って旅をしてくれた。
お母さんは、7月に88歳を迎える。
滞在の東京から、マサオさんのビジネスの合間に来てくれた。
 
 
3月22日には、我が家に立ち寄って休んでもらったが、のあのフラが見たいという。
狭い我が家の空間で踊ったが、何曲も見てくれた。
夏休みには、カワムラ家にホームステイをして、フラのハラウに行きなさいと勧めてくれた。
イメージ 1
 
のあは今習っているウクレレの曲も2曲弾いて、唄っていたが、カイマナヒラは
マサオさんと一緒に唄っていた。
イメージ 2
 
マサオさんの娘さんは、ハワイ大学生であるが、小さい時からフラをしており、
今はアルバイトでワイキキのディナークルーズ船で踊っているという。
 
夏には、カウアイ行きが実現するかもしれない・・・(しかし、財源を見つけないで、約束はできないが・・・)
 

開く コメント(1)

カワムラさん、大島へ

3月21日、久しぶりにハワイ・カウアイ島のカワムラさん親子が来日した。
昨年の10月以来で5カ月ぶりの再会である。
カワムラ家とは、もう25年のお付き合いである。
 
今の姉妹島提携が上手く行っているのも、テツコさんの旦那さん、マサトさんが熱心に
姉妹島の交流事業に力を入れて、世話をしてくれたからである。
表舞台に立たず、裏方で大島のツアーの皆さんの世話も良くしてくれた。
 
マサトさんの奥さん、テツコさんと言うが、いつも同じように世話をしてくれた。
今は88歳になったが、そうは見えない元気さである。
 
日本のきれいな桜が見たい!
目的は、「Sakura」が見たい!
日本の桜はきれい・・・・
 
今回、カウアイで農業資材販売会社を経営する息子さん、マサオさんが親孝行をした。
 
「桜が見たい・・・」、それなら、島が誇る千本サクラを見せてあげたいと思っていたが、
どうも、まだちらほらの咲き具合で、開花宣言程度である。
24日までの滞在期間に、咲いてくれたらと思っていたが、かなわなかった。
 
 
1日目は、到着してすぐに、親せきの墓参りに行った。
移民はしたものの、体が弱く日本に帰り亡くなったそうである。
広島の親せきの案内で、お墓参りをした。
イメージ 1
 
マサオさんは退役軍人であり、宿はいつもの通り、基地内のロッジに宿を取った。
ゲートで手続きをして、基地内に入ったが、前回よりも数段厳しかった。
世界情勢を反映しているのがここにも見える感じだ。
 
 
桜を追って、2日目は柳井のフラワーランドに行った。
この日は、快晴で、まさに花見日和であった。
 
イメージ 2
 
 
のんびり、話しながら、園内をまわり、話に花が咲いた。
とはいっても、日本語が少し話せるのは、おばあちゃんのテツコさん、
英語オンリーは息子のマサオさん・・・
 
話の正解にたどりつくのは、時間がかかる。それがまた楽しい。
 
イメージ 3
 
園内には、桜もあり、5分咲きできれいであった。
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
園内は、家族連れでにぎわっていた。
 
イベントでは、特産のイチゴを使ったコロッケとイチゴやきそばの実演があり、
100人限定の輪に加わり、試食をした。
 
夜は、ベースで夕食となった。(孫まご日記に記載)
 
明日からは、雨が続くという。
 
グリーンステイ長浦にもいきたい言う。
雨がひどくならないことを祈る。
 
 
 
 

開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事