ここから本文です

書庫全体表示

今日は、午前中に大井松田カートランドにて明日行われる自称C-CUP開幕戦に向けの練習でした。

こちらは、内容がどうのこうのというよりレースの結果がすべてなので特段レポートは無しです。

で、昼に10周レンタルで今噂のN35+MZ200のパッケージに乗っていきました。インプレッションは某どっとコムをご参照下さい。


タイムはそんなに恥ずかしくないという感じでしょうかね。ふふふ。。。

で、大井松田カートランドを後にして行ってきたのが・・・

イメージ 1
130R YOKOHAMA

イメージ 2
ここには本物のドライバーで現役SUPER GTドライバーもトレーニングにくる程のシミュレーターがあります。
このシミュレーターがどのくらいリアル度が高いかはググってみて下さい。とにかく、凄いの何のって!!!!!!!!!

イメージ 3
で、宝くじが当たったら本当にGT3OOクラスにてスポット参戦を狙っている、自称プロドライバーも挑戦です。

イメージ 4
あと、伝説のレンタルカーターことフミルトンと講師には現役SUPER GTドライバーの織戸学選手です!!

イメージ 5
今日、二人が挑戦したマシンはGT300のランボルギーニです。フミルトンは鈴鹿をヤマスは富士にて走りました。


自称プロドライバーがGT300クラスのマシンで走るとこんな感じです。

いやぁ〜とにかく何が凄いって横Gと縦Gがない事を除けば全部リアルと変わらないとの事。なので、ペダルの踏力やステアリングの重さやフィードバックは同じ。

何気に富士の1コーナーのブレーキングなんて100kg以上の踏力で踏んでるんです。底が抜ける程という表現が良く分かりました。

イメージ 6
織戸先生のベストは、1分35秒563
ヤマスのベストは、1分38秒458

これが、本物のプロと自称プロの差です。完敗です。

で、ちゃんとデータロガーで何が悪いのかアドバイスと答え合わせをして貰えます。

総括になりますが・・・

【ヤマスの良かったところ】

ブレーキがちゃんと踏めて且つ各コーナーのボトムスピードは織戸先生と同等

【ヤマスの悪かったところ】

ブレーキング時に無駄なステアリング操作とコーナーリング中の無駄なアクセルワーク・・・ちーん。
あとは、タイヤの縦方向が使い切れてない点を指摘されました。

なっ!!そういう事なんですよ。ヤマ足とヤマハンは速く走る上で全く駄目です!!

ロガーで証明されたので、「だって」「これが僕の美徳なんです」などの言い訳は一切しません。

ちなみに、フミルトンは鈴鹿で精力的に走っていましたが、かなり上手かったですね(詳細は本人ブログを参照下さいね)

結論としては、GT5にしてもFORZAにしても十分なトレーニングになるのと、今日行った130R YOKOHAMAのドライビングシミュレータも一つの有用な練習になることが分かりました。カートも4輪も操作は変わると思いますが、速く走らせる考え方は一緒だったことが分かったのと、このシミュレータが活用出来ることですね。

あと、GT500に乗ろうなんてとても思いません。多分、一瞬でCBして終わりですね。。。

以上です。

それでは、また。

この記事に

  • 顔アイコン

    凄いですよね!

    ハコなら横浜、フォーミュラなら赤坂、
    というウワサのようです、あくまでもウワサですけどね( ̄▽ ̄;) 削除

    [ う、 ]

    2013/3/2(土) 午後 11:25

    返信する
  • いつか赤坂の方にも行ってみたいと思います!!

    [ Moto Yamas ]

    2013/3/3(日) 午後 2:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事