オバハンからの気まぐれブログ

パキスタン在住30数年のオバハンが、気まぐれにお届けいたします!

オバハン便り

すべて表示

トランプと正恩、どっちが上?

2018年も早や4日目、当地には西暦での新年を祝う習慣はなく、年末年始も日々、平日。
パキスタンでは1月1日からガソリンや軽油などの燃料が5%も値上がり、また、1日のトランプ発言に対してパ政府が駐パ米大使を呼び出して不快感を告げる等、異例の反応を示している。
さらには、パ政府と高官を潤すだけのCPEC(一帯一路)プロジェクトに対しても、ようやく厳しい目が注がれ、中国人を標的にするテロ脅威が高まっている。
相変わらず年明けから気合の入ること甚だしいが、この混沌としたパキスタンに限りない愛着を感じるオバハンだ。

アメリカではトランプが「自分は正恩よりデカイ、核のボタンを持っている」と競い合って威張っているが、正恩サマもトランプ様も、素晴らしく同列だ。どちら様の精神状態も懸念すべき状態にあり、世界の悲劇に直結しているところが怖い。

トランプ様のことは良く知らない。だが、この大統領サマはやはり相当にオカシイ。トランプ大統領の就任から1年、いったい何人の補佐官や、側近と呼ばれる人々が離れて行ったか。離れて行ったのか、クビにしたのかは定かではないが、そうした人々をくそみそに言うトランプの品性は??
まったく、とんでもない人間をアメリカは大統領に選んだものだ。北朝鮮の「選べない」不幸と、アメリカの「選んでしまった」不幸……どっちもどっちで2018年も明るくはない。
日本もトランプ様のご親友であらせられる(と、安倍だけが思っているのかもしれないが)安倍を頭に頂く日本も相当、歪んでいる気がしてならない。

その他の最新記事

すべて表示

ギルギットの母子保健センター

2016/7/5(火) 午後 9:55

考えてみたら、NWA(日パ・ウエルフェアー・アソシエーション)の年次報告などは、このページに書き込めば良いのだと気が付いた。で、昨秋からの分を掲載することにした。 GB州バシャ・ダム(インダス河を堰き止める大きなダム)建設に伴う移 ...すべて表示すべて表示

パキスタンは元宗主国イギリスの学制を布いていますから、毎年進級試験があります。進級試験で落ちこぼれるのは小学校3、4年生の算数で躓くから…と思い込み、この数年は村々での算数教室に力を入れて来ました。 しかし2014年の調査では、初等教育 ...すべて表示すべて表示

ふと、NWA(日パ・ウエルフェアー・アソシエーション)の活動報告14年度分を載せてみようと思い立って…… 先般の報告会でも配布した「ニュース・レター」を引っ張り出してみた。 な、なんと……5年以上もギルギットのニュースを載せていない。我 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事