暫(しばらく)

古典芸能と演劇鑑賞と食べ歩きの日記です(久しぶりに再開しました)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ロベルトの操縦

「ロベルトの操縦」ヨーロッパ企画

http://www.europe-kikaku.com/projects/e30/main.htm

【会場】本多劇場
【チケット】4,000円
【上演時間】1時間40分
【作・演出】上田誠
【出演】
 石田剛太 酒井善史
 角田貴志 諏訪雅
 土佐和成 中川晴樹
 永野宗典 西村直子
 本多力 山脇唯
 /山本真由美
 中山祐一朗(阿佐ヶ谷スパイダース)

イメージ 1

「ハードボイルド・エッグ(文庫)」荻原浩著(2002年)

内容(「BOOK」データベースより)
フィリップ・マーロウに憧れ、マーロウのようにいつも他人より損をする道を
選ぶことに決めた「私」と、ダイナマイト・ボディ(?)の秘書が巻き込まれた殺人事件。
タフさと優しさを秘めたハードボイルド小説の傑作。

2011年9月11日(日)国立劇場小劇場

国立劇場開場45周年記念「9月文楽公演」

<第二部>
  ひらかな盛衰記(ひらがなせいすいき)
  大津宿屋の段/笹引の段/松右衛門内より逆櫓の段

  紅葉狩(もみじがり)

【配役】
 http://www.ntj.jac.go.jp/assets/files/updata/2309haiyakuhyou.pdf

キネマの天地

イメージ 1

キネマの天地(こまつ座)

【会場】紀伊國屋サザンシアター
【チケット】7,350円
【上演時間】2時間30分(休憩15分含む)
【作】井上ひさし
【演出】栗山民也
【出演】
 麻実れい 三田和代 秋山菜津子 大和田美帆
 木場勝己 古河耕史 浅野和之

(こまつ座HPより)
  一九三五年、日本映画華やかなりし頃、築地東京劇場の裸舞台に、
 小倉虎吉郎監督に呼ばれて集められた銀幕のスター女優、
 立花かず子、徳川駒子、滝沢菊江、田中小春。
 自分こそが日本映画界を背負っていると確信する女優たちである。
 ただ顔を合わせると口から出るのは、お互いを牽制しあう皮肉たっぷりの言葉と自慢話。
 そして興味あるのは自分のアップの数と台詞の量。
 スター女優たちは監督の次回超特作『諏訪峠』の話と思っていたが、
 出演依頼されたのは去年好評を博した舞台『豚草物語』の再演話、
 しかもこの場で稽古まで始めようとする監督に、しぶしぶ稽古につきあう女優たちであったが、
 そこには小倉による思惑があった。
 実は一年前『豚草物語』の上演時、彼の妻であり出演女優であった松井チエ子が
 舞台上で頓死したのである。
 死後見つかった彼女の日記には「わたしはK.T.に殺される」と記されていた。
 殺人? 犯人はこの中にいる?
 うだつがあがらない万年下積役者を刑事に仕立て、
 松井チエ子殺人事件真犯人追及劇『豚草物語』の幕が開く。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事