無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全753ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 1016日の韓国・中央日報は社説で、トランプ大統領の韓国訪問日数を日本との比較の上で深刻に問題視している。紹介しコメントする。
   
【來月、初めてのアジア歴訪を行うドナルド・トランプ米国大統領が、韓国ではたった1泊2日しか滞在しないかもしれない。これに比べ、日本は3泊4日の可能性が高い。
 

オバマ、ブッシュ、クリントンら元米大統領のアジア歴訪の際は、日韓での訪問日数が全く同じかほぼ同じだった点と比べると、ただ事でない。

  
今回の歴訪は北東アジア諸国との関係強化が目的だが、さらに重要なことは北核問題の解決に向けて関連国と意見を交わすことだ。

 

北核脅威が最も深刻な紛争当事国である韓国を足早に通り過ぎる日程は、どう見ても腑に落ちない。ひょっとしたら「止むを得ず立ち寄る」という印象まで与えかねないものだ。

  
外交当局は、日本滞在期間中の2日間は休日である上、量より質が重要だと言い繕うかもしれない。だが、滞在期間の長さも絶対に無視することはできない。

 
ぎこちない関係は、長く一緒に過ごすことで仲良くなるものだ。その上、日本政府は、休日を利用してトランプと安倍晋三首相のゴルフスケジュールを入れる予定だという。
 

2人は2月に安倍が訪米した時も、トランプのフロリダ州別荘で一緒にゴルフをした。トランプはゴルフ狂として有名だ。このようなトランプにとって、「ゴルフ会合」はどうしても格別な意味を持つミーティングになる。

  
そうでなくても、安倍に比べて文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプの関係がぎくしゃくしている。訪韓日程が1泊2日に決まってしまうことは困惑この上ない。

 
韓国への米国の配慮と関心が、それほどないという印象を北朝鮮と国際社会に与えかねない。外交当局は今回の歴訪時にトランプが少なくとも日本と同様に韓国に留まるように米政府を説得しなければならない。
 

トランプ大統領の短い訪問が、同盟国の米国からも冷遇されている国というマイナスの印象を残すことになったら、北朝鮮の誤った判断をまねくかもしれないのだ。】

 
トランプ大統領が北朝鮮への制裁を最大限に強めようと試みているとき、それに反して北朝鮮へ「人道支援」をすると言明したり、トランプをして韓国は米国の軍事的支援をあまり喜んでいないようだと感じさせたりしておいて、訪問日数だけ形式的にバランスを取っても大した意味はない。トランプは必ず言うはずだ。形の上だけでなく、実質的な答えを出せと。
 

この記事に

開く コメント(4)

1015日の産経、「持ち上げてから化けの皮を剥ぐ文春」と、花田(月刊HANADA)編集長の週刊誌票が辛辣である。紹介しコメントする。 

【先週ご本人のインタビューを「小池百合子激白『安倍の延命は許さない』」とやったと思ったら、今週(10月19日号)は「小池、緑のたぬきの化けの皮を剥ぐ!」。
 
 これが、『週刊文春』、新谷学編集長の真骨頂だ。さすがの小池百合子都知事も仰天しているのではなかろうか。内容は希望の党結党のいきさつが中心でどこかで聞いた話ばかり。
 
 〈「小池氏が大きな決断をする時は必ず『女の直感』」(小池氏側近)〉

 〈「小池氏はこれまで細川護煕氏や小沢一郎氏、小泉純一郎氏と、時の権力者にすり寄るばかりで、自らがリーダーになる経験に乏しかった。

政党など大きな組織を統率するには、ある程度側近に調整や根回しをまかせるしかない。しかし、小池氏にはそれができない。

連合の神津氏も『若狭や細野とかの側近が駄目だ』と嘆いていましたが、小池独裁のため、彼らには権限がなく、持ち帰るしかないのです」(政治部デスク)〉

そういえば民進党との合流も若狭氏、細野氏は蚊帳の外で、あげく“リセット”された。
 
 離党を表明した音喜多駿都議。〈「小池さんには思想がない。自分のことが好きな人、自分ファースト。(都民ファは)緑の宗教だよ。このまま残っても、小池さんの召し使いになるだけだ」〉
 
 『週刊新潮』(10月19日号)、今週もワイド型式で「傾国の『小池百合子』」。「『ユリノミクス』は『ユリコのミス』」など9本。「ユリノミクス」は〈小学生の作文〉と手厳しい。
 
 両誌、「希望の党」の候補については「希望の党『絶望の候補』リスト」(『文春』)、「女城主『希望の党』のポンコツリスト」(『新潮』)。
 
 今週の週刊誌で表紙がいちばん目立ったのは、笑顔の小池百合子都知事が両手を挙げた『ニューズウィーク日本版』。特集「知られざる小池百合子」は、同誌にしては斬り口に新味ナシ。】
 
 ここまでめちゃくちゃに言われれば、改めてコメントする必要もない。良識ある日本国民を化かそうとした「ミドリのタヌキ」が、逆に化けの皮が剥がれてしまった悲喜劇だったのではないか。タヌキが、徹底的な「情報公開」とは、聞いてあきれる。

この記事に

開く コメント(3)

 産経デジタルによると、911日、韓国系中国人として生まれ、日本に帰化した金文学氏が、広島正論の会で、「自国に誇りを持てる歴史を教えるべき」と訴えた。要約して紹介しコメントする。

【中国共産党高官の腐敗が問題とされているが、腐敗は党だけでない。昨年9月から中国・上海の大学に勤めたが、論文などの身代わり執筆を同僚から頼まれた。これが中国の現実だ。

 それに比べ、日本の民度は世界でも非常に高い。中国は150番目くらい。韓国はそれより高いが、東アジアでは台湾の民度の方が高い。韓国は日本をライバル視するが、国力が違い過ぎる。

 日中韓を「同じ漢字文化圏」とするとらえ方があるが、それぞれ漢字の使い方が異なる。儒教も共通点とはいえない。儒教が中韓では体質化しているが、日本はあくまで知識、教養である。

過去や前例にこだわるのが儒教の本質。「儒教との距離」が近代化に日本が対応できた理由の一つであり、中韓が近代化に失敗したのも同じ理由だ。

 儒教が中国で生まれたのは、高尚な考えを持つ人が多いからでなく、本当は逆。高尚な行いがまったくできていない社会だから、目指すべき姿を示さなければならなかった。

 日本人は農耕民族、中韓は牧畜民族だった。家畜を処分し、皮をはいで利用する。「抗日映画」には人を殺して皮をはぐ日本兵が登場するが、それは中国人の風習で日本人には発想すらできない。

中国人の行動原理は「利」だが、日本人は「美」を大切にする。日本人は、考え方や行動にも美しさを求める。そうやって育まれた日本人の美的センスは世界一ではないか。

 敵であっても「死んだら仏様」と丁寧に弔う。自らの過ちはすぐに謝罪し、強欲な要求をしないのは「日本の美」だが、外交の世界ではむしろ欠点だ。主張すべきは主張しなければいけない。

 中韓との付き合い方は「つかず離れず」が正解。間に海があるのは幸いで、韓国はもちろん、中国にものを売らなくても日本経済は崩壊しない。べたつかない日本流の付き合い方をすればいい。

日清戦争と日露戦争に勝てたのは、明治維新後の日本がすでに国民国家として成立していたから。当時の中韓には、いち早く近代化を成し遂げた日本を尊敬する人たちが多かった。

学校で近現代史をきちんと教えないため、中韓が都合良く解釈した歴史を押しつけられている。子孫のためにも、自国に誇りを持てる歴史を教えるべきだ。

 明治の政治家は、独立自尊の意識を持っていた。他国が作った憲法を、そのまま使っているような国は日本以外どこにもない。自信に満ちた国になるためには、まず国民意識の改革が必要だ。

 「他国が作った憲法を、そのまま使っているような国は、日本以外どこにもない」。民度が世界でいちばん高いと言われる日本人が、そんなこと言われていいわけないね。そろそろ何とかすべきだ。この選挙を絶好の機会にしたいもの。

この記事に

開く コメント(6)

108日の夕刊フジに、ケントギルバートが「有言不実行を評価する日本人の気持ちが分からない」と言う。紹介しコメントする。 

【昭和を振り返ると、日本で一番評価されるタイプの人物は「不言実行」だった。「男は黙って、サッポロビール」というCMもはやった。

 米国では勤務先で評価されたければ、自己PRしたうえで結果を出す「有言実行」が普通。謙遜が美徳で、自己PRを行う人物を「はしたない」と考える日本人の心情が、理解できなかった。

 近年は日本でも、米国と同じ「有言実行」が評価されている。安倍晋三首相は間違いなく「有言実行」のタイプである。

 2012年12月の政権奪還以降、アベノミクスを通じた景気回復、失業率改善、特定秘密保護法や平和安全法制など重要法案の可決、組織犯罪処罰法改正など、数々の「有言実行」があった。

 憲法第9条を改正して、自衛隊を憲法に明記するという「有言」は、まだ「実行」されていないが、個人的には時間の問題だと楽観視している。過去の実績を見れば安倍首相は必ずやり遂げるだろう。

 政治家とは本来、安倍首相のように、自分が実現したい政策を掲げて、強い意欲を持って選挙に立候補し、当選後は政策実現に向けて黙々と努力すべき職業である。
 
 ところが、日本では意欲や政策などない人物が、「風」と呼ばれるブームに乗って政治家になる。有権者の多くが政党名で投票するからだ。

結果、要職に就くべきではない人物が当選し、不祥事が相次ぐ。政党の調査が甘いのも問題だが、最終的には過去の失敗に学ばない有権者の責任といえる。
 
 小池百合子都知事が自ら代表として立ち上げた国政政党「希望の党」が話題なのは、その「風」を巻き起こす可能性が高いからだ。民進党は野党第1党のプライドがない。

「解党」して小池新党に合流する。「風」に賭けたのだ。前原代表は「どんな手段を使ってでも安倍政権を終わらせる」と発言した。まずは安倍政権の問題点を具体的に指摘してほしい。
 
 産経で小池氏の会見文字起こしを読んだが、「しがらみのない政治」「大胆な改革」「日本をリセットする」「寛容な改革保守政党」といった言葉が見事に並んでいた。「言語明瞭、意味不明瞭」だ。
 
 小池氏が都知事になって1年余りが経過したが、都政は混乱しただけだ。「不言実行」を好む日本人の国民性は理解できるが、「有言不実行」の人物を評価する心情は今も理解できない。
 
  有言不実行の党が風に乗って勢力を拡大するとき、風を起こすのは常にテレビであり新聞である。まともな政策がなくても、それが分かっていても、風を起こそうとする。一部のマスコミに体制変革を求める欲求があるからかもしれない。見果てぬ夢というやつか。しかし、その夢もそろそろ終焉を迎えるのではないのかと、私は思う。

この記事に

開く コメント(2)

台湾少年工顕彰碑の話

台湾少年工顕彰碑の話
 
 来年は8400名の台湾少年工の第一陣が日本本土の地を踏んでから75年になります。80周年との話もあったのですが、現在ですら85歳の人が最年少という状態であり、先方の李雪峰会長とも相談して、台湾高座会留日75周年歓迎大会を、来年1020日に大和市の新装なった市民ホール「シリウス」で開催することになりました。
 
 折も折、日本李登輝友の会の柚原正敬事務局長から、「石川さん、最近史実に程遠い慰安婦像や徴用工像の建設の話ばかり聞くが、台湾少年工の顕彰碑こそ真実の歴史として建設すべきではないのか」との提案を受けました。意表を突かれて、一瞬びっくりしましたが考えてみると、台湾少年工だった方々も、急速に減少しています。彼らの史実を永遠に残すには、顕彰碑の建立こそ必要だと考えるに至りました。
 
 提案された場が台湾歌壇の代表・蔡焜燦先生の追悼の世話人会だったこともあり、帰りの電車の中で「八千の台湾少年雷電を造りし歴史永遠に留めん」という事実だけを三十一文字に並べた短歌が浮かんできました。台湾を訪問する機会があったので、その道の大家で台湾歌壇の事務局長を務められている北島先生に添削をお願いしましたが、「これで十分」とのご評価をいただきました。
 
 これを畳一畳くらいの石に刻み、来年の大会開催日1020日の午前中に披露したいと考えています。場所は彼らが勤務していた高座海軍工廠の本部跡で、現在は座間市の公園になっているところです。遠藤三紀夫・座間市長に場の提供をお願いしましたところ、快く引き受けていただいました。いま大和市下鶴間の天野石材店の社長に見積もりをお願いしています。
 
 台湾少年工の皆さんは、それに値する業績をのこしました。戦時中の艱難辛苦に耐えながらの航空機生産、戦後の台湾での経済成長への貢献、李登輝民主革命での尖兵としての働き、戒厳令解除後の25年にわたる日台友好の活動などです。
 
台湾少年工も立派にその役割を果たしたが、それを支えた工廠や寄宿舎周辺の農家のお母さんたちの果たした役割も大きかった。当時、近隣の農家にはどの家も10人ぐらいの台湾少年工が出入りをし、優しくしてもらいました。その意味で、台湾少年工顕彰碑は、当時の近隣の農家のお母さんたちへの感謝の碑でもあるのです。
 
 いま、韓国や中国を中心に慰安婦や徴用工の歴史の事実とは異なる話が世界に拡散されていますが、台湾少年工の顕彰碑建立はこうした誤った流れにくさびを打ち、私たちの父祖の時代を正当に評価する一つの要因になると、私は考えています。

この記事に

開く コメント(4)

全753ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事