しろねこ日記

GWまでお休みいたします(≡^∇^≡)

全体表示

[ リスト ]

銀座8丁目の寿司屋

先週の月曜日は朝からお寿司モード!!
どうしても食べたくなって、夜彼女と銀座へ・・・
昼過ぎに予約しておいた8丁目のお店にお邪魔した。

このお店はすきやばし次郎のから暖簾分けされて横浜でやっていたご主人が、
確か去年あたりに銀座に戻ってきたお店・・・
横浜のときに2回だけお邪魔していました。
だから今回3年ぶりくらいかな〜〜

全体的な感想は『あれっ??こんな感じだったかな???』

お任せと生ビールでスタートした。。最初に肴・・ほしがれいの縁側と身のお造り。。
続いて蒸あわび。。
あわびはとってもとっても秀逸だった。
素材のよさを邪魔しない、控えめのとも思える味付けと限りなく柔らかな煮具合・・・
たぶん歯のない婆さんでも食べれるだろう(笑)
貝類の嫌いな彼女も残さず、 パク パク 。。

その後鰹のたたき。。ここらあたりからちょっとずつ??

すごく新鮮な良い生姜をおろして薬味として出してくれているのだけど、
生姜自体に風味がありすぎて・・・
薬味がいらないほど良い鰹だし、つけても山葵のほうが小生としてはいいと思う。。
(実際に醤油のみのほうが旨かった。)

そこから握ってもらった。。
最初はサヨリにおぼろを乗せたものから・・・
絶品と呼べるほど旨い寿司なのは横浜のころと変わらず・・・お酒は加茂鶴・・・

ただ、たまたまその日の仕入れの関係なのか、白身が一品も出ず、まぐろやトロや
ウニなどの濃厚系が続いた。。
まあもともとこってりなのが大好きなのでいいのだけれど、年寄り客が多い銀座の
寿司屋らしくないな〜
鮪もしつこくなく絶品なので、赤身、中トロ、大トロと攻められてもくどくは無いし・・・

お任せの一通りが終わった後の追加で『づけは無いのですか?』と伺ったら、
『今日の鮪にはもったいないので・・』とのお返事。。
白身も肴で出されたほしがれいのみとのこと。。

大分前なので忘れたけれど、以前は白身や仕事をしたものがもうちょっと多かった気がする。

シャリは以前と変わらず水分の大目のねっとりとした感じ・・・
小生は米粒が立つようなしっかりとしたシャリがすきなのだけど、ここのだけはOK。。
彼女はもともと白飯も柔らか目の方が好きなので、すごく気に入ったようだ。。

後、気になったのは、ご主人のおしゃべりがちょっと多すぎるな〜ということかな。。
常連さん(だと思われる方)とずっとしゃべり通し・・・
必要に応じて他の客とも会話していたので、バランスはさほど悪くはないけど・・・
最後はおしゃべりに夢中で、しろねこが頼んだ追加のオーダーを隣の女性の一人客に
間違えて出しちゃってた。
お客が3組(5人)しかいないカウンターの店で、それをやっちゃかっこ悪いよな。。
こっちの勘定についていたのでちゃんと引いてもらったけど・・・・

久兵衛やすきやばし次郎に行くならこっちかな。。
お酒はビール、日本酒(加茂鶴の冷やと燗)焼酎は不明、ワインはなし。。

本日のお勘定は生ビール2杯とお酒5合、追加の寿司をちょこちょこで5万5千円・・
横浜のころと比べると一人1万円近く上がった気がします。。
まあ銀座価格というやつでしょうか。。

今日のお店:水谷/銀座8丁目
    ☆:3

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事