☆つれづれブログ☆

アメリカ旅行2015【242】日本に到〜着〜♪ UPしました♪ 7/20

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



 2009.5.24(日)

 今日は前に映画館で予告編を見ただけで泣けて、
 どうしても見たいと思った映画『余命1ヶ月の花嫁』を見て来ました♪

 もう半分以上泣きまくり・・・(T^T)

 人を愛し、人に愛されるという事は、なんて素晴らしいのか・・・

 私たちが当たり前だと思ってる毎日起こるすべての事、今日という日があるという事は、
 「奇跡」なんだと気付かされました。

 当たり前でない人がいると言う事も・・・。

イメージ 2


 この映画のお話は、太郎さん&千恵さんの実話です。

 太郎さんを演じる瑛太の演技は素晴らしかった!!ホントに。

 是非是非!観て頂きたいです。

 「太郎さんが本の収入や映画の収入でもうける為にやっている」と言っている心無い人がいると聞きました。

 でも、全ての収益は千恵さんを亡くした病気「乳がん撲滅」の為に使っているそうです。

 それが千恵さんの願いだったから。

 若い人でも乳がんにかかるのです。それを知ってもらう為に。

 私も2年に1度、乳がん検査マンモグラフィー検査を受診しています。

 千恵さんの死を無駄にしない為に頑張り続ける太郎さんを応援できれば、と思います。

イメージ 3





     


イメージ 4





 

 

閉じる コメント(2)

色々、添付されていますが、2つ目の写真が僕は素晴らしいと思います。一番、綺麗ですね。僕は、どちらかと言うと、終盤に泣けました。1回目の時は、鹿児島の海辺で太郎が千恵に告白したシーンに、少し涙が浮かんできたけど、結局、泣けない1回目だった。2回目は、結婚式のシーンに泣けましたね。特に、千恵が亡くなるシーンは一番つらかったです。ただし、幸せになる場面を見られたのは最高だった。千恵さんが亡くなったのは残念な気はするが、最後は華やかに死んで逝ったと言うのは、本当に幸せな事だったと思います。遺影がウェディングドレス姿と言うのは、気の毒だった。ポイントをあげればきりがないストーリーでした。最後に、命の尊さ、大切さ、今日を生きる事への奇跡を感じました。

2009/7/20(月) 午後 8:40 kusyami_roba 返信する

初めまして(^^)/ コメ&訪問ありがとうございます。
詳しい映画の内容はちょっともう忘れ気味なんですが(;^^A)、
改めて今このときがあるというのはホントに奇跡なんだという事を再度思い出しました。
ありがとうございます!

2009/7/21(火) 午後 5:53 kim*_co** 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事