暫(しばらく)

古典芸能と演劇鑑賞と食べ歩きの日記です(久しぶりに再開しました)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全269ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

歌舞伎座新開場柿葺落
二月花形歌舞伎

<昼の部>
通し狂言 心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)
  小糸左七
  お房綱五郎
   序 幕  深川八幡の場
        二軒茶屋松本の場
        雪の笹藪の場
   二幕目  本町糸屋横手の場
        同   奥座敷の場
        元の糸屋横手の場
   三幕目  大通寺墓所の場
   四幕目  深川相川町安野屋の場
        同 洲崎弁天橋袂の場
   大 詰  小石川本庄綱五郎浪宅の場
        同  伝通院門前の場
【配役】
 お祭左七/半時九郎兵衛 染五郎
 本庄綱五郎 松 緑
 芸者小糸 菊之助
 糸屋の娘お房/九郎兵衛女房お時 七之助
 神原屋左五郎 松 江
 山住五平太 松 也
 赤城左京之助 歌 昇
 廻し男儀助 萬太郎
 芸者小せん 米 吉
 芸者お琴 廣 松
 丁稚與茂吉 玉太郎
 番頭佐五兵衛 松之助
 中老竹浦 宗之助
 石塚彌三兵衛 錦 吾
 鳶頭風神喜左衛門 男女蔵
 松本女房お蔦 高麗蔵
 安野屋十兵衛 歌 六
 女房おらい 秀太郎

【感想】
  初めて見る演目なだけに期待していたのだが
  意外と残念な感じだった。
  菊之助の小糸と染五郎の左七は絵になる。
  南北作品だからどんだけドロドロしているのかと思いきや
  割にあっさりだったのは花形のせいか。
  子を殺すところの描写は歌舞伎らしからぬ演出。
  子供の首をしめながら引き回したりして
  思わず目を背けたくなるような残忍さ。
  でも人間の感情やもつれた関係の表現は薄い。
  台本のせいか、演出のせいか、役者のせいなのか。
 

開く コメント(4)

国立劇場(2014年1月)

2014年1月・国立劇場

通し狂言三千両初春駒曳(さんぜんりょうはるのこまひき)
序 幕   高麗国浜辺の場
二幕目   第一場 御室仁和寺境内の場   
      第二場 同    御殿の場
三幕目   第一場 今出川柴田勝重旅館の場
       第二場 粟田口塩谷藤右衛門内の場                 
      第三場 元の柴田旅館釣天井の場                  
四幕目   住吉大和橋馬切りの場
五幕目   阿波座田郎助内の場
大 詰   紫野大徳寺の場

【出演】
 尾上 菊五郎
 中村 時蔵
 尾上 松緑
 尾上 菊之助
 坂東 亀三郎
 坂東 亀寿
尾上 松也
 河原崎 権十郎
 市村 萬次郎
 市川 團蔵
 坂東 彦三郎
 澤村 田之助

【感想】
 新春恒例の菊五郎劇団による国立劇場公演。
 手ぬぐいをゲット!と意気込んで行ったが、残念ながら収穫なし。
 隣の席の人は獲得したのに・・・残念。
 高麗国の照菊皇女(菊ちゃん)が日本から流れ着いた采女(松也)に
 一目ぼれするところから始まる。
 …探していた小田家の蛙丸が見つかるところは面白かったし
 釣天井の仕掛けも面白かったけど、後の話は忘れてしまった…。
 とほほほ。

開く コメント(2)

歌舞伎座(2014年1月・昼の部)

一、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
九段目 山科閑居
【配役】
  戸無瀬    藤十郎
  大星由良之助 吉右衛門
  お石     魁 春
  小浪     扇 雀  
  大星力弥   梅 玉
  加古川本蔵  幸四郎
【感想】
  11月、12月と仮名手本忠臣蔵の通しだったが九段目があぶれて(?)
  新春歌舞伎でかかった。
  藤十郎の戸無瀬と魁春のお石が素晴らしいし、
  梅玉の力弥が若々しい。12月の花形での通しを見たばかりだから
  余計に重鎮たちの演技にほれぼれした。
  高麗屋の本蔵だけが他の役者たちの調和を乱すのは何故だろう。
  最後に登場した吉右衛門の由良之助でホッとした。

二、乗合船惠方萬歳(のりあいぶねえほうまんざい)
【配役】
  萬歳   梅 玉
  通人   翫 雀
  大工   橋之助
  田舎侍  彌十郎
  芸者   児太郎
  白酒売  孝太郎
  女船頭  扇 雀
  才造   又五郎
【感想】
  常磐津の踊りは久しぶり。楽しい。
  やっぱりミドリは踊りが入らなくてはね。
  福助が休演中、児太郎が芸者で頑張っていた。
  踊りはともかく、美しい姿だった。

三、東慶寺花だより(とうけいじはなだより)
【配役】
  信次郎     染五郎
  法秀尼     東 蔵
  柏屋主人源兵衛 彌十郎
  おぎん     笑 也
  堀切屋三郎衛門 松之助
  美代      虎之介
  おせん     孝太郎
  惣右衛門    翫 雀
  お陸      秀太郎
【感想】
  井上ひさしらしい話だが、ちょっと軽すぎかも。
  信次郎役の染五郎のキャラのせいか?
  この座組みで笑也が出演するのは珍しいと思った。
  何といっても男駆け込みの翫雀と、その妻お陸の秀太郎が絶品。
  秀太郎が出てくると地方が「秀太郎、秀太郎さん」と唄っていたように
  聞こえたのだが勘違いだろうか。
  秀太郎の艶っぽさが色ボケの妻にぴったり。
  翫雀とのコンビがまさに上方の夫婦。
  いつの世も女性は強いって話か。

開く コメント(2)

演舞場(2014年1月)

イメージ 1

演舞場(2014年1月)

通し狂言 壽三升景清(ことほいでみますかげきよ)

【配役】
  悪七兵衛景清      市川 海老蔵
  阿古屋         中村 芝 雀
  猪熊入道/秩父庄司重忠 中村 獅 童
  梶原源太        中村 萬太郎
  梶原妹白梅       坂東 新 悟
  尾形次郎        大谷 廣 松
  うるおい有右衛門/岩永左衛門 片岡 市 蔵
  花菱屋女房おさく    市川 右之助
  源範頼         市村 家 橘
  仁田四郎        大谷 友右衛門
  鍛冶屋四郎兵衛実は三保谷四郎 市川 左團次
【感想】
  折角、芝雀の阿古屋なのに「壇浦兜軍記」じゃないから
  見せ場が少なかった。
  景清が最期に不死の関羽になる夢を見た…という話。
  新しい通し狂言のようだが、あまり面白くなかった。
  話が薄いというか、特には感動がないというか。
  最後に大きなエビが出てきてお供え餅の上に
  海老蔵丈が乗っかって見得を切るところは
  大いに笑えた。
  新年早々に成田屋のにらみが見られたから今年も元気に過ごせそう。

開く コメント(6)

2012年1月4日(水)

開く コメント(0)

全269ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事