尺ヤマメ調査隊

尺ヤマメ、尺イワナはどこだぁ〜

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

造船作業

イメージ 1

ラダーを着けたり、マストを立てたりしてなんとなく船みたいになってきたけど
・・・・
何が成功で何が失敗だか解らず手探り状態(苦笑)
先輩方の様にチャチャっと造れない(ーー;)
経験の差なのだろう・・・

「これは実験艇なんだ!」と自分に言い聞かせながら造船作業をしています
( ̄^ ̄)ゞ

イメージ 2

イメージ 3

開く コメント(5)

今季最後のミッション

イワナ釣りに行って来ました
これで今年の渓流シーズンは最後になっちゃうかな(._.)
でも楽しんで来たぁ〜(^O^)/

今年は台風14号の影響で土砂崩れがあり
通行止めがあったりして南アルプスの渓には中々立てなかった

イメージ 1


ひさびさです。

イメージ 2


今年は寒くなるのが早い気がします。
標高1300mでは色付きはじめた木もあり
なんだが寂しい気がします。

イメージ 3


山の上は、朝晩氷点下になるみたいよ

おぉ〜寒い(・・;)朝のウチはレインウエアを装備

寝坊助アングラーが川に立ったのは
AM7:58でした・・・(_ _).。o○

イメージ 4


こんな感じのポイントから今日はスタート。釣り上がり初めて直ぐにライズ発見(O_O)・・・よっしゃ!合わせそこねる(苦笑)
100mぐらい進んで今日最初のイワナ

イメージ 5



ライズも反応も良い感じ(^。^)
しかしここは人気河川。中々フッキングに持ち込めませんが、サカナは多いので
楽しめます

イメージ 6


こんなのや

イメージ 7


こんなの

イメージ 8


お腹のオレンジなのに

イメージ 9


チビッコ

秋晴れの澄んだ空気の中、綺麗なサカナが遊んでくれます。
あぁ〜気持ち良い♪───O(≧∇≦)O────♪

順調に釣り上がって行くと先行者を発見
、少し時間を開けたかったので・・・
ランチにしましょう。
早弁ですね

イメージ 10


アルコールバーナーでお湯を沸かして
世界一美味しいカレーをいただきます。

肌寒いので温かい物がありがたい。
ノンビリカレーを頂こうと思ったけど・・・目の前でライズしてるから落ち着かない・・・
3分で出来たカレーを2分で完食

それで釣れたのが

イメージ 11


チビッコ(ーー;)

イメージ 12


こんな感じの渓相

こいつは今日最大の尺イワナ

イメージ 13


嬉しいからもう一枚

イメージ 14


婚姻色が入ったオスでした
鼻も曲がってます

途中から数は数えてなかったけど
15匹ぐらいは釣ったかな
どれも綺麗なベッピンさん

イメージ 15


シーズン最後の締めくくり、楽しんじゃいました( ̄^ ̄)ゞ
天気も良くて、山も綺麗で。
サカナも遊んでくれて。


開く コメント(5)

名脇役

今回はタックルのお話し。
と言ってもロッドやリールに比べると、
随分わき役。
でもこれ大事

イメージ 1


こちらドライフライを浮かべる為のフロータント。ティムコのやつですね、
ここ最近気に入って使ってました。
それは、抽出口が目薬の容器の様になっていて、1滴ずつ出せるのが特徴。
それまでメインとして使っていた、
ドライシェイクスプレーはポッカリ水面に乗っかて凄く視認性が良いのですが・・・持続力が無いのが欠点でした。

この目薬型は持続力はそこそこ有るし、
モチロン部分付けもできて、小さいのが
気に入ってましたが・・・

どうやら廃盤になってしまったらしくて、よく行くショップではもう置いてありません(ーー;)

なので・・・

イメージ 2


これをスポイトで目薬型容器に入れてみました(^ ^)使いごごちはどうだろうか?

お次はフォーセップ

イメージ 3


右はここ何年か使っていたGRAINのフォーセップで
左は先日見つけってきたDr.SLICKのフォーセップ。
Dr.スリックは以前にも使ってましたが、
剛性が高く、変なヒズミが無い感じ。
ヒジョ〜に使い易い\(^o^)/

グレインのフォーセップはロックするつもりが無いのにロックしてしまってイライラする事もあるけど・・・

イメージ 4


Dr.スリックは意識しないと歪まないので
ロックしません。
欠点は若干重量が重いのと、割高かな。
でも一度使ったら、もう戻れない

目薬型容器とDr.SLICKこのふたつオススメであります( ̄^ ̄)ゞ

開く コメント(2)

キール造り

ナツメ錘10号に切れ目を入れて、
大きな噛み潰しオモリにしてみました

イメージ 1



こいつを1っm厚のアクリル板に接着剤をつけてプライヤーでガッチリ挟む

イメージ 2



船体に切れ目をいれて、発泡スチロール用の接着剤を付けて差し込む

イメージ 3


あらまぁキールの出来上がり

この大きさで良いのか解らんケド?
沈む事は無いだろうし良い事にしよう( ̄^ ̄)ゞ

開く コメント(0)

手探りのRCヨット製作

いやぁ〜知識がないと作業が進むなぁ

イメージ 1

厚紙のテンプレートを使って適当に切り出しました。ザックリです。

イメージ 2

サンドペーパーでお好みの船体に。
どうしたら良いか見当も付かないので、
水が流れるイメージをしながらサワサワ
・・・・抵抗を減らす様に・・・
艇が傾いた時に・・・
サワサワ・・・

イメージ 3

イメージ 4

さらにテンプレートをあてて、受信機と
サーボ×2、バッテリーが収まる様に
くり抜きます。

しかし、重さを気にせずに硬い発泡スチロールを買って来たけど・・・
こいつは本当硬いな。

開く コメント(2)

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事