全体表示

[ リスト ]

 粗食シリーズ2回目です。
 昨日「がんもどきは放置しろ。がん検診はするな」でうはうは状態の近藤誠医師のことを書いたら、今度は「がんは放置するな。がん検診で早期発見できれば9割治る」の中川恵一医師の本を見つけました。

イメージ 1
 『ガンで死ぬのはもったいない』(中川恵一 幻冬舎新書)
 もちろんBook-Offです。東日本大震災の放射能騒ぎのときは御用学者と叩かれまくってましたが、本業の放射線医師の方が今は儲かるのでサックリ鞍替えのようです。
 まあ、あとでゆっくり比較検討してみましょう。中川恵一医師の方はこれまでの医療体制と同じなので、そんなに面白い結果にはならない予感はしますけどね。
 
イメージ 2
 さて、前回は必要なデータや根拠が無くて、せっかく棡原の食について考えたのに
「『長寿の人は何を食べているか』は、全く意味のない質問」(『健康食のウソ』PHP新書p18)

 と自分で否定しちゃうし…なんなんだ、この人?! という「幕内秀夫管理栄養士」です。
 
 せっかくの名著『粗食のすすめ』(幕内秀夫 新潮文庫)、なのに地味です。

イメージ 3

 まさに儲けドキは「今でしょ!」
 
 まあ、この方も半年もすると「だれだっけ?」になります。その点では健康本など書いている方々と一緒。 

イメージ 4
「風土にあったFOODを食べる」(『粗食のすすめ』p19)

 こんどこそフツーの「伝統食」なんでしょうね。こめんどくさい陰陽バッチリの「身土不二」なんて念仏が出てこないことを願いますよ。
 「いま、子どもと若い女性の『食生活』が危ない」(p19)

 初出が平成7(1995)であるから、18年前である。当時どう「危な」かったのか、そして現在どうなっているかを見ていこう。
 
「最近の小学校では、椅子に座ったまま朝礼を行うところもあるという。理由は20分も30分も立たせておくと、なんと倒れる子どもが多くて危険だというのだ」(p19)
 
 そうですね、現在では倒れる子どもが多すぎて、最初からベッドに寝て朝礼をし……(_@;)☆\(-´メ) てるわけないですね。

 朝礼で倒れる子どもは40年前からいました。私も倒れたことあります。現在も倒れる子どもはいます。
 倒れる人数は……そんなに多いんですか?だったら床に座らせれば済む話じゃないんですかね。椅子に座ったまま朝礼を行うなんてホントにあるんですか? 

 毎回椅子を持って入退場するなんて面倒な…… それなら時間を短くすればいいんだし。朝礼に30分かける学校って、入退場合わせて50分前後になりますよ。長いですね。校長先生が20分くらい話すんでしょうか。嫌がられますよね。
 それに、教育委員会に時程を提出しなけりゃならないんですけど、チェック入らないんでしょうか。
 
「私が勤めていた学校の生徒同士のけんかで相手が血を流しているのに蹴り続けている生徒がいた。
 この生徒の家庭は両親が離婚し、母親が水商売をしているような家庭環境の子どもで、母親が夜の勤めに出るので、毎日ハンバーガーとコーラのような食生活をしていたらしい。この生徒を問題児にしてしまったのは、家庭環境と食生活の問題どちらが先なのかと疑問に思った」(p20)
 
 その通りです。両親が離婚して母親が水商売やってるなんてのは不良に決まってます。どうせ母親は夜も遅いんでしょうし、たばことかもバンバン吸ってるんでしょう。こんな家庭環境の生徒はすぐ救護施設に入れるべきです。


 そして、ハンバーガーは食品添加物まみれで肉には抗生物質や成長ホルモン剤が山ほど入っていて脳を狂わせます。そしてコーラは砂糖が大量に入っているので骨を溶かし、神経が不安定になります。

 そしてこれにポテトのLなんてつけたら恐ろしい、もはや食事とはいえない発ガン性物質まみれ、油と砂糖漬けになり、男子は無精子症、女子は不妊になります。
 これはすべてアメリカの陰謀であり、日本民族を滅亡させようとしているのです。
 
 ……すいません、最近、船瀬俊介陰謀ジャーナリストの影響を受けてしまい、ついホンネが出てしまいました。<(_ _)>
 
 なんてネ、でもこんなことを書くこと自体に幕内秀夫にはこういう意識があると思う。なんだか危なくなってきたなあ。家庭環境や食生活を類型化して性格形成に当てはめるのは人権的に問題があるよ。選民意識の発露じゃね?
 
イメージ 5
 でも若杉マクロビばあちゃんのほうがもっとすごいです。
「米を食べていた徳川家康は16人の子どもがいました。精子の数も35000匹はいたそうです」(『長生きしたけりゃ肉は食べるな』若杉友子 幻冬舎新書p156) 
 「35000匹」ですよ!実に細かく数えているものです。船瀬俊介氏のトンデモなど若杉ばあちゃんにくらべればまだまだですね。若杉ばあちゃん、恐るべし。ヾ(- -)
 
「肉類中心のおかずをたくさんとる現代の食生活より、米を中心にした従来の食生活の方が、日本人の体質にマッチするのではないか」(『粗食のすすめ』p20)
 
 ああ、やっぱりこうきましたか……
 別におかしくはないですよ。至極まっとうな意見だと思います。ですが、玄米じゃないだけまだましですけど、でも、なんで「米」になるんでしょうね?
 
 鹿児島県民ならイモでおはんど、なんて何言ってるか分かりませんが、香川県民なら「讃岐うどんが一番じゃ」っていいそう。前にも書きましたけど「米が取れない北海道の松前藩は肩身が狭かった」の裏返しですよね。

 第一、米はたかだか日本に入ってきて2000年くらいしか経っていないのに1万年続いたドングリ・魚貝食文化を無視するのはいかがなものかと。いずれにしてもまだ20ページしか読んでいないのに、すでに国粋主義的食生活ではま〜たマクロビオティックにたどり着きそうで恐い。
 
「ただ、日本の風土に合っているので『だから米中心の食生活が絶対だ』というのではない」(p22)
「『理想の食事』なんてない」(p23)
 
 な〜んだ、結局いままで書いてきたことはなんだったんでしょう。
 それなら、ハンバーガーにコーラだっていいんじゃないですか?!
 なんでもありなんですか、まったく。

 それじゃあまるで「代替医療なら気功でも免疫でもなんでもござれ」の帯津良一医師みたいなひとですね、って幕内秀夫管理栄養士は帯津三敬病院にお勤めって書いてありました。(P23) 失礼しました。お仲間だったんですね。

 気功でガンが治る、ってどうするのかと思ったら、体を動かして気の流れを良くする……それって「フツーの体操」やねん! カメハメ波とちゃうんかい!(__)☆\

 自己矛盾を繰り返す幕内管理栄養士の「粗食」の着地場所がまだまだ見えません。まだ続きます。
 
 
https://www.blogmura.com/ にほんブログ村へ
https://cycle.blogmura.com/roadbike/ ロードバイクランキングへ

閉じる コメント(1)

顔アイコン

nice

2013/5/18(土) 午後 2:30 [ bsx**o5b5z*0z*0 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事