全体表示

[ リスト ]

 上海事変で「肉弾三勇士」という国民的英雄が生まれた。自爆で進撃路を開いた美談、朝日と毎日は三勇士を称える歌を競作した。6月13日の朝日紙上で、藤森研・編集委員は、「肉弾三勇士は、新聞が断片情報から美談を仕立て上げ、戦争を煽った」と書いている。

 「第1報は、1932年2月24日の新聞に載った。朝日新聞上海特派員発だ。“自己の身体に点火した爆弾を結びつけ、身をもって深さ4メートルの鉄条網中に投じ、自己もろともこれを粉砕して勇壮なる爆死を遂げ、歩兵の突撃路を切り開いた3人の勇士がいる”。

 大阪朝日は27日、たたみかけるように“日本精神の極致”と題する社説を掲載、大和民族の特質をたたえ、“肉弾3勇士の壮烈なる行動も、実にこの神ながらの民族精神の発露だ”と書きたてた。

 頂点は、歌の競作だ。朝日は28日の紙面で“肉弾3勇士の歌”の懸賞募集を発表する。同じ日に毎日も、同様の懸賞募集を発表した。1等の賞金額500円まで、同額で張りあった。朝日は、12万余の応募から選んだ1等の歌詞作曲を、山田耕作氏に委嘱した。

 戦後・49年8月15日に発行された“真相 特集号”に、“新聞が捏造した爆弾3勇士”なる記事が載った。当時、上海特派員だったという匿名のY氏の談話が記事の中心だった。大筋は、次のような内容だった。

 32年2月22日夜、日本人クラブで食事をしていた東京朝日や東京日日(現毎日新聞)の上海特派員は、前線から帰った将校の口から、“今朝、3人の工兵が爆弾を抱いて鉄条網に飛び込み、突撃路を作った”という話を聞いた。

 興奮した特派員は、23日、現場に行かぬまま、とにかく第1報を東京本社へ送った。特ダネ競争の最中、爆弾の形も、突撃状況もわからないまま、“点火せる爆弾を身体に結びつけ”などど、壮烈な自爆物語を作り上げたのだ。

 現場の記者が大きなニュースに接する。事実確認が不十分なままに、第1報を書いたことは想像に難くない。それが予想以上の反響を呼んだため、もう後から“針小棒大”とは言い難いので、そのまま押し通したというところだろう。

 上海事変には、田中隆吉少佐らが仕掛けたという謀略説がある。新聞は本来、そうした謀略の真相を追及し、国民に知らせるべきだった。しかし実際は個人的、組織的な競争にとらわれ、美談作りに血道をあげた。こうした自己犠牲の美化が後の特攻の素地となった。」

 これを読んで、私は南京事件の百人切り報道を思い浮かべた。あれも新聞の過当競争が生んだ捏造記事だ。だが朝日も毎日も、中国が取り上げた問題には、自らの罪を告白しない。その遺族が今もその汚名に泣いているとき、新聞はその責任を進んで取るべきである。

この記事に

閉じる コメント(17)

おはようございます! 昔も今も、朝日新聞の「捏造体質」にはうんざりしています。これらの問題をうやむやにしない為にも、私達ももっと声を上げなければいけませんね。傑作ポチです!!

2007/6/14(木) 午前 10:06 すみやん 返信する

顔アイコン

戦前は戦意を発揚して売り上げを伸ばす、戦後はどうしてねつ造が絶えないんでしょうか。

2007/6/14(木) 午前 11:37 [ 太郎ともも ] 返信する

顔アイコン

報道の姿勢は戦時中は戦意高揚お国のために、戦後はケロリと忘れて体制批判これが本質です。別に朝日だけに限らず報道全般に言えることです、報道のもうひとつの特徴はマッチポンプで放火犯が家事の現場で大騒ぎする心理状態です。火のない所に煙をたて読者の様子を見ます、乗ってこなければ別のネタを探すだけです。報道とはあくまでも商売ですからそれを非難するのは筋違いだと彼らは思っています。

2007/6/14(木) 午後 0:52 lamerfontene 返信する

顔アイコン

「戦争の反省」が一番足らない組織。それは報道機関だということですね。

未だに捏造が多いですから・・・

2007/6/14(木) 午後 1:46 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

一体全体朝日は急にどうしたんですかね?部数が減ってあせっているということがあるんでしょうか?どうせなら徹底的に捏造体質で行くのが日本人らしい死に方でもあるのでしょうけど。そうすれば朝日が消えてすっきりします。

2007/6/14(木) 午後 5:45 [ amanuma5932 ] 返信する

顔アイコン

上海事件に関心を持つものです 日本軍の しかも陸軍の謀略とはとても思えないのですが 海軍の陸戦隊が一方的に攻撃された事件ですから 日本は海軍も陸軍もなんの準備もしておらず 陸軍師団が派遣され上陸に成功したのは何十日もたってのことです

2007/6/14(木) 午後 7:05 ure*ruh**oshi 返信する

顔アイコン

新聞を眺めていると判る事がありますが、朝日にしては「良識的」な記事で読む方が戸惑ったり、産経がとんでも記事を書いたりします。新聞社内でも個人的には色々な意見があり烏合の衆なのでしょう。しかし、これはジャーナリストとしてはむしろ歓迎する事でしょう。
ただ、朝日の基本姿勢はは李登輝氏についての誤謬と偏見に満ちた記事をつい最近出している通りです。油断は出来ません。
むしろ節操が無いです。今の日本の混乱の要因の幾許かはマスコミにあるといっても過言ではないでしょう。

2007/6/14(木) 午後 8:28 千葉日台 返信する

顔アイコン

すみやんさん、コメントありがとう。朝日の捏造体質に、もっと声を。あげていくべきだとの、ご意見に同感です。戦前は軍国主義を、戦後はマルクス主義を賛美し、ともに誤っても何ら反省をしないのは、怪しからん話です。ブログなどを活用し、どんどん声を上げていきましょう

2007/6/14(木) 午後 9:14 [ kim**3hiro ] 返信する

顔アイコン

太郎とももさん、コメントありがとう。戦後の誤りも、早く認めた方がいいですね。そうしないと、ますます恥の上塗りになります。日教組と同様、団塊世代の退社を機に、変るのではないかと期待するのですが、甘いですか。

2007/6/14(木) 午後 9:19 [ kim**3hiro ] 返信する

顔アイコン

、それをLamerfontさん、コメントありがとう。報道は商売だからそれを非難するのは筋違いという、あなたの論理は納得できません。それでは、民衆はマスコミ批判をすべきではないと、いうことになりませんか。どんな捏造記事も、ただニヤニヤ見過ごすのですか。慰安婦問題も、国際問題化しましたが、これも朝日新聞の捏造記事が大いに
禍となっています。貴方の理屈だと、これも無批判に許容することになります。

2007/6/14(木) 午後 9:26 [ kim**3hiro ] 返信する

顔アイコン

nukunukupowerさん、コメントありがとう。戦争に対して、一番反省が足らない組織とは、核心を言い得ています。いつも一段高いところから、指導者然と見ている。それでいて、見通しを間違えても、決して責任は取らないのです。

2007/6/14(木) 午後 9:30 [ kim**3hiro ] 返信する

顔アイコン

natさん、コメントありがとう。私は朝日にも、当然、一流紙と言われるに相応しい良識ある人たちがいると考えています。しかしその反面、どうしょうもないサヨク体質もあると、考えています。二面性があるのです。それを淘汰できるかどうかが、朝日の将来を決めるのでしょう。

2007/6/14(木) 午後 9:38 [ kim**3hiro ] 返信する

顔アイコン

ureeruhiroshiさん、コメントありがとう。詳細な歴史になると、私は論ずる資格がありません。ただ、歯止めが効かず、どんどん拡大していまったところに、日本の不幸がありましたね。

2007/6/14(木) 午後 9:45 [ kim**3hiro ] 返信する

顔アイコン

chibanittaiさん、コメントとトラックバックありがとう。確かに昨日の朝日の李登輝さんの記事、滑稽でしたね。太郎とももさんが、朝日は李登輝さんが帰国されてから、貶める記事を書くのではないか、とこのブログで予測していましたが、全くその通りとなりました。日本で大歓迎され、台湾でも各紙が好意的に扱っているのに、大見出しで李登輝の指導力が低下、など書くのは、中国向けとしか考えれません。

2007/6/14(木) 午後 9:52 [ kim**3hiro ] 返信する

顔アイコン

肉弾三勇士士の件は、国会図書館に証言が残っている。
それによれば3人を指揮していた内田伍長が導火線を「……30センチバカリ短く切った……ところが3人が出かけて15米も行ったらつまずいたか弾丸にあたったかして1人が倒れたので3人皆倒れたようです……3人のものはそのまま逃げて帰りかけたら内田伍長は「なんだ!天皇のためだ国のためだ行け!」と大声でどなりつけたので3人は又引きかえして爆破筒をかかえて進んで鉄条網へ着いたか着かぬうちに爆破した……」だそうです。
これらを作話した朝日新聞も、内田伍長も気が狂っているとしか言いようがない。 削除

2010/1/17(日) 午後 2:42 [ ダンゴ ] 返信する

顔アイコン

大阪朝日新聞 (昭和7年6月12日)の記事によれば、そのうち朝日に6000円も寄付させられている。
結局は寄付などの名目で全額巻き上げられたようだ。
「……肉弾勇士作江、江下、北川三伍長に対して全国から寄せられた弔慰金は今日までに一家平均四万円宛に達したが、これが処分および管理方法については各遺族およびその近親者、長崎、佐賀両県社会課長、藤崎工兵第十八大隊副官その他関係町村長らが佐世保に会合協議の結果、三家より各一万円宛を社会奉仕的事業その他に割いて支出し、残り三万余円については二万円は信託預金とし、その具体的方法については町村長と遺族との間に協議決定し、一万円は負債の整理、住家の修理その他に充当するが、その支出に当っては町村長と協議して行うことに決定し、各遺族とも今後家門の名誉を汚さざるよう常に身を慎み、反省注意を怠らぬことを申合せた、なお社会奉仕的事業に支出する一万円宛計三万円の支出は五千百円を廟行鎮において戦死せる五勇士の遺族慰問に当て、四千五百円は工兵隊に建設の三勇士記念碑建立費へ、一万四千四百円は地方の記念事業費に当て残り六千円は大阪朝日新聞社に委託し……」 削除

2010/1/17(日) 午後 3:07 [ ダンゴ ] 返信する

顔アイコン

ダンゴさん、熱心なコメントありがとう。たいへん勉強になりました。私なりに調べてみたいと思います。

2010/1/17(日) 午後 11:35 [ kim**3hiro ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事